とりとめのない話

今回はとりとめのない話になりそうです(今回はタイトルが何かに掛けてあったり洒落になっていたりしてません。本当にとりとめのない話です)。

前から引っかかってたことなんですが、「ぞっとする」という表現と「ぞっとしない」という表現があるでしょう? 形の上では一方は肯定、他方は否定なんですが、意味はどちらも否定的。──不思議に思いませんか?

ただし意味合いはあまり近くなくて「ぞっとする」ほうは恐怖感や嫌悪感、「ぞっとしない」ほうはまあ「ぱっとしない」と言うか感心しないと言うか、どうも乗り切れんという感じですよね。

肯定と否定でどうして意味が反対にならないのでしょう?

──なんてことを考えていたら、ある関西人曰く

東京の人って「ふざけろ!」って言うやろ?
あれ、解らんわ。「ふざけるな!」とちゃうの?

ふむ、こっちのほうがもっと不思議な組み合わせですね。肯定と否定でほぼ同じ意味になってます。

で、他にもないかと考えてみたら、ほぼ同じ関係のものがありました。──「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」(関西では「馬鹿」の代わりに「あほ」)、「嘘つけ」と「嘘つくな」──これらを見ると、こういう表現は決して関東に特有のものではないことが判ります。

ま、「嘘つけ」と「嘘つくな」を比べるとニュアンスは少し違います。前者は相手が嘘をついているのではないかと疑っている感じなのに対して、後者は相手が嘘をついていると決めつけている感じがあり、従って後者のほうがきついような気はします。

ただ、いずれにしても相手をたしなめる表現であることには変わりがありません。

この「ふざけろ」とか「馬鹿言え」とか「嘘つけ」とかは一体何なのでしょう?
形としては命令形?

「ふざけろ」は命令形としか考えられませんが、「言え」と「つけ」は仮定形(已然形)とも考えられます。已然形だとして「馬鹿こそ言へ」「嘘こそつけ」の係り結びから「こそ」が落ちたのかとか、いろいろ考えられなくもないですが、あまり説得力のある説明にはたどり着きそうもありません。

なんであれ「ふざけろ」とか「馬鹿言え」とか「嘘つけ」で「ふざけるな」「馬鹿言うな」「嘘つくな」と同じ意味を表すわけですから、なんとも不思議な組み合わせです。

てなことを考えながらいろいろ調べていたら、また少し毛色の違った問題に突き当たりました。

それは「ない」には否定の意味と肯定の意味があるということ。

たとえば「情けない」は「情け」が「無い」のであり、「面目ない」は「面目」が「無い」のであり、「大人げない」は「大人げ」が「無い」のですが、「はしたない」は「はした」が「無い」のではないのだそうです。

「はした」は「中途半端」の意で、ここではそれがないと言いたいのではなく、逆にそういう状態・性質だと言いたいのです。

古語辞典を引くとちゃんと書いてあるのですが、「なし」=「無し」のケースと「なし」=「甚し」のケースがあるそうで、前者は打ち消しの意味の形容詞、後者は形容詞を作るための接尾語なのだそうです。

「はしたない」だけではなく、「せわしない」「えげつない」「切ない」「勿体ない」「かたじけない」などはいずれもこの系統の「ない」なのだそうです。

さらっと書いておいたので読み過した人も多かったでしょうが、上の段落を読んで「なるほど!」と膝を打った人もいたのではないでしょうか?
そう、だから「せわしい」と「せわしない」は同じ意味なんです。

さて、そこまで調べてふと気になり始めたのは、以前「なにげに」「さりげに」という表現について書いたのですが、あれはあれで良かったのか、つまり「なにげない」「さりげない」の「ない」は本当に「無い」だったのか?ということなんです。

そこは「なにげ」「さりげ」がそもそもどういう意味かということに関わって来るわけですが、こんな曖昧な単語、何とでも解釈できますもんね。

もし、これらの「ない」が「なし」=「甚し」のケースだったとしたら、「なにげない」「さりげない」が「なにげに」「さりげに」に変成するのはかなり順当なものに見えてきます。

だったら何なんだ?と言われると別に何でもなくて、「だから最近の若者ことばも意外に理に適ってる」なんて言う気はもちろんありません。単なる偶然ですから。

ただ、ま、こういうこと考えてると面白いなあとしみじみ思う訳です。一方で、うむ、こんなこと考えてるの私くらいのもんだろうな、という気もします。

どこまで書いても詮ない話ですが、その詮なさこそが値打ちだと思ってくれる方だけが読んでくださっていると勝手に決めて、とりとめもない話を書いてしまいました。

Copyright©yama-a Jul.2007mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ