「敬語の指針」批判

ちょっと前のことになりますが文化審議会国語分科会が「敬語の指針」という答申を出しました。

昨年10月の時点で第一報(途中経過)が出て、あの時にも解りにくいという批判がかなりあったと思うのですが、ほぼそのままの形で最終答申をまとめたようです。

それによると、従来3分類であった日本語の敬語が5分類になりました。

尊敬語と丁寧語は従来と変わりませんが、謙譲語が謙譲語1と謙譲語2(丁重語)に分けられ、新たに美化語が設定されました。この謙譲語1と2の区別がつきにくいというのがまずは批判を浴びたポイントです。

答申書によると、

謙譲語1は<向かう先>(相手側である場合も,第三者である場合もある)に対する敬語,謙譲語2は<相手>に対する敬語であり,性質が異なる。

と言うんですが、これ随分難しいですよね。ただでさえ人気がない敬語教育においてこんな難しいことを言い出すと余計に敬語離れを呼び起こすのではないかと心配になります。書いてあること自体には妥当性があるのですが、これじゃ言語学の論文です。国語学者の研究には資するところもあるでしょうが、敬語がよく解らない一般人に対しては逆効果じゃないかなあと思うのです。

もうひとつ言わせてもらえば<向かう先>は<行為の対象>、<相手>は<話の聞き手>と言い換えたほうが解りやすくないでしょうか? あるいは<今話している行為の相手>と<今話を聞いている相手>としたほうがもっと解りやすいかもしれません。

先生と兄弟子(あにでし)Aと弟弟子(おとうとでし)Bがいるとして、AがBに「お前は行かなくていいよ。俺が先生のところに伺う」と言うと、「いえ、私が参ります」とBが答えます。

もちろん2人とも当の話し相手ではなく、尊敬すべき先生のほうに意識が向いていると、「お前は伺わなくていいよ。俺が先生のところに伺う」「いえ、私が伺います」となる訳で、別にこれでも間違いではありません。ただ「先生のところに」という句が繋がっているところだけ「伺います」になるのは非常に自然な流れで、Bの発言も「いえ、私が参ります」か「いえ、私が先生のところに伺います」のどちらかであるのが自然で、「いえ、私が先生のところに参ります」となるとほんの少しだけ違和感が残ります。

しかし、それにしても謙譲語1と2は峻別する必要があるんでしょうかね? 謙譲語2の別名である丁重語という表現も丁寧語と紛らわしいし…。

この報告書でも1と2に分けて解説した後に【謙譲語1と謙譲語2の両方の性質を併せ持つ敬語】という補足が続いています。随分ややこしいじゃないですか。それなら「謙譲語にはいろいろな種類(機能)がある」というまとめ方のほうが明快ではないでしょうか?

それと、この報告書では兄と弟を例に解説してますが、今の世の中でそれはちょっと無理があるのでは? 今どき兄に敬語らしい敬語を使う弟なんているでしょうか? それよりも例えば会社の先輩と後輩、客と店員、得意先との会話などを例に出したほうがよほど実用的だったのではないでしょうか?

あるいは、この審議会は、弟が兄に対して敬語を使う武家社会のような世の中が再び到来することを望んでいるということなのでしょうか?

閑話休題。

もうひとつ解りにくいと言われたのが美化語です。「お酒」や「お料理」がそれに当たると言うのですが、じゃあ「お」がつくと何でも美化語かと言えばそうではなくて、「お名前をお聞きしてもよろしいでしょうか」という場合の「お名前」は尊敬語なのだそうです。

そもそもややこしいし、それに「お酒」は酒を「美化」してるんでしょうか? 「お寿司」は寿司を、「お豆腐」は豆腐を、「お妾さん」は妾(めかけ)を「美化」してるんでしょうか? なんだか釈然としません。

ところで、世の識者たちはこの答申にどんな反応を示しているのだろうかと思っていたら、日本語の達人・丸谷才一氏が朝日新聞の「袖のボタン」に書いた文章がありました(2007年2月6日夕刊)。

初めのほうに出てくる「しかしわたしには、敬語を日本独特のものとして尊重したい気持ちで文科相が諮問し、そのほのかな(?)ナショナリズムの線にそって分科会が答申した気配があるように見える」という指摘が如何にも丸谷氏らしいです。慧眼だと思います。

「わたしに言わせれば答申には一言、どこの国でも敬語をうまく使うほうが好感を持たれるし有利だという言及がほしかった」という氏の論にも全面的に賛成。私もかつて同じようなことを書いていますが、今強調すべきはそういう観点なのだと思います。

私との相違点を挙げれば、以前私も取り上げた「植木に水をあげる」という表現について、氏は「規範を定めようとする意欲が乏しく、いわば現状追認的なのがおかしい」「たとえ過半数が『植木に水をあげる』と言おうと、それは困った語法である。言葉は保守的な趣味を大事にしながら、新しい事態に適応してゆかなければならない」としているところ。

「保守的な趣味を大事にしながら、新しい事態に適応して」ゆくという原則論においては完全に一致するのですが、その兼ね合いに差があるようです。私自身は保守的な言葉の使い手であるつもりですが、一方、辞書の歴史は現状追認の繰り返しである点は否めず、結局は現状をもっと大らかに見守っていて良いのではないかというのが私の立場です。

氏はこんなことも書いています。

「敬語は状況に応じて用いられる言葉づかいの型だから、(中略)今どういう時、場所、場所柄なのかを言ってからでないと、敬語の使い方が適切に教えられない。コンテクスト(前後関係)抜きのテクスト(本文)になってしまい、不得要領な言語教育になる」

これもまさにその通りですね。それに続けて氏は、「敬語は実生活で習うのが本筋だ(中略)けれど、それはやはり理想論だろう。次善の手として、里見クの小説や小津安二郎の映画を参考にしようとすすめてはどうか」と提案しています。

なるほどねえ。偉そうなこと言いながら、私は里見クの小説は1冊も読んだことがないし、小津安二郎の映画も1本も観たことがありません。これでは丸谷先生に太刀打ちできそうな気がしません。日本語を語るにはキャリアが必要だということですよね。

ところで文化審議会委員の皆さんはどうなのでしょう?

Copyright©yama-a Feb.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ