和を以て尊しとなす

他人に話したら「なんでまた、そんなことにこだわるの?」と言われそうなんですけど、かなり前からずっと引っ掛かっていることがあります。それは次のような表現です。

私はそういう言い方を聞くとたまにカチンと来ることさえあります。
それって、本当はこういう表現であるべきではないでしょうか?

論理の流れからして、後者のほうが正しいように思うのですが、いかがでしょう?

バカだから分からない訳ではありません。分からないからバカなんです。いや、厳密に言うと、簡単なことが分からない場面がいくつも続くので、遂にバカだということになるのです。他の2例も同様。

いやいや、そうじゃないという反論もあるでしょうね──今まで何度も分からないことがあって、その経験を以て自分がバカだと充分認識しているのだから、こういう表現で良いのだ、なんてね。

でも、バカだから今回も分からないとは限りません。バカならいつも分からない訳ではないのです。
気が短くたって状況によっては待てることもあるし、待たなければならない、待つしかないと納得してしまうこともあります。
几帳面な性格の人が気にせず流していることだってあるのです。

そんなことを書いていると単なる論理ゲームのように思われるでしょうね。

でも、思うんです。
そもそも「俺バカだから」みたいに演繹的にと言うか、ア・プリオリにと言うか、事前に自分を規定してしまうのは良くないのではないでしょうか? そういう論理の流れって自分に対する呪縛になるのではないでしょうか? 自分の欠陥を研ぎ澄ますだけにならないでしょうか? 同じ失敗を繰り返す素ではないでしょうか?

そんなあれやこれやがとても気になるので、私はできるだけそういう表現を使わないようにしています。

かと言って、いきなり「分からないから俺はバカだ」などと言い出すと、「何をこの人、自分独りの世界に入っているのかしら?」と思われかねません。大体が話すべきテーマは俺がバカかどうかではなく分かるか分からないかなのですから、この言い方は変です。

それで、こんな表現が良いのではないかと考えてみました。

なんだか最初の表現をごまかしただけみたいに見えますが、でも、こっちの表現のほうがなごむでしょ?
「…」の溜めの部分がポイントです。

同じこと言うならなごむ表現のほうが良いかな、と思うのです。

「なごむ」。漢字で書くなら「和む」。──和を以て尊しとなす。
ものは言いようです。

Copyright©yama-a May.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ