理由なき反語訳

反語ってあるじゃないですか。古文や漢文で出てくるやつ。あれ、中学高校ではいまだに我々が教わったのと同じように教えているのでしょうか?

我々のころはこんな面妖な訳語が充てられてました。

はたして・・・だろうか(いや、そんなことはない)

ちょっと昔を思い出して具体的に演習してみましょうか。

ありま山ゐなの笹原風吹けばいでそよ人を忘れやはする
(大弐三位、後拾遺集・恋二/百人一首)

(前半省略)いや、それですよ。私があなたを忘れたりしましょうか。いえ忘れたりはしません。

くらべこしふりわけ髪も肩すぎぬ君ならずしてたれかあぐべき
(在原業平、『伊勢物語』二十三段)

(前半省略)あなた以外の誰のために髪を上げましょうか。いいえ、あなたのためだけです。

あゝ、誰か故郷を思わざる
(西城八十作詞、古賀政男作曲、霧島昇歌唱、『誰か故郷を思わざる』昭和15年)

ああ、誰が故郷を思わないでしょうか。いや、誰もが故郷を思うのです。

是をも忍ぶべくんば、孰れをか忍べからざらん
(孔子、『論語』八いつ第三)

これをも辛抱しろと言うなら一体何が辛抱できないだろうか。いや、そんなものはない。

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや
(司馬遷、『史記』陳渉世家)

お前らみたいな小物にどうして大人物の大志が理解できるだろうか。いや、できはしない。

これ、なんとも言えずかったるいな、と思いません? そもそも、この2段構えの訳語が現代語のスピード感について行けてないのです。

こういう訳語で教えるから学生たちの頭に定着しないんじゃないかな、と私は最近になって気づいたのです。なんか違う教え方、違う訳し方ってないもんですかね?

でも、反語という形式自体は現代語の中にもちゃんと生き残っているんですよ。

「何を隠そう」なんて表現は古語の形そのままで残っている反語の常套句です。他にも「如何せん」とか「誰あろう」なんてのもその仲間ですね。

それから「そんなとこ誰が行く(もん)か」なんてのはちゃんと現代語で構成された反語表現です。

これをいちいち「何を隠すだろうか、いや何も隠さない」とか「そんなとこ誰が行くだろうか、いや誰も行きはしない」などとかったるい置き換えを頭の中でやってる人はいないでしょう?

だから、古文や漢文を教える時にも、もうそういう訳語をあてがうのはやめましょうよ、というのが私からの提案なのです。

じゃあ、どう訳すか? 私としては何としても2段構えをやめて、ひと言でスパッと行きたいのです。となると、ふさわしい訳語は

わけないじゃん

です。いや、別に「じゃん」である必要はなくて、「ないっしょ」でも良いし、口語っぽくしたくなければ「わけがない」で構いません。

で、実際に訳してみると解るんですが、「わけないじゃん」で訳しきれないケースがあります。「誰」とか「何」とかが頭についていて、それをそのまま訳さざるを得ないケースですね。その場合は、

(本気で)しろっつーの?

もしも、疑問詞を意訳して打ち消しの文に変換できるなら「わけないじゃん」パタンでもかまいません。あるいは「してたまるか」なんてのもアリかもしれません。バリエーションは各人で工夫してみてください。

上で挙げた例を順番に訳して行けば、

私があなたを忘れるわけないっしょ。
あなた以外の誰のために髪を上げろっつーの?
(あなた以外の誰かのために髪上げするわけないじゃん)
ああ、誰が故郷を思わねえっつーの?
(故郷を思わねえ奴いるわけないじゃん)
これをも辛抱しろっつーなら一体何が辛抱できないっつーの?
(お前本気でこんなこと辛抱しろっつーの?)
お前らみたいな小物に大人物の大志が理解できるわけがない(解ってたまるかっ!)

さて、これらの訳のポイントは何でしょうか?

反語というのは形だけは疑問文で、言いたい内容は否定です。それを現代語に訳す時にやっぱり形だけは疑問文で置いておこうなんて考える必要はないということです。

・・・だろうか(いや、そんなことはない)

という2段構えの訳は非常に親切なように見えて、今の時代には、実は逆にまどろっこしさが気になってしまう表現なんです。

前半の形だけの疑問はすっ飛ばしてしまって、いきなり「・・・わけないじゃん」と切り込むか、後半の丁寧な否定までしつこく引っ張らずに「本気でそうしろっつーの?」みたいな疑問のままバサッと切ってしまうかのどちらかを私は勧めます。それが現代風ではないかと思うのです。

形にこだわらないこと──それは現代語訳だけではなく翻訳においてもとても大切なことではないかと思います。

どうでしょう、今後学校でも反語は「わけないじゃん」「(本気で)しろっつーの」と訳すようにするというのは?

え? 誰がそんなことするかっ、て?

Copyright©yama-a Aug.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ