鳩が豆食ってパッ

先人たちはものを忘れないためにいろんな語呂合わせを考えてきました。

「鳩が豆食ってパッ」というのもそのひとつです。ご存知ですか?

ハ:ハンカチ
ト:時計
が:がま口(財布)
ま:万年筆
め:名刺
く:櫛
て:手帳
パ:パス(定期券)

朝仕事に出かける前に「鳩が豆食ってパッ」と唱えながら持ち物に不足はないか確かめたと言うのです。よく考えてあります。しかし、さすがに時代掛かって古めかしくなってきました。この言葉がピッタリ来るのは『サザエさん』の波平さんくらいのものではないでしょうか。

特に「がま口」。そんな財布持ってる奴はいない、とまでは言いませんが、存在よりも言葉のほうが先に死語になってしまいました。

それから、万年筆や櫛はかつては誰もが持ち歩いていたのかもしれませんが、今では万年筆を取り出して何かサラサラ書く人も、やおら櫛を取り出して髪の毛を整える人もめっきり見かけなくなりました。

時計だって持ってない人が多くなりました。手帳も使わずノートPCやPDS、携帯電話などに予定を入れている人が増えてきました。

そう、そして、現代の必需品といえば携帯なのです。当然「鳩が豆食ってパッ」の時代にはそんなものはありませんでした。これでは現代人の生活に合いません。そこで私が現代版を考えてみました。──それが「聡、はめて、かけて!」。

さ:財布
と:時計
し:社員証
は:ハンカチ
め:免許証
て:手帳
か:鍵(家の鍵、車のキー)
け:携帯電話
て:定期券

どうです? なかなかのもんでしょ? 特に社員証を入れたところが気が利いてるでしょ? 最近社員IDがないと会社に入れないところも多くて忘れると面倒なんですよ。ほんで鍵も。鍵忘れるとマンションがオートロックなのでこれも面倒です。

新婚夫婦で、旦那さんの名前がサトシだったりすると最高だと思うんですが。

え? なんかマズイですか? 表現が? 明るく健康的なご家庭に合わない?

それと名刺も抜けてる? じゃあ、「はめてかけて挿し止め」でどう? なお悪い?

仕方ありません。それじゃ別のを考えましょうか。

だいたい上の例はいずれも「ハ」が何だったか「ト」が何だったか却々思い出せないところが欠点なんですよね。いっそのこと2文字の略を中心にしましょう──「提携社債名、聞いて半時」。

提:定期券
携:携帯電話
社:社員証
債:財布
名:名刺
聞い:キー
て:手帳
半:ハンカチ
時:時計

どうです、今度は良いでしょ?

え、免許証が抜けてるって?
大丈夫です。私は財布の中に入れてますから。

Copyright©yama-a Mar.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ