お願いしますよ、日経さん

他人様がお書きになったものを悪しざまに言うのは趣味の良いことではないと解ってはいるのですが、前々から時々書いちゃってたことでもありますし、今回あまりに驚いたので、またちょっと書かせてください。これが止めです。

私は日経新聞の愛読者ではありますが、毎朝読んでいると、大手全国紙の中で日経記者の文筆力はやはり一段劣るなあと思わざるを得ないのです。

「ふーん、日本語が下手でも経済紙の記者にはなれちゃうんだ」なんて思ってしまいます。「お前に言われたくないわ」と言われるかもしれませんが、いや私より下手だなどと言うつもりはありません。でも下手なものは下手です。

さすがに日本人が書いてますから、「てにをは」がおかしいなんてことはありません。ただ、読点の打ち方に首をかしげたくなることも多いですし、何よりも一番まずいなあと思うのは語順です。

日経新聞を読んでいて、「ああ、この単語をこっちの単語の前に移動したらもっと文意が通りやすくなるのに」とか「この文節は本来この文節の後に回すべきではないか」などと感じることがしょっちゅうあります。

他の新聞を読んでいてそんなことを思うことはまずありません。日経新聞の記者の方々には是非とも『日本語の作文技術』(本田勝一著、朝日文庫)などを読んで勉強してもらいたいものです。

それから構成が下手です。朝日新聞の「天声人語」と日経新聞の「春秋」を読み比べてみたらよく分かります。

「春秋」はたいてい起承転結がきれいについていません。もちろん起承転結という形にこだわる必要はありません。「天声人語」だって毎回起承転結に沿っているわけではありません。

ただ、「天声人語」が起承転結を崩して書いている時は非常に鮮やかです。「春秋」はあっち行ったりこっち行ったり、導入部でカッコつけすぎるためかテーマが移り過ぎて散漫になってしまったり、時には読み終えて「この文章は一体何が言いたかったんだ?」と首をかしげたくなることもあります。

でも、まあ、そんなこんなは単なる「上手い下手」、つまり程度の差と言えたからそれで良かったんです。ところが、2007年6月1日(金曜日)朝刊1面の特集「ネットと文明」でとんでもない表現を見つけてしまったのです。

もはやこれを書いている人が文章が上手いか下手かという次元の問題ではありません。この記者の頭の中は壊れているとしか思えません。以下がその記事からの引用です。

売上高1兆2千億円、時価総額18兆円──。グーグルのすさまじい成長に目を奪われ、忘れがちなことがある。同社はまだ8歳にすぎないのだ。設立は1998年だから人間で言えば小学3年生。

設立丸8年のグーグルが「人間で言えば」小学3年生なら、創業300年の老舗は何年生なんでしょう? 295年生?

どうして人間に譬える必要があるのでしょうか? 譬えて解りやすくなるのは、例えば「その象は○歳だから、人間で言えば80歳のおばあさんです」とかいうケースでしょう?

一般の人は象が何年くらい生きるものか知りません。だから、象の平均寿命と人間の平均寿命から人間の年齢に換算することによって理解しやすくなる──そういうケースでこそ人間にあてはめるべきなのではないでしょうか。

あるいは、「○○の訓練を始めてまだ10年。学校で言えばまだ中学に入ったばかりみたいなものです」のように一般人には馴染みがなくて普通どのくらいの年数修行すれば一人前になるのか分からないような○○を、一般人に解りやすくするために学校教育に譬える──そういうケースならこの手法は正解なのです。

ところが、会社なんてものは1年で潰れることもあれば何百年も続いているものもある。そもそも年数では測りにくいものです。それをわざわざ小学校の学年に置き換えたりすると読者に誤解を与える恐れがあります。

グーグルの成長が早いということを言いたいのであれば、他の会社(NASDAQ の平均でも良いし、あるいは例えばマイクロソフトやアップルコンピュータでも良い)が年商1兆円に達するのに何年かかったかを比較して挙げれば良いのです。

しかも、ここでの「8歳→1998年設立→小学3年生」という論理の流れは如何にも妙です。「設立は1998年だからまだ8歳にすぎないのだ。人間で言えば小学3年生」というのがごく普通の並びではないでしょうか?

さらに、「8歳」と「小学3年生」とどちらが幼さを伝える言葉としてインパクトがあるかと言えば、(これは意見が別れるかもしれませんが)私は「8歳」ではないかと思うのです。つまり文章として、「8歳」と書いた後に「小学3年生」と重ねる効果が薄いように思うのです。

いずれにしても、こういう構成にするなら「8歳」よりも遙かにインパクトの強い、説得力に満ちた喩えを持ってくるのが常套手段です。「8歳」から「小学3年生」では読者の心に充分響かないのではないでしょうか?

そして8歳が小学校3年生だと言うのはあまりに当たり前で、換算してみる妙味がどこにも見当たりません。なんでこんな表現を並べてみたのでしょう。全く理解に苦しみます。

日経さん、毎朝読ましてもらってるから言うんですけど、文章修業にもう少し身を入れてもらったら、もう無敵の新聞になると思うんですけどね。

最初に書いたように、他人の仕事を悪しざまに言うのは私も不本意です。でも、今回ばかりはあまりに驚いてしまって、もはや放っておけない気がしてきたので、ついつい書いてしまいました。どうか非礼をお許しください。

Copyright©yama-a Jun.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ