一段落して一安心

最近「一段落」を「ひとだんらく」と読む人が多いのが気に懸かります。これは「いちだんらく」なんですよね。

「段落」という漢語には「ひと」という訓読みより「いち」という音読みのほうが親和性が高いんです。

みんなそうです。逆に後半がやまと言葉の例を挙げれば、

と「ひと」になってます。我々が目にするのはむしろ「ひと寝入り」のように平仮名を使った表記のことが多いですが。

でも、「一推し」は「いちおし」で、音読み+やまと言葉じゃないか、って?
いや、それは「一番に推す」の短縮形だからたまたまそうなっただけです。

じゃあ、「一安心」は? これは「ひとあんしん」だから、訓読み+漢語じゃないか、って?
まあ、そりゃそうだけど、何ごとにも例外はありますがな。

じゃあ、「一苦労」「一呼吸」「一騒動」は?
ありゃりゃ、随分例外見つけてきましたねえ…。

そう言われると「規則通りにならないのが言葉の面白さです」と逃げるしかないか(でもホントにそこが言葉の面白さなんですけどね…)。

後半が1字の場合はかなり厳密に当てはまるんですよ。音読みの前に付くのは「いち」、訓読みの前に付くのは「ひと」。例えば、

ってな具合に。

ところが、2字の漢語になった途端に「ひと安心」「ひと苦労」「ひと呼吸」「ひと騒動」「ひと悶着」などという例外がたくさん出てきます。

ざっと眺めてみますと「いち」のほうは「たった1つ(1回/ひとり)だけの」「1つのまとまった」という意味合いが強くて、「ひと」のほうは「ちょっとした」(「決して小さくない」というニュアンスの場合もありますが)という感じでしょうか。「ひと苦労もふた苦労もした」とか「ひと悶着もふた悶着もあった」なんて使い方もあります。

こうやってルールから外れたものを新たなルールで括ろうとするのが私の悪い癖かもしれません。でも、こういう風にいろいろ考えていると、言葉がさらに面白いものになってくるのも確かなんです。

なにごとも一事が万事という訳には行きませんから。

Copyright©yama-a Dec.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ