車掌さん、ちょっと(造語のアート4)

電車に乗っていると「乗り降りの際にはお足下にお気をつけください」などというアナウンスが入ることがあります。普段は別に気にも留めずに聞き流しているのですが、あるとき「降り乗り」と言っているのを聞いてびっくりしました。

この車掌さん、多分真面目で正義感の強い人なんだろうと思います。きっと「降りる人のほうが先ですから」と言いたかったんでしょう。いや、気持ちは解りますが、言葉ってそういうもんじゃないんですよね、残念ながら。

降りる人が先でも乗る人が先でも言葉の順番としては「乗り降り」なんです。

この車掌さんは降りる人と乗る人が別人と捉えているようですが、「乗り降り」とは単に乗ったり降りたりすることで、同一人物の行為を指すこともあります。となると、乗ったから初めて降りられるんであって、乗るより先にいきなり降りると言われると非常に奇異な感じを受けてしまいます。

いや、すべての言葉がそうだと言うのではありません。例えば「押し引き」なら先に引くことも可能です。しかし、「引き押し」とは言いません。「引き押し」と言われるとなんか相撲の特殊な技のような印象を受けてしまいます。

なんとなくですが、自分が進む方向に力を加える「押す」のほうを先に言いたい気がするんじゃないでしょうか。プラスのイメージの言葉とマイナスのイメージの言葉があれば前者が先に来ることが多いように思います。

「やりとり」なんてのも似たような構造です。

「遣る」と「取る」のどっちがプラス・イメージかと言うと、「遣る」と自分が損して「取る」と自分が得するので「取る」のほうがプラスという考え方もできます。ならば「とりやり」になりそうなもんですが、でも一旦遣ってからでないと取るものがないような気もします。そういう意味ではやっぱりこれも「乗り降り」と同じような語順になっていると言えます。

しかし、そんなにうまく説明のつかないものもあって、「遅かれ早かれ」には上のいずれの説明も当てはまりません。どっちかと言うと「早い」のほうが前に来そうな感じなんですけどね。英語では sooner or later という語順になるのに、なんで日本語はこうなのでしょう?

多分「語呂」の問題もあると思います。

以上のような、正反対のベクトルを持つ単語を結合したケースではなくて、類似した言葉やセットになる単語を重ねる場合も語順が決まっているのが普通です。でも、なんでその語順なのかと考えてもまるで解りません。

「見聞き」とは言いますが、「聞き見」とは言いません。「飲み食い」とは言いますが「食い飲み」とは言いません。これらは「語呂」としか言いようがないのではないでしょうか?

例によって、冒頭でこそ言葉を論理的に説明するような振りをしながら、結局は言葉が理屈に当てはまらないということを書いていますが、でも、いつも書いているようにそれこそが言葉の面白さなんですよね。

ところで、「降り乗り」と言った車掌さんの話に戻りましょう。この言葉自体はとても変なのですが、しかし、この造語を使うに至った彼の気持ちはなんとなく察しがつきましたし、「降りる人が先ですよ」という彼のメッセージは間違いなく私に伝わりました。

そして、彼が「降り乗り」という奇異な表現を用いたがために、私は普段は聞き流しているアナウンスを傾聴してしまい、そのことによって彼のメッセージを正しく受け取ったのです。

考えてみれば、こういうのも正しいコミュニケーションの例かもしれません。だからこそいつの時代にも造語はなくならないのです。

以前、変な造語について3回にわたって書きました()。この「降り乗り」も間違いなく変な造語の一例なのですが、案外この車掌さんこそがコミュニケーションの達人なのかもしれないと思ったりもします。

Copyright©yama-a Jan.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ