続・明治生まれのPの音

私の祖母はフィリピンが発音できずにフイリッピンと言ってました。

ひとつはFの発音ができなかったということ。それで仕方なくフ-イという"分割払い"で帳尻を合わせていたようです。

もうひとつは単語の途中にあるPの音。単語の頭にあるPは発音できるのに、途中でPが出てくるとそのまんまでは発音できず、直前の音を促音に変換して初めて言えたようです。と言うか、恐らく無理やり発音しようと思えばフイリピンでも発音できたのでしょうが、Pが出てくると自然に直前が促音になってしまうということなのだと思います。

直前を促音にしにくいのかしないのか判りませんが、祖母のP音には別の代替パタンもあって、それはデバート、アバートという風にPをBに変換してしまうやり方でした。ともかく、前の字が「ッ」でないとなかなかPが発音できなかったようで、昔からある日本語、例えば「ぱっと」とか「ぴったり」は言えても、プロレスは言えずにクロレスになってました。

つまりこれは、祖母の世代にとって従来の日本語にはFの音はなかったし、語中にあって直前が促音でないPの音もなかったということだと思います(もっとも、太古の日本語にはFがあったという説があります)。

以上は「明治生まれのPの音」で書いたことの繰り返しなのですが、考えてみれば同じような例がたくさんあります。

これもその際に書いたことなのですが、例えばティの発音ができませんでした。従ってティは全部チになりました。チケット然り、名犬リンチンチン然り。

同様にディの発音もできませんでした。こちらはデかジかのいずれかに変換されました。ジの例はなかなか思いつかないかもしれませんが、アルプスの少女ハイジとかコートジボワールとか…。

デの例を挙げると、50歳以上の世代ではいまだにデズニーランド、ウオルト・デズニー(ウォも言えない)と発音して若い人たちに馬鹿にされる人が少なくありません。

しかし、不思議なことに digital をデジタルと発音しても誰にも笑われません。もちろんディジタルと言ったり書いたりしている人も少数いますが、デジタルのほうが一般的です。

日本に入ってきたのは digital のほうが Desney よりも後だったはずなのですが、何故かデズニーはディズニーに改められ、デジタルはそのまま定着してしまいました。

ところで私のかつての上司で、digital をディズィタルと発音する人がいました。彼はABCをエイビースィーと発音してました(もちろん日本語の文脈でですよ)。ここまでやってしまうと単なる英語かぶれに見えて反感を買うことがあります。なぜならスィ( shi ではなく si )の音は今もって日本語にはないからです。

さて、まだ他にもあるのです。例えばジェ。今の日本人で発音できない人はいないでしょうが、昔の日本人にとっては馴染みのない音であったと見えて、ここでも音の置き換えがなされています。

jelly → ゼリー
general → ゼネラル

私の祖母は gentleman をゼントルマンと呼んでましたが、これもあの世代共通の発音であったと思います。さすがにジェット機が普及するころにはほとんどの日本人がジェと言えるようになっていたのでしょう。

さらに、上にも書きましたが、ウォ。水のことは今ではみんなウォーターと言ってますが、私が幼少のころはウオーターと言うほうが多数派でした。これもフィ→フイと同じ"分割払い"です。

考えてみれば、日本人も世界から入ってきたいろんな音を言えるようになったもんです。でも、それで英語が話せるようになった訳でもなければ、自分の考えをはっきり主張できるようなった訳でもありません。

今後期待されるのは、世界に向かっていろんなことを言える日本人ではないでしょうか。

世界に向かって発信するために外国語の発音をもっと勉強すべきなのか、発音なんてブロークンでも良いからともかくもっと自己主張することを学ぶべきなのか、その辺は大変難しいところであります。

Copyright©yama-a Feb.2007mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious