電気と電子

私が幼少の頃、私の祖父母の世代は「電気扇風機」とか「電気掃除機」という言い方をしていました。今ではわざわざ「電気」をつける人はいませんが、当時は「人間がうちわで扇ぐ代わりに電気が扇いでくれる」「人間がほうきで掃く代わりに電気が埃を吸い取ってくれる」という、言わば「畏敬の念」があったのではないでしょうか。

考えてみれば身の周りには電気で動く製品であふれています。

冷蔵庫、炊飯器、ポット、レンジ、食洗機、洗濯機、エアコン、ヒーター/ストーブ、布団乾燥機、スタンド、アイロン、ヘア・ドライヤ、歯ブラシ、マッサージ機、温水洗浄便器、テレビ、DVDレコーダ/プレイヤ、コンポ、パソコン、プリンタ、そして各種の楽器までも。

記憶を辿ってみると、私の祖父母たちはやっぱり時々「電気炊飯器」とか「電気洗濯機」とか言っていたような気がします。そして、シェーバーのことはなんと「電気剃刀(でんきかみそり)」、マッサージ機のことは「電気按摩(でんきあんま)」と言ってました。

これまた「剃刀の代わりを電気がやってくれる」「按摩さんの代わりに電気仕掛けの機械が揉んでくれる」という感覚だったのでしょう。

新発売に際しては、電気のありがたさに敬意を表して、あるいは電動の(人力に対する)優位性を強調して必ず「電気」という冠を被せたのではないでしょうか。

さすがに、私の祖母の時代にはまだ生まれていなかったような、まだ世に出て新しい電化製品は、それこそ「電気で動いて当たり前」という意識からなのか、名前に「電気」はつきません。「電気エアコン」なんておかしいですもんね。

で、上に挙げたいろんな電気製品の名前をじっと眺めていて、ひとつ気づいたことがあります。

「電気」とつくものと「電子」とつくものがあるんです。これは一体どこが違うのでしょう?

「電子レンジ」とは言うけど「電気レンジ」とは言いません。「電気レンジ」というといかにも電熱器(若い人は知らないでしょうね)のイメージになってしまいます。

炊飯器の場合は「電気ジャー」と言わずに「電子ジャー」と言います。いや、でも確かに「電気炊飯器」というのは昔あったような気がします。「電気炊飯器」はただ火の代わりに電気でご飯を炊くだけ、「電子ジャー」だとふっくらおいしく炊けそうな気がします。そして炊けた後保温もしてくれます(これは「炊飯器」と「ジャー」の差ですね)。

あと楽器だと「電子オルガン」というのがあります。これは「エレキ・ギター」よりもハイテクな感じがします。

それから、「電気顕微鏡」ではなくて「電子顕微鏡」です。同じように「電子望遠鏡」です。コンピュータは昔は「電子計算機」と呼ばれてました。電卓は「電子卓上計算機」の略です。

コンピュータを使って何かをすると、それは「電子○○」になります。「電子メール」「電子認証」…。

「電子」って何だ?

中学・高校の授業で習ったところによると、物質の最小単位である原子の構成要素のひとつ。マイナスの電荷を帯びて原子核の周りをくるくる回っている奴です。電気の流れは電子の流れです。

いや、違うんですよね。「電子○○」の「電子」はそんな意味ではないはずです。そして、困ったことにそこら辺の国語辞典を引いても、その「電子」の意味は載っていないのです。

そういうときは大体英訳してみると解ります。

「電気…」は electric
「電子…」は electronic

ほんで、もう1回和訳してみるとさらによく解ります

electric は「電気の、電気仕掛けの」
electronic は「電子の、電子工学の」

そう、日本で「電子○○」と言われているもののほとんどは「電子工学の(技術を応用した)○○」だったのです。「工学」が略されてたんですね!

じゃあ、電子工学とは何か?──そんな難しいことは知りません。
ただ、イメージ的には、ICチップが入っていて細かい制御ができる電化製品は「電子○○」である、くらいに捉えておけば「中らずといえども遠からず」ではないでしょうか?

それが「電気オルガン」と「電子オルガン」の、「電気炊飯器」と「電子ジャー」の決定的な違いなのではないでしょうか。今ではさまざまな電化製品にコンピュータ技術が応用されていますから、例えば、我々が今使っている洗濯機は「電子洗濯機」と呼ぶべきなのだと思います。

──と、以上が誰の助けも借りずに私が独りで考え抜いた結論です。しかし、果たしてこれで合ってるんでしょうか?


[追記1]

ちなみに「電動」っつうのもあります。これは文字通り電気で動くもの。電動歯ブラシ、電動カート、電動のこぎり…。冷蔵庫や洗濯機みたいにその場にじっとしているものや、見た目何かが動いていると判らないものには使いません。モーターを使っている場合が多い。

でも、「電動扇風機」とは言いません。何故でしょう?


[追記2]

なお、上の本文中には「ドライヤ」とか「レコーダ」のように末尾に長音を用いないものと「ヒーター」や「シェーバー」のように用いたものが混在しています。

それが気になる方は「あなたはコンピュータ派?」をお読みください。

Copyright©yama-a Nov.2006mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnexts 前号へprevious