「張る」か「貼る」か?

ブログのほうに「リンクフリー」という言葉を最近聞かないなあという記事を書いていてふと思ったのですが、リンクは「張る」ものなのでしょうか、「貼る」ものなのでしょうか?

世間一般にはもちろん「張る」が正解です。しかし、私はなんか「貼る」でも良いような気がするんですよね。そもそも2つのサイトをくっつける作業なわけですから。

「張る」は糸電話の糸がピンと張る感じですよね(糸電話なんて言っても若い人はどんなものか見たこともないか)。いかにも Web にふさわしい表現をすれなら蜘蛛の巣が張られる感じかな。

一方、リンクを作成する過程を考えれば、自分のHPのHTMLに相手のURLを埋め込むわけで、それは実作業上はたいてい相手のURLをコピー&ペーストするわけで、そういう意味からすれば「貼る」でもおかしくない気がするのです。

あちこちに何度か書いていることですが、「正しい日本語」なるものを追究する作業がバカバカしいのは、時としてそれが過去を遡る作業そのものになってしまうからです。

「明治の文豪がこう書いていたからこちらの表記が正しい」などと言われても、じゃあ江戸時代の戯作者はどう書いていたのか、鎌倉・室町時代の僧侶はどんな言葉を使っていたのか、平安時代の女官はどういう表現をしていたのか、などと辿って行くと切りがないわけで、果ては「じゃあ、明石原人や三ケ日原人はどうだったか」なんてピテカントロプス・レベルの話になってしまいます(ピテカントロプスが言語を持っていたかどうか知りませんが)。

一方で「正しい日本語」追究の旅は語源を探る旅です。

でも、哀しいかな、語源なんか研究し出したのは、長い長い人間の歴史の中のごく最近のことでしょう? だから、過去に証拠や研究文献がそれほどあるわけでもなくて、大体が想像の世界になってきます。

とある語源辞典には「猫」の語源として「よく寝るからか?」と書いてあったそうです。辞書にクエスチョン・マーク使うなよ!っつう感じがまずしますが、よく考えたらそれよりも「なるほどネは解ったけど、じゃあコは何なんだ? どうしてネキでもネヒョでもなくてネコなんだ」などと考え始めると解決の糸口は一向に与えられないままです。

故事成語の場合は語源が明らかになりますが、それにせよ言葉の辿ってきた変遷の歴史を考えると、「本来はこういう表現だったのが次第にこう変わってきたのだからこの表現は間違い」と規定してしまうのも脳天気な教条主義のように思えてしまいます。

リンクを「張る」のか「貼る」のかという問題に戻ると別の意味で限界を感じるのは、これはとても新しい言葉であるという点です。誰が考えてもインターネット以前にはなかった表現なのです。だから辿るほどの過去もありゃしません。語源もはっきりしません。多分誰かが使い始めたのが定着したのでしょう。

ちなみに英語の場合はどう言うのか調べてみたのですが、まず誰でも思いつくのが、link を自動詞に使って link to 〜 とする表現。

どうしても link を名詞で、他動詞の目的語として使いたいなら put や add、もう少しビッグ・ワードでは provide などと組み合わせるようです。Web らしい表現としては spider なんて動詞もあるようです。「相互リンクを張る」は swap links with each other なんて洒落た書き方ができます。

つまり、「張る」を持ってきたのは英語の翻訳によるのではなく、あくまで日本語の語感の中で選ばれたものだと思われます。「Web を」であれば「蜘蛛の巣」からの連想ですんなり「張る」が嵌りますが、ここでは目的語が「リンクを」なのでその線は考えにくいと思います。

するとやっぱり「張る」なのか「貼る」なのか断定しきれない感じがするのです。

ただ、ここで注意すべきことは「張る」と「貼る」は全然意味合いの違う単語ではないと言うことです。2つの語の間には明らかに親近感があります。

例えば、「洗い張り」という言葉──昔の洗濯・糊付けの方法ですね。着物を洗って糊付けし、ピンと引っ張って皺を伸ばした状態で板などに貼り付ける作業──これは「張っている」とも「貼っている」とも言えます。

いや、それよりも国語辞典を引いて見るともっと明らかです。辞書によって書き方は微妙に違いますが、大体は「張る」がオールマイティの表記で、「布や紙などを平に伸ばして糊などで付ける」という意味の場合は「貼る」を使っても良い、あるいは「貼る」と書くのが一般的だというような説明になっています。

そこから考えると「リンクを張る」がオールマイティの表現ということになります。これだけたくさん書いてアレですが、じゃあ「張る」で行きましょうか。

ところで私の文章はあちこち脇道に逸れるのですが、「春」の語源は「張る」だとする説があります。

現代語の感覚からすればあまり納得が行きません。空気が張りつめた感じがするのはむしろ冬、とりわけ冬の朝ですし、氷が張るのも冬です。

ところが古語辞典を引いて見ると「張る」には「草木が芽を出す」という意味があって、辞書でもかなり前のほうに載っています。この意味での「張る」が「春」の語源だと言われればなるほどという感じがします。他にも「田畑を墾る(はる)」からだという説と、「天気が晴る」からだという説があります。

英語の spring にも「(氷が解けて)泉が湧く」からだとか「弾む季節だ」とか言う説もあります。

こういうのを読んでいると、語源を探るなんてバカバカしい作業だと言いながらそれでも真面目に取り組む人がいることに頷いてしまいます。だって、面白いじゃないですか。

さて、リンクを張るという話題から変なところに飛んでしまいました。こういうのも「別の話題にリンクを張った」と言えるのでしょうかね?

如何にも糊で貼り付けたようなエンディングでした。

Copyright©yama-a Oct.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ