読まれて書かれた鼻毛の話

このHPではなく、ブログのほうのアクセスカウンタが50,000を突破した頃にアップした記事にこんなことを書きました。

ハナ肇とクレイジーキャッツのレパートリーに『五万節』という歌があるのですが、青島幸雄が書いた歌詞の「キャバレー通いのつれづれに読まれた鼻毛が5万本」という表現の意味がいまだに解りません

と。

そしたら読者の miyata さんという人からコメントが付いて、

これは水商売の女性が、客をうまく言いくるめて通わせる状況を言う言葉と理解しています。
「鼻の下を伸ばす」と「鼻の穴がよく見える」結果「鼻毛の数がわかる」と、言うことでしょうか?

とのこと。ネット上のあちこちで言及が見られるとのことです。

へえ、と思ってちなみに辞書を引いてみると、広辞苑クラスの大辞書に手を伸ばすまでもなく、手許の国語辞典にもちゃんと載ってました。

鼻毛を読まれる:女に見くびられる

なるほど。

で、突如として気がついたのですが、「鼻毛を読まれる」と言う場合の「読む」は「本を読む」の「読む」ではなくて「票を読む」の「読む」、つまり「数える」という意味だったんですね。

そうなると確かに、惚れて通い詰めているホステスのお姐さんがじっと見つめてくれているのかと思ったら、こちとらの鼻の穴からはみ出た鼻毛の数を数えてただけだなんて、こりゃまったく舐められた話です。

語源は解りませんが、感じは掴める表現になってきました。

これはかつては誰もが知っているような一般的な表現だったのでしょうね。青島幸雄が辞書から見つけ出してきた特殊な表現では多分ないでしょう。
一般人が解らない表現を入れ込んだのでは一般人に理解されない歌詞ができるだけですから、青島幸雄ともあろうものがそんなことをするとは思えません。

そして、この表現が普及版の国語辞典にも載っていたというのが、かつてはある程度一般的な用語だったということの証でしょう。

それが今ではほとんど知る人がいない(とまで書くと大げさか?)表現になり下がってしまいました。言葉はそのようにして廃れて行くのか、と考えると何やら儚い気がします。

そして、と言うか、しかし、と言うか、この文章もそうなのですが、誰かがたまさかこうやって取り上げることによって、言葉はひょっとすると生き返るチャンスを与えられているのです。もっとも私のページでは読者が少なすぎて生き返るチャンスとしては小さすぎますが…。

でも、時々そういう役割ができるのであれば、私は文章を書いている甲斐があるような気がします。ひょっとしたらこの文章がきっかけで、「鼻毛を読まれた」という表現が街中に復活するかもしれない訳ですから。

ホステスさんに鼻毛を読まれながら一途に通い詰める安サラリーマンみたいに、私も言葉に対して一途な態度でいたいなあなどと思っています。

傍から見ると馬鹿だなあと思うのでしょうが、実際鼻毛を読まれている本人はまんざらでもない気分なのかもしれません。特に読まれた鼻毛が5万本に達するともなれば。

人間、そういうおおらかな境地に達すると何ごとかを成し得るような気がします。できるなら、読まれるほどの鼻毛を生やしたいものです。

Copyright©yama-a Sep.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ