十文字&井桁

「キになってクにならない」に書いた"XXXXX"や"OOOOO"なんかもそうなんですが、英語には私たちの知らない読み方をする記号が結構たくさんあります。

たとえば「+」。これを and と読ませます。

love + peace でラブ・アンド・ピースと読ませるんです。僕はこのことを早見優が最初に出版した英会話の本で知りました。彼女がまだバリバリのアイドルだった頃ですからもう随分前です。

えっ、love & peace じゃないのか?と思われるかもしれません。もちろん & も使われるのですが、+ のほうが早く書けるためか昨今では(フォーマルでない場面に関して言えば) + のほうが優勢なのではないでしょうか。

+ を and と読ませることに抵抗感があるかもしれませんが、2+3=5を英語で言えば

Two and three is five

あるいは

Two and three makes five

になることを考えると納得が行くでしょう。

もちろん上記の and を plus に書き換えても構いません。つまり、+ は and とも plus とも読めますから。さらに上記の is や makes を equals に換えると数式そのままんまの言い方になります(これも正しい表現です)。

ところで、話は戻って & ですが、私たちはこれをアンドと読んで、記号の名前としてもアンドと呼んでいますが、英語ではこの記号をアンパサンド(ampersand)と呼んでいます。

HTML が書ける方なら「そうか、だから & は & と書くのか!」と合点が行ったのではないでしょうか。

もうひとつ意外な例が「#」です。

私たちはこれを何と読むか? 「シャープ」に決まってますよね。英語でも音楽の記号であれば sharp ですが、日常よく出くわす読み方は number です。

No.1 という表記も確かにあるのですが、#1 という表記が非常に多いのです。彼らは #1 と書いてあればシャープ・ワンではなく例外なく number one と読みます。# という記号の名称も number sign です。

そう言えば、かつて米国でのイベントを毎年やっていた時に、彼らから提出される資料には確かに #1, #2 などと書いてありました。私はこれを number と読むとは長らく知りませんでした。

日本のTV業界では「第1回」のことを「シャープ・ワン」と言ったりしますが、これはアメリカからの直輸入で、読み方だけが日本式だった訳です。私は会社に入った頃に、なぜ番組の回数を数えるのに音楽記号を使うのか不思議に思ったのですが、# を number と読むと知って初めて納得が行きました。

ところで、電話のキーについている#記号。あれも日本ではシャープとか井桁とか言っています。音声自動応答で言う「正しければシャープを…」ってやつですね。

ところが英語ではこれを pound key と言うそうです。なんで number key って言わないのかな、と一瞬思ったのですが、よく考えてみると0から9までも間違いなくナンバー・キーですもんね。

ことほどさように、英語の記号には私たちの知らない読み方があるのです。

どうです、今回の企画?
目のつけどころがシャープでしょ?

Copyright©yama-a Jun.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ