変換と翻訳、そして新入社員

最近文章を書いていて本当にコンピュータは、と言うか MS-IME はバカだなあと思います(ATOK はもう少し賢いのでしょうか?)

「…に行ってきた」と書こうとすると、必ず「…に言ってきた」という変換候補が先に出てくるのです。

「言ってきた」になるのは「…と言ってきた」と前に引用を伴う場合であり、「…に行ってきた」と場所を伴う場合は「言」ではなくて「行」のはずです。この「と」と「に」の違いがコンピュータには判らないのです。

もちろん「言ってきた」が「に」を伴うこともあります。ただし、その場合「に」に先立つのは場所ではなく人のはずです。「誰々に言ってきた」「どこそこに行ってきた」。この「誰々」と「どこそこ」の違いがコンピュータには判らないのです。

それに「言った」ではなく「言ってきた」が使われるとすればそれは過去の反復を示唆する表現になってしまい、ならばそれより前の部分に「折に触れて」とか「何度も何度も」とか「口を酸っぱくして」などという表現があるはずです。その違いがコンピュータには判らないのです。

もちろん私たちはこういうことを理屈で解っているのではありません。決して前後を分析して「言」か「行」かを判断してる訳ではないのですが、それでも前に出現した単語を見た途端に反射的に判断がつくのです。

コンピュータというのは非常に正確だけれどまるで融通が効かない奴です。

上司に「受付に荷物が届いてないか見てきてくれ」と言われて、「はい、見てきました。届いてました」と手ブラで戻ってきた新入社員がいたそうですが、そんな存在です。

これは実話でありまして、最近は人間でもコンピュータみたいな奴が増えてきているようです。

ただし、そういう人間はどんなに鍛えてみても上達は覚束ない気がしますが、コンピュータの場合は人間と違ってプログラミングができるんだから何とかならないのかなあと思うのです。

  1. 場所を表す単語の後に「いってきた」が続いた場合は「行ってきた」を第1候補とする。
  2. 人を表す単語に続いた場合は「言ってきた」を第1候補とする。
  3. 引用の格助詞「と」に続く場合は「言ってきた」を第1候補とする。
  4. 「常々」とか「昔から」のような継続反復を表す単語の後なら「言ってきた」を第1候補とする。

そういう風に細かくプログラムして行くと、もう少し変換は賢くなるのではないでしょうか?

もっとも、そうは言うものの、コンピュータにそれが人名なのか地名なのかを判断させるのは難しいでしょう。「東京」とか「九州」なら地名だとすぐに解りますが、「福島」や「山口」だったら(苗字かもしれず)コンピュータに見分けろと言うほうが無理なのかもしれません。

同じように、「と」に続くと言っても、それが格助詞なのか接続助詞なのか、格助詞であるとしても引用の「と」なのか並列の「と」なのか、あるいは他の意味の「と」なのかを判断させるのはとても無理なことなのでしょう。

そういうことを考えると、人間の脳ってなんて素晴らしいんだろうと思ってしまいます。

同じような話ですが、翻訳ソフトという奴も我々にとっては極めて不満な訳しか出来ない通訳です。

私は長い間馬鹿にして見向きもしなかったのですが、何年か前に「少しは進化したかなあ」と思って翻訳ソフトを試してみたことがあります。

何でも良いからと適当にリンクをつついてたどり着いたところは映画『スパイダーマン』のパブリシティ記事でした。そのページで翻訳ソフトをクリックしてみると、彼はいきなりこう訳しました。

蜘蛛男性は…

これが蜘蛛男か、せめて蜘蛛人間ならなんとか合格でしょう。何故こういうところに「男性」という訳語を持ってくるのでしょう。我々人間にはよく解らないセンスです。

(蜘蛛男ならしっくり来ます。しかし、蜘蛛という大和言葉と男性という漢語では相性が悪いのです。ならば蜘蛛と人間も相性が悪いはずですが、どんな人間かを表わすために○○人間という表現は多用されるのです。理屈どおりに運ばないところが言葉の面白さ)

彼は何を以てスパイダーマンが female ではなく male であると判断したのでしょう?

いや、そもそも性別のないコンピュータに性を区別させるのは至難の業なのかもしれません。

彼らの特技は正しい判断をすることではなく、猛烈なスピードで片っ端から試して行く能力です。だから変換するコンピュータにしてみれば、何度か変換キーを押して行くうちに正解が出るのであればそれで良いではないかということかもしれません。

どうも我々とは考え方が相容れない、つきあいにくい存在です。

そして、最近の新入社員にコンピュータみたいな奴が増えてきていることが非常に気になる今日この頃です。

Copyright©yama-a Nov.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ