松本道弘式発音記号の喜び

今、松本道弘氏の「一息英語 2秒編」(たちばな出版)を読んでいます。

私はこの人の本を読むのは多分16冊目か17冊目で、まさに私の英語の師匠と言って良い著者です。GIVE と GET で英語を解き明かした一連の著書を始めとして、本当に生きた英語を学ばせてくれる教材を多く提供してくれています。最近はネイティヴが吹き込んだCDが付録になっていたりして非常に重宝します。

それから、これもここ何年かの彼の著書の特徴なのですが、英語の発音をなんとかカナ書きで表そうとして、松本道弘氏なりのルールで表現してあります。

例えば、語末の、母音を伴わない子音は日本語では書きようがありません。meat はミートとしか書けないのですが、[t]は[to]ではありません。そういう場合、松本方式では丸囲みのトになります。多分「発音するつもりで発音し切らない」みたいなニュアンスだと思います。インターネット上で丸囲み文字は書けないので、ここでは(ト)と書くことにします。

それから、日本語にない[th]の音は仕方なく(カタカナではなく)ひらがなで書くことになっているようです。
そして、[r]はひらがな、[l]はカタカナで書き分けています。

強く発音する部分については太字になっています。

英語をカナで書き表そうったって土台無理な話で、もちろん松本氏もそのことはよく解っていながら無理やり書いておられるのですが、それでも感じは非常に良くつかめます。特に母音の掴み方が絶妙です。むしろ、これを読んで違和感を覚える人はアメリカ英語の発音にあまり慣れ親しんでいない人ではないかと思うほどです。

以下にいくつか特徴的な例を拾って表にしてみました。

英語表現意味松本道弘方式の表記
All that jazz.その他なんでもありール ー(ド) ャーズ
What's in it for me?私にどんなメリットがあるの?ワッエネッ フォミー
It was a mistake.うかつだったット ウアザ メスイ(カ)
Truth hurts, doesn't it ?本当のことを知るって、つらいことですねチューす ーツ ゼネ
One at a time.いっぺんに言わないでン(ヌ) エラ イ(マ)

解ります、この感じ? なんか読んでると自然と笑みがこぼれてくるでしょ?

これ、ジョン万次郎の「掘った芋いじるな」方式なんですよね。

「ホワット・タイム・イズ・イット・ナウ」と、文字から入った表現を日本人が発音すると、1)ほとんど全部の子音に母音がくっつく、2)めったなことでリエゾンしない、という日本語の2つの特徴に慣れ親しんだ日本人の発音では英語のスピード感は到底出ないのです。
むしろ「掘った芋いじるな」のほうが What time is it now? に聞こえるのです。

あんまりひとつひとつ解説しても仕方がありませんが、例えば英語の[o]は日本語のオと同じではなく、オから少しだけアに寄った音になっています。だから Tom が「タム」に聞こえたりするでしょ? で、all が「アール」になってるんです。

英語の[i]も日本語のイと同じではなく、イから少しエに寄った音です。in it を「エネッ」と書いてあるのもそういう意味です。

that が「ぜー(ト)」ではなく「ぜー(ド)」になっているのは米俗語の特徴ですね。Truth が「チュるーす」になっているのも似たようなもので、[r]を発音しやすくするために、[t]の音を出す際に舌が上顎に接触する位置が少し奥にずれてしまって、その状態で[tru]を発音すると「チュる」に近くなります。決して正しい発音ではないかもしれませんが、ネイティヴの発音ではよく耳にします。

was a が「ウアザ」、one が「ぅワン(ヌ)」になっているのは英語の w は日本語のワ行より粘り(と言うかメリハリ)があるということ、「(ヌ)」がついているのは私が前に書いた「野放図なン」にならないための方策です。

あと、何故「メステイ(ク)」「タイ(ム)」ではなく「メステイ(カ)」「タイ(マ)」なのかと言われたら、うーん、この感じ解んないかなあとしか言いようがありません。

この本読んでてふと思ったのですが、歌手の Mariah Carey っていますよね? あの人、日本ではマライア・キャリーという表記が使われてますが、私はマライア・ケアリーのほうが良いのではないかと思うのです。

この文章の中でも、あるいは他の文章でも私は何度か書いていますが、外国語を日本語で完璧に書き表すことは望んでも仕方がないことなので、キャリーとケアリーのどちらが英語の発音に近いかを争っても意味がないとは思います。

ただ、全く英語を知らない日本人に「マライア・キャリー」と紙に書いて読ませるのと、松本方式で「ムライア・ケアリー」と書いて読ませるのとどちらが米国人に通じるかと言えば恐らく後者だと思います。

いずれにしても、日本人により英語に近い発音をさせるために日夜心血を注いでいる松本道弘氏のような人がいるということを、微笑ましく、かつ誇らしく思わずにいられない心境です。

Copyright©yama-a Oct.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ