象形→文字→象形

漢字の起源は象形文字である、と言ってしまうと言い過ぎなのかもしれませんが、多くの漢字の起源は象形文字である、とは言えるでしょう。

俄か勉強したところによると、漢字の成り立ちは象形・指事・会意・形声・仮借(かしゃ)・転注の6つに分類されるのだそうです。

6つのうち象形は、読んで字の如く形を象(かたど)ることです。樹木の形を象ったのが「木」という漢字です。

他の5つを見ると、仮借は適当な漢字がない時に意味とは関係なく同音の漢字を借りて用いること、転注は漢字の本来の意味を他の意味に転じて用いることですので、それぞれの漢字の起源、即ちその漢字の形がどうやって決まったかということからは少し外れます(逆に言えば、これらも元々象形であった可能性があるということです)。

指事は、例えば「一」「二」「三」や「上」「下」、あるいは「中」のように、抽象概念を記号化したものですから、これは確かに象形とは少し違います。

次に、会意は例えば「木」と「木」を組み合せて「林」を作るようなケース、形声は例えばへんとつくりを組み合せて一方が音を他方が意味を表すようなケースを指していて、これらの場合、各パーツは象形文字であることも多いので、やっぱり漢字の多くは象形文字を起源としている、と言って良いのではないでしょうか?

となると、そもそもひらがなやカタカナの起源は漢字ですので、日本人の使っている文字の多くは象形文字を起源としていると言って良いのではないでしょうか?(ま、かなり雑駁な論理展開ですが)

さて、前置きが随分長くなってしまいましたが、今回何を思ってこんなことを書き始めたかと言うと、何かの形を象って成立した日本の文字が、逆に特定の形を再現するために用いられることに気づいて面白いなあと思ったからです。

何をまどろっこしいこと書いているのか? 理解しにくいですよね。例を示しましょう。

例えば「川の字になって寝る」って言うじゃないですか。これは「川」の真ん中の線が短いところがミソで、子供を中央に両親が両端に並んで3人で寝ている形の象形です(お父さんはちょっとエビ反ってます)。

あるいは田捨女(でん・すてじょ)の有名な俳句に「雪の朝 ニの字ニの字の下駄の跡」というのがあります。積もった雪に刻まれた下駄の2枚の歯の跡を「ニ」になぞらえています。

もっとすごいところでは「金字塔」という言葉があります。「金字塔」って単に「とても立派なこと」という意味かと思っていたのですが、実はこれは「ピラミッド」の和訳だったんですね。正面から見て三角形に見えるところと階段状になっているところを「金」の字で表しています。

金の字みたいな塔=ピラミッド。すごいと思いませんか?

漢字だけではありません。

ちょっと違うかもしれませんが、女性が恥ずかしがったり拗ねたりして指で畳をなぞる姿を「のの字を書く」と言ったりもします。

カタカナもあります。

そう言えば私が勤めているTV局の世界ではスポットCMの作案の型を、全番組表とCMが流れるゾーンの対比から「コの字」「ヨの字」「逆L」などと呼んでいます。

「コの字」は平日の朝帯と夜帯、そして週末の朝から晩までのゾーンにCMが流れます。それに平日の昼帯を加えたものが「ヨの字」です。平日の夜帯と週末の朝から晩までだけで構成されるのが「逆L」です(分からんかな)。

あるいは台風などの時にTVの画面の縦と横を少しずつ切って、そこに気象情報や交通情報を流すことがありますが、これを我々は「L字画面」と呼んでいます。

そう、「L字」が出てきたのでお判りかと思いますが、言葉に関して先進的なコスモポリタンである我々日本人はアルファベットまで駆使して形を表しているのです。まあ、もっとも日本オリジナルのものは少なくて、表現ごと輸入したものがほとんどかとは思いますが。例えば、

でも、日本にアルファベットが普及するまではどう言っていたのでしょう?
実は少しだけそういう例もあって、T字型のものは「丁字」、V字型のものは「楔形」などと言っていたようです。

ちょっと毛色が違いますが、アメリカ合衆国に行くと横断歩道に Xing と書いてあることがあります。これは crossing と読みます。Xという字が2本の棒がクロスする形になっていることからこういう戯書ができたようです。

まだまだあります。アラビア数字も形を表すのに使われます。プロレスの技の名前を思い出してください。

直訳ですね。「4の字固め」は figure 4 leg lock。最後の「卍固め」は日本のアントニオ猪木の考案らしく漢字を使っています。

そう言えば漢数字も「一文字」とか「十文字」という使われ方をします(前掲の「八の字眉毛」や「十字架」もそうです)。

まだあったかなあ?

遠山金四郎が長屋の金さんに身をやつしている時に呼ばれるのが、「おう、金の字」
──これはちょっと違うか。

上出来だという意味で使われる「御の字」
──「御」がつくぐらい有難いという意味ですが、これもちょっと違うか。

「忍の一字」=ただ、耐え忍ぶのみ
──これも違いますねえ。

「ほの字」=「惚れた」とあからさまに表現するのを避けた言い回し
──これまたちょっと違いますか。

「しゃもじ」
──何を言ってるんだ、全然違うじゃないか、と思うでしょ?

でも、これ実は「ほの字」と同じ構造なんです。宮廷の女房たちは何でもあからさまに言うのを避けて「○の字」という言い方をしたそうで「しゃもじ」は「しゃ文字」。じゃあ「しゃ」は何かと言えば「杓子」の「しゃ」なんだそうです。

なんか話があんまり拡散しすぎて、何を書いていたのか分からなくなってしまいました。
どうもすいませんorz(←実は究極の象形であるこれを書きたかった)。

Copyright©yama-a Dec.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ