かなしいかな

常用漢字ってありますよね。文字通り解釈するなら「常に用いる漢字」。じゃあ、常に用いるかどうかどうやって判断するのか? そんなもの判断しようがありません。でも、それを国が判断しちゃってるんです。

で、制定されているのが常用漢字表にある1945字。昔は当用漢字という名前で1850字でしたが、それが改定されたものです。

まあ、そんなもの制定するのは勝手で、別に私としては痛くも痒くもないんですが、制定されたときの内閣告示に「法令・公用文書・新聞・雑誌・放送等、一般の社会生活で用いる場合の、効率的で共通性の高い漢字を収め、分かりやすく通じやすい文章を書き表すための漢字使用の目安」と書かれているために、新聞や放送はこの表をあからさまに無視する訳には行かないんですよね。

ほんの2〜3年前まで、新聞は一部のコラムを除きほぼ全面的に常用漢字しか使っていませんでした(もちろん固有名詞はこの限りではありませんが)。NHKもかなり厳密でした。民放もバラエティは別として、ニュースでは原則それに従っていたようです。

そうなると何が気持ち悪いかって、つまり以下のような表記が次々と現れることです。

これのどこが具合が悪いかと言うと、以前書きました「句切れ」の問題です。本来2つの漢字からできた1つの漢語であるのに、文章の中にこのような書き方が混じってくると、どこで区切れているのかを間違いやすく、すぐに意味が読み取れないのです。

驚くべきことに MS-IME もこの常用漢字を意識しているようで、例えば「らち」で変換すると「拉致」と「ら致」の両方が出てきます(以下「覚せい」なども同様)。

お上の方針に従うというのはある意味立派なことであり、如何にも日本人らしいことですが、しかし、日本語を用いる日本人としてこれは気持ちが悪いと感じて当たり前だと思うんですがどうでしょうか?

かつては「誘拐」の「拐」も表外字で、新聞等には「誘かい」と書かれていたのですが、あまりに誘拐事件が多いためか改定され、今では「拐」もちゃんと常用漢字表にはいっています(そして「ゆうかい」で変換しても「誘かい」は出てきません)。同じような例としては「醜悪」の「醜」があります。

こういう改定がなされるということは、やっぱりそういう表記は気持ち悪かったということなんでしょ?

私がHPやブログに書くときにはもちろん常用漢字に縛られたりはしません。でも他人が書いたものを読んでるだけでも気持ち悪いもんです。句切れが悪く読みにくいのです。

「わいせつ」(「猥」も「褻」も表外字)と書くくらいならワイセツと書いてくれたほうがよほど句切れがよろしい。フーテンとかハレンチとかいう書き方が定着するのもそういう傾向からではないでしょうか?

そして、何がきっかけだったのか知らないのですが、いつしか新聞や放送も常用漢字にこだわらなくなってきました。表外字であってもよく使う単語であり漢字で書いたほうが解りやすいという判断をした場合には堂々と漢字を使い始めました。

だから、最近の新聞には「北朝鮮の拉致問題」などと書いてあります(この辺は社によって対応が違うようですが)。私の感覚と新聞の感覚が同じになってきた訳で、これは大歓迎です。


ところでPC(ワープロ)で打ったときにちゃんと漢字が出てくるかどうかは全く別の問題です。

印字の世界には日本で制定された「JIS漢字」6355字と「補助漢字」5801字があり、国際的な基準として「Unicode」がありますが、最終的に Unicode は全てのJIS漢字と補助漢字を収録しましたので、この点では問題ありません。

ただフォントの問題があり、MS明朝やMSゴシックなどは全てのJIS漢字と補助漢字を含んでいますが、例えばHG行書体などではJIS漢字しか収録されておらず、従って補助漢字は当然文字化けしてしまいます。また Word であれば補助漢字は出てきますが、それをJIS漢字しか表示できないメモ帳にコピペした途端に文字化けしてしまうのです。

なんとも歯痒い事態です。ああ、早く思い通りに漢字が書ける時代ならないかなあ?
そんな風に思うのは果たして漢字好きの私だけなのでしょうか?

最近では新聞社に「読めない漢字が多いからもっと仮名を増やしてください」という投書が寄せられるとか。私としては、読めない人が多いのであれば逆にもう少し漢字を増やして行くべきだと思うのですが、これは捻じ曲がった考えなのでしょうか?

仮名が多いより漢字が多いほうが、日本語としては間違いなく意味が取りやすいはずです。それを妙な制限なく使えてこそ、成熟した文化であると思うのですが…。

Copyright©yama-a May.2007mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ

【註】後半部分のフォントに関する記述は、「日経パソコン」2007年1月22日号に掲載されていた「続フォントにまつわるエトセトラ 第2回 フォントを変えたのに書体が変わらない?」を参考にさせていただきました。