キになってクにならない?

英単語の発音を日本語に置き換えるときに一番やりようがないのは単独の子音の表し方です。日本語ではほとんど常に子音と母音がセットで使われるので子音1字の表しようがないのです。

慣例としては、単独の子音はウ段の音に変換されます。

ただし、例外もあって、

のように t と d はウ段ではなくオ段の音になります。
日本語にはトゥ/ドゥという音がなかったのでこうなったのでしょう。
昔はツやズで代替していた時期もあって、

子音単独の場合だけではなくて u 音が続く場合も、

てな感じですが、最近この置き換えははやらないようです。

不思議なのは語末の ch。語末の sh はシュなのに語末の ch はチュではなくチなのです。

似たような例では、

ただし、余談ですが、昔の日本人には言いにくかったのかバッチ、ドッチボールと発音している人がたくさんいました。いやいや、だからと言って dg や j の音はチと書き表されるのが一般的であったということではなく、

の例からも判るようにジにするのが原則のようです。確かに耳から入ってくる印象からすれば、これらをウ段ではなくイ段に置き換えることに抵抗がありません(ただし、英語として発音する際には語末に i は付いていないということをしっかり意識するべきです)。

以上をまとめると、英語の母音を伴わない子音を日本語で表記するときは、

  1. 原則としてウ段を用いる
  2. タ行・ダ行の場合はオ段(即ちト・ド)
  3. チュ・ジュは用いずにイ段のチ・ジとする

になるようです。

ところで解らないのがストライキです。なんで野球のときはストライクで労働運動の場合はストライキになるのでしょう?

似たような例もないではなくて、stick に対するステッキとスティック。shake に対する(ミルク)セーキと(マック)シェイク。あるいは、cake は常にケーキ。NIKE は常にナイキ。

クを充てるのは上記原則の1)に倣っただけなのでしょうが、k に限ってどうして表記が(イ段の)キになることがあるのか不思議です。これは上記原則の3)ともちょっと違うような気がします。

ただ、確かに語末の k をはっきり発音すると、その空気の漏れ方がキに聞こえないでもありません。百歩譲って(って一体誰に譲るのかよく解りませんが)語末の k に限ってはキでも良いとしましょうか。でも、語末だけじゃないんです。

x は通常クスと表記されます(もちろん後に母音が続けばクサ、クセなどと変化します)。ところが text はテキストで定着してるし、expander はエキスパンダだし、express は最近でこそエクスプレスと書かれることが多いようですが、昔はエキスプレスのほうが一般的でした。

これは何故なんでしょう? この部分での空気の漏れ方は決してキには聞こえないように思うのですが…。
x 単独だとエックスなのに、どうして語中に収まると時々キスになるのか?

そう言えば、アメリカの若い女性が恋人に宛てた手紙の結びによく書く"XXX OOO"(数は何個とは決まっていない)は kiss kiss kiss hug hug hug と読みますが、それ関係あるかなあ。あるわけないよね。

どうも気になって仕方がないのですが、こういうことをいくら考えても苦にならないのが私の性分です。

Copyright©yama-a May.2007mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ