サイレント

英語を習い始めて最初に驚いたのは「サイレント」(黙字)でした。

「know の k はサイレントだから読みません」などと先生に軽く言われて、「なんじゃ、そりゃ?」と思いませんでしたか? 私は思いました。

私に言わせると、サイレントだから読まないのではなくて、読まないからサイレントなんですけどね(笑) 書いてあるのに読まない文字があるなんて何だか割に合わない感じがしました。

knight なんて、k と g と h と3つも読まない文字があって、何とも納得が行きません。考えてみれば英語も読まない文字が多いんですよね。

一般的には「サイレント」という分類はされませんが、語末の e も読まないことが非常に多いです。例えば date の e。

我々は(# や $ を子音とすると)#a$e は #ei$ と読み #o$e は #ou$ と読む、つまり子音+二重母音+子音+e の場合は最後の e は読まないと覚えてしまっているので、この e を読んでいないという意識はないのですが、やっぱりこれもサイレントであることに変わりはありません。

苗字の最後に読まない e がついていることも多いです(例えばホークさん Mr. Hawke)。

私はフランス語のことはよく知らないのですが、フランス語も読まない文字があったりして解りにくいです。特に語末の子音を全然読まなかったり、かと思えば次の単語が母音で始まる場合はその子音が復活して直後の母音とリエゾンしたり・・・。

フランス人にとってみたらそれほど難しくないのかもしれませんが、我々日本人には却々馴染みにくい構造です。

それに比べてドイツ語系やスペイン語系などは比較的見た通りに読めるし、綴りによって読み方が1つに固定できたりして、優しい言語に見えます。

我々の日本語の場合は、文字も漢字・ひらがな・カタカナの3種類あるし、読み方も1つに定まらないし、なんともややこしい言語なのだけれど幸か不幸かサイレントだけはないなあ、とついこないだまでは本気で思っていたのですが、それがあるんですよね。

「生命」を「いのち」と読ませたときの「生」、「身体」を「からだ」と読ませたときの「身」がサイレントだなんて言う気はないですよ(笑) それらは成立の過程としては順序が逆で、まず漢字2つによる熟語があって、それに無理やりやまと言葉の読みを充てたら、たまたまその読みと元の1字の読みが同じであったというだけのことです。

今はそういうこじつけを持って来て「日本語にもサイレントがある」と主張しようとしている訳ではありません。そういうのではなく、ちゃんとした例があるんです。でも、それを言う前にもうひとつだけ寄り道。

仕事で知り合った某氏は名前を「清明」と書いて「あきら」と読ませます。奇しくもプロレスラーの前田日明(まえだあきら)と全く同じ構造です。前田日明がどういう言い方をしていたかは知りませんが、彼は他人に説明する時によく「清はサイレントなんですよ」と言ってました。実はそれを聞いて私は、「あ、日本語にもサイレントってあるかも」と気づいたのです。

もちろん名前というのは親が結構自由につけられますので、それをもって日本語にもサイレントがあると言うのは無理があるかもしれません。では、他の例を挙げましょう。そう、これが最初から言いたかった例です。

「和泉」の「和」。これは紛れもないサイレントではないでしょうか? だって、「泉」だけでちゃんと「いずみ」と読めますもん。

それから「大和」の「大」。「和」だけでも「やまと」と読めるんです。だから「大和」(Great Britain ならぬ Great Japan の意ですね)の「大」も意味をつけ加えただけで読みはなし。即ちサイレントです。

で、「和泉」も「大和」もともに畿内の昔の国名であることを考えると、昔はこういうことが結構あったのではないかと思うのです。

「大石内蔵助(おおいしくらのすけ)」「浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)」の「内」もサイレントですよね。「蔵」だけで「くら」、「匠」だけで「たくみ」とちゃんと読めますから。

こうやって無理に探して行くと、まあ、固有名詞系ばかりではあるのですが、日本語にもサイレントはあるのです。

だからどうしたと言われると別にどうもしないのですが、ちょっと意外な事実だと思ったので書いてみました。でも、この程度の指摘であればむしろ口を閉ざしておいたほうが良かったでしょうか?


【追記】

この文章に対して2人の知人からメールをもらいました。

私のサイトにも、(たまに非常に攻撃的なものも含めて)ぱらぱらメールは頂くんですが、それが知人であれ知らない人であれ、1つのエッセイに複数の人からのリアクションがあるのは珍しいことです。

ひとりの方曰く、

和泉は、むかしは「ヮいずみ」だったような気がします。
中高同期の英語づかいは、「サイレントは発音はしないが、たとえば know の場合、一応子音の k を意識した口の形を作ることにしている」と言っていました。

もうひとりの方曰く、

昔(奈良時代?)「今後地名はできるだけ嘉字二字をもって表記するように」という詔勅が出たと読んだことがあります。
英語のいわゆるサイレントの部分は、元々発音していたように感じますね。hotel, herb の h などは現在サイレント化が進行中のようです。

ま、私の知り合いにはこういうことに反応する人が多いということかもしれませんけど、面白いですね。日本語のサイレントの問題って結構深いかも。

私はほとんど何も調べたり裏を取ったりすることなく、思いつきでこの文章を書いたのですが、もっとちゃんと調べてみる甲斐があるかもしれません。

Copyright©yama-a Sep.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ