気遣いの過去形

敬語については何回か書きました(その1その2その3、まだ他にも何箇所かあるかも)。

若い人たちは直截な敬意を言葉で表明するのが苦手なようですが、断定を避け、表現をぼやかせ、距離を置くことによって彼らなりの「敬語」と言うか、ため口と区別した喋り方を工夫しようとしてるのは確かなような気もします。

それが例えば「先にお釣りのほうになります」とか「焼き魚定食でよろしかったでしょうか?」などの表現になる訳です。

確かにそういう表現を持ち出すことによって、有り体に言えばピントのぼけた話し方になり、ぼけた表現は相手との距離を詰めないことに繋がり、その分なんとなく相手を立てたかのような気になるのです。

「焼き魚定食でよろしいでしょうか?」と言われると、聞き様によっては「他にもいろんなメニューがあるのに本当に焼き魚定食で良いんですね」と詰め寄られているように聞けないこともないです。過去形にしてしまうとその感じは薄れてしまいます。

でも、ま、我々古い世代はやっぱり気持ち悪くてなかなか馴染めないんですよね。

ところが、こないだ、自分が同じような表現を用いていることに気づいたのです。

それは会社でのことでした。上司にある件について書類にまとめるように命じられたのですが、命じられた翌日に私は上司にこう訊き返したのでした。

「あれ、期限はいつまででしたっけ?」

つまり、こういうニュアンスでなんです──「あれの期限については昨日お聞きしたとは思うのですが( or お聞きしたかもしれませんが)いつまででしたっけ?」

前日、私は「いついつまで」という期限を言われませんでした。それは確かなんです。でも、だからと言って「期限はいつまでですか」と訊くと「昨日は言いませんでしたよね」と如何にも相手を責めるようなトーンになる恐れがあり、それを避けるために無意識に過去形にしていたのです。

となると、これも一種の「気遣いの表現」であって、敬語みたいなものではないかなと思えるのです。

ところで、話は逸れますが、こういうケースで「上司がちゃんと期限を設定してくれんから、部下はやってられんわ」と嘯く輩がいます。最近そういうのがはやりのようですね。

でも、これは訊かなかった部下が悪いのです。期限を指定しないことが後々問題になる可能性があると解っていたなら、命じられたその時即座に期限を問うべきですし、その時には解らなくて後になって期限を聞いてないことが問題だとやっと気づいたのなら単なるバカです。

もちろん期限を切らなかった上司も悪いのですが、「相手が悪いのなら俺は悪くない」と考えるのは、仕事ができない社員の典型です。

で、話は戻りますが、まあ、その時は僕も上司もいずれも気づかずに期限については触れなかった訳です。でも、よく考えてみれば絶対に期限がありそうな件だったので、翌日部下の私が問い直した訳です。

「あれ、期限はいつまででしたっけ?」

ま、正しい日本語としては「期限はいつでしたっけ」と言うべきですが、話し言葉ではよくこんな表現になってしまいます。

それに対して上司は、

「あ、そうそう、言ってなかったね。25日に提出することになってるので、まあ今週一杯くらいで良いよ」

とスムーズな会話が成立しました。

で、話がぐるぐる回るのですが、「焼き魚定食でよろしかったでしょうか?」もこれと同じような「気遣いの表現」なのかな、とふと思ったのです。

同じように解釈すれば、「あなたの注文については先ほどお聞きしたとは思うのですが( or お聞きしたかもしれませんが)焼き魚定食でしたっけ?」みたいな感じ?

うむ、でも、やっぱり腹立つなあ。だって、さっきの仕事の期限の例とは違って、この場合は注文したに決まってるもんなあ。

「よろしかったでしょうかって、さっき聞いたばっかりやろが。もう忘れたんかい、このボケが」と突っ込みたくなるのは正しい感覚であるような気がします。

ぼかせば和らぐというのはオールマイティの法則じゃないんですね。副作用として馬鹿にされたような印象を与えることもあるのです。

だから是非とも「復唱いたします。・・・ですね」という表現を覚えておいてほしいものです。

「いたします」と「です」が歴とした敬語です。それでいてぼけずに明瞭で簡潔な表現がちゃんとあるんです。そういうことが解ってくると客商売はもっと楽しくなるのではないでしょうか。

Copyright©yama-a Jul.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ