さまよえる表記

今月の末に小川洋子の『 夜明けの縁をさ迷う人々』という本が出版されます。私は今このタイトルを見てちょっとショックなのです。

私は「さ迷う」という表記を採りません。どうも好きになれないのです。私は通常は「さまよう」と全部ひらがなで書きます。「彷徨う」も滅多に使いません。読みにくいからです。同様の理由で「はやる」を「流行る」とも書くことも滅多にありません。

ただ、「彷徨う」と「流行る」とどちらがまだ使うかと言えば、それは「流行る」です。何故なら「はやる」と仮名で書いてしまうと、前の単語と繋がったときに非常に句切れが悪く、係助詞「は」+動詞「遣る」に見えてしまうことが多く、それを避けるために「流行る」という表記も時々使っています。

ただ、「さまよう」の場合はそんなこともないので、ほとんどの場合、私は「さまよう」と書いてきました。「彷徨う」は少し格好つけすぎのような気がするというのも理由のひとつです。漢字2つに読み仮名3つを宛てることの不細工さも理由のひとつです。

一方「さ迷う」ですが、これは漢字がひらがなに挟まれている、と言うより、漢字+送り仮名の前にさらに仮名が1つ載っているという非常にバランスの悪い構造で、この独立した1単語にしてすでに句切れが悪いわけで、これを文章の中に入れると必然的に句切れの悪い文章しか書けません。

現に小川洋子のこのタイトルだって、「あのさ、夜明けの縁をさ、迷う人々がさ…」と言っているように見えてしまうんです。

私は「さ迷う」という表記を見ているだけで気持ちが悪いのです。その、私が嫌いな表記を、私が好きな作家である小川洋子が採用していることが非常にショックだったのです。

だいいち語源的に「さまよう=さ迷う」なんでしょうか? 語源などというあまり調べようのない不確かなものにこだわっても仕方がないのですが、調べてみるとこれがどうやら、私の予想に反して(意にも反して)そうみたいなんですよ。

「さ」は漢字で書くと「左」であったり「然」であったり、「小」であったり「狭」であったり、あるいは「早」であったり「五月」であったりと様々で、それぞれ単語の前につくなどしていろいろな意味を付加します。

しかし、それ以外にどうも漢字で書きようのない「さ」があるみたいで、これが「名詞・動詞・形容詞に付いて、語調を整える」「さ」であって、その例の一つが「さ迷う」であるようなのです(出典:大辞泉)。

ということは、本来意味的には「さまよう=迷う」であって、単に「迷う」の語調を整えたものが「さまよう」だということでしょうか?

どうも納得が行きません。意味合いは随分異なると思うのです。当然「迷う」のほうが意味が広いし、「さまよう」はやはり「彷徨する」の意ですよね?

そういうことを考えると、やっぱり「さ迷う」って書き方はおかしいんじゃないかって気がするんです。

「さ迷う」という表記はどう見ても座りが悪く、読んでいる者の落ち着きを失くすような気がしませんか? なんか、この「見た目の語感」がしっくりと来ないのです。

それを、単なるお話の紡ぎ手としてではなく文章の書き手としても私が尊敬している、他ならぬ小川洋子が使っているという点に深いショックを受けたのでした。小川洋子と同じ語感を共有できないことが残念なのでした。

ま、いずれにしても、この本は買って読みます。そのことに迷いはありません。でも、この表記に対してはどうしても「さまよえる日本語」という感じが拭えない気がするのです。

みなさんは如何でしょうか?

Copyright©yama-a Aug.2007mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious