書ければ言える?

英語の発音と日本語の表記について何度か書いているのですが、最近思ったことがあります。

それは、日本語にない音をカタカナでどう表記するかが決まればそれが発音できるようになるのではないか、ということです。

例えば日本語にティという音はありませんでした。だから、team とか Nightingale とか Argentine といった単語はそれぞれチーム、ナイチンゲール、アルゼンチンになってしまいました。

でも、誰かが[ti]をティと表記することを思いついて以来(なのかどうかは知りませんが)、その後に入ってきた単語、それ以降に広まった言葉においてはパーティとかティーとかティーチャーといった具合に書かれ発音されるようになりました。

書かれたのと発音されたのとどちらが先だったのかを争う気はありません。同じような時期だった、つまり書き言葉と話し言葉が呼応しているんじゃないかな、と思うのです。

だから、いまだに日本語で書きようのない[th]の音は、日本人はまだまだちゃんと発音できません。区別して書けない[r]と[l]は、英語でもやっぱり区別して発音できません。

ならば、表記方法を決めてしまえば良いのではないでしょうか?
そうすると、ひょっとするとその何年後かには(遅くとも次の世代くらいには)発音できるようになるのではないかという気がするのです。

ところが、日本語にない音を全部表記する統一的な方法を考案するとなると、これがなかなか難しいのです。先人たちもかなり苦労して決めたんだと思います。

例えば、近代日本語には[f]の音はありませんでした。それで[fa][fi][fe][fo]はファ、フィ、フェ、フォと表記することにしました。ハ行のウ段であるフ+小さい母音です。ところが[hu]も[fu]も何故かフなんですよね。これでは区別がつきません。

何で[fu]もフゥにしなかったんでしょう? でも、確かに[fu]がフゥでは(単に表記に慣れていないということもありますが)あんまりしっくり来ない気もします。「彼はふぅーっと溜息をついた」なんて時は明らかに[f]ではなくて[h]の音ですもんね。

でも、一方でファ、フィ、フェ、フォというのは大変巧い表記に見えます(単に見慣れちゃってるってこともありますが)。ヒューマンの「ヒュ」とフューチャーの「フュ」の区別なんかも見事だと思います。

ところで、[fi]はハ行ウ段のフを使ったのですが[ti]の場合はタ行エ段のテ+小さい母音のィです。これは何故かと言えば、日本語のタチツテトが[ta][chi][tsu][te][to]であるという特殊性に起因しています。

ツァ、ツィ、ツェ、ツォと書くと[tsa][tsi][tse][tso]になってしまいますもんね。

だからまず[tu]を決める必要がありました。[hu]と[fu]の違いは無視されてどちらもフになってしまいましたが、さすがに[tsu]と[tu]となると書き分けざるを得なかったのでしょうか。それで考え出されたのがトゥという書き方。

で、[ti]はツィでは駄目で、かといってトゥィじゃ長すぎて結局ティです。これも見慣れているせいか違和感がないと言うか、むしろ巧く表記してあるような気もします。

あと、[v]にヴを使うというのも苦労の跡が偲ばれます。でも、今では完璧に定着しました。もちろんヴという表記が定着する前に定着してしまった言葉(例えばバイオリンとかバレーボールとか)では使われないままなんですが、固有名詞の場合などは使われることが多くて、おかげで私たちはカタカナ表記から容易にスペルを想像できるようになりました。

そう、日本語にない音の表記方法を決めておくと、カタカナを見ても原語の想像がつくという利点があるのです。

「ホワット・ライズ・ビニース」というひどい邦題がついた洋画がありましたが、私はこれが What lies beneath だと解るまでに随分時間がかかりました。まず、ライズを見て rise を思い出してしまったのです。そしてスと[th]が結びつかず beneath にもなかなか辿り着くことができませんでした(邦題に対する苦言はここここ)。

ついでに what をホワットと書いたのもかなりの労作ですね。でも wh という綴り(音で言えば[(h)w])は全部同じかと思えば全く統一感がなくて when はホエン(ホウェンとはあまり書かない)、which はフイッチ(フウィッチという表記もあまり見ない)です。この辺りにも統一したルールがほしいところです。

でも、考えてみると日本語は「ア行〜ワ行までの10行」×「ア段〜オ段までの5段」=50音、英語はアルファベット26文字のうち「子音字21」×「母音字5」=105音です。

もちろんこれは机上の計算であって、ア行とワ行のウ段はともにウ、ア行とヤ行のイ段はともにイという同じ音であることなどが計算されていませんし、逆に濁音・半濁音・拗音などが除外されています。一方、英語のほうでも子音+母音で使われない組み合わせもありますし、逆に[ch][sh][th][ts]などのように子音字2つを重ねて別の子音を表すことがあるのに、それらが計算されていません。

だから、日本語50音:英語105音という比較は間違いなのですが、やっぱりどう考えても英語のほうが音のバリエーションは多いのです。

アルファベットで書けない日本語の音はありません。一方、カタカナで書けない日本の音はたくさんあります。小さい文字(ァ、ィ、ゥ、ェ、ォ、ャ、ュ、ョ)を駆使してなんとかかんとか書き表しているケースはたくさんあるのですが、それでも[r]と[l]の区別や2通りの[th]の音は書き表しようがないのです。

新しい文字を考案するとなると文字コード体系の再編成に繋がってしまって、大手コンピュータ関連企業から中小の印刷屋さんまで巻き込んで大変な騒ぎになってしまうでしょう。

うーむ、どう考えても無理か?
でも、それさえ考えつけば、日本人はもっと英語が巧くなるような気がしませんか?

Copyright©yama-a Apr.2007mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ