略語あれやこれや

以下は会社の部下A君との2年ほど前の会話です。

私:「こないだたまたま若い女性と会話する機会があったんだけど、自分が何年(なにどし)生まれか知らんと言うので驚いたよ」
A:「そんなぁ、安物の店に行くからですよ」
私:「何も言ってないのに勝手にどこかの『店の子』と決めつけるのは発想の貧困と違うか?」
A:「え? じゃあ、まさかエンコーですか?」

このエンコーが判らなかったのです。もちろん援助交際/援交という言葉は知ってましたが、漢字が思い浮かばなかったのです。あまりに自分と縁がない言葉だからですかね?

そういうことって昔もあったよなあ、という気がして記憶を辿っていたのですが、思い出しました。

あれは大学時代、運転免許取得中の頃。路上講習の最中に急に教官が「あのチューキンのところに停めろ」と言ったのです。今となってはもう随分昔ですが、私はその時初めて駐禁という略語を耳にしたのでした。駐車禁止の標識の前に停めろと命ずる教官も教官です(大体ロクでもない奴らでしたが)。

これも私は漢字が浮びませんでした。チューキンと言われて「中近?中近東?」などと考えているうちに駐禁の標識を通り過ぎてしまい、どやしつけられた記憶があります。

割合最近ではシューカツが解りませんでした。シュークリームとカツ?みたいな感じで、やっぱり漢字が出てきませんでした。私たちの頃は決して就職活動を就活と略したりしませんでした。つい先日同じように驚いたのがパンキョー。私たちの頃は決して一般教養を般教と略したりしませんでした。

以前「もう、関西人は何でもかんでも略すんだから」と言われたことがあります。あるいは「TVの業界は何でもかんでも略語にするよね」と言われたこともあります。

確かに私の「やまえー」も同じ構造の省略語です。でも、これは私だけでも関西人だけでも業界人だけでもなく、昔から榎本健一はエノケンだし、橋本龍太郎はハシリューだし、経国済民を略して経済と言う単語が作られたのであるし、東京急行は東急と名乗り、「泥棒を捕えて縄を綯う」は「ドロナワ」と略されてきました。

それを考えると多分「日本人は何でもかんでも略すんだから」と言えるのではないかな(そして、さすがに調査不足で断定できませんが、恐らく「人間は何でもかんでも略すんだから」とも言えるのではないでしょうか?)。

そして、あまりにも次から次へと略語を作り出すので時々聞いてるほうが追いつけない、というのが現状なのではないでしょうか。

昔は頭の2文字(または2音)ずつを取って繋げて4文字(または4音)の略語を作るというのが定番でしたが、最近の略語は合計3文字(または3音)で収まることが多いようです。その辺りの構造変化も我々を戸惑わせます。

例えば読者モデルはドクモになりました。ドクモデではないのです。
初めてメアドと言われた日にゃあ、何でメーアドじゃないんだ?と首をひねったものです。
(パーティ券はパー券、天然パーマは天パーだったのになあ…)
同じく直メールは直メーではなく直メです。ホームページはホーペーではなくホムペです。

ところで携帯電話はどうして携電やケーデにならずにケータイになったのでしょう。携帯するものは他にもたくさんあると言うのに…。

瞬時にして理解できない略語が日に日に増えて行きます。理解できない頭が悪いのか、無造作に略される単語が悪いのか…。

しかし、これも先ほども書いた通り、短縮するのは多分人間の本性なのです。
冗漫な表現は嫌われます。だから、この文章もこれで終わっておきましょう。

Copyright©yama-a Sep.2006mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ