最近の流行語から

歳を取ると流行語について行けなくなる傾向があります。特にウェブの場合、ウェブの中だけで知らないうちにいろんな言葉が流行ったりします。例えば2ちゃんねる語。

ま、2ちゃん独特の表現であれば、一見訳が分からないようでいながら結構想像がついたりするものです。あそこではミスタイプや誤変換を面白がってそのまま使うケースが多いということさえ知っていれば随分理解できます。例えば「漏れ」は見た瞬間に「俺」のことだと解りましたし、「厨房」という表現に初めて出くわた時にもなんとか想像がつきました。

ひょっとして「厨房」を知らないという人がいるかもしれませんので一応解説しておきますと、「厨房」は「中坊」の誤変換で、中坊は「中学生の坊や」を意味しています。もちろんそのまんま中学生に対する蔑称としても使われますが、むしろ「ガキ」「青二才」の意味で使われることが多いようです。

この手の2ちゃん語は結構多いので、むしろ知らない単語に出会った時に考えるのが楽しくなったりします。調べてみると他にも2ちゃん語を作る上のルールが割合はっきりしているみたいで、つまり2ちゃんなりの文法があるようでとても面白いです。

長くなるので書きませんが、その文法に従って変換すると「まったり」が「またーり」に、「無理っぽい」が「むりぽ」に自動的になるのだそうです。面白いでしょ?

最近では2ちゃん語としょこたん語の境界がなくなってきているとも聞きます。ご存知ですよね、しょこたん(こと中川翔子)?

しょこたんブログは馬鹿に出来ない存在で結構面白いと私は思っています。読んだことがないおじさん・おばさんは一度読んでみてください。意外に嵌りますよ(あれは何年前だったか、私は結構嵌ってしまいましたw)。

で、その中川翔子が使うのがしょこたん語。カワユスが可愛いの意味だったりウレシスが嬉しいの意味だったり、これは読んでいると大体想像がつくので面白いです。ワロス(笑ったの意)もしょこたん語なのかな?

ところが、そういうものばかりではありません。知っていないと絶対に意味が分からない流行語も少なくないのです。

そして、それらが2ちゃんねる内のみで使われる閉じた2ちゃん語や、しょこたんだけが使う閉じたしょこたん語であれば、我々一般市民はそれほど不便は感じないのですが、これらが結構一般のサイトに染み出してきているのです。

例えば、最近よく目にする wktk。2ちゃんではなく一般のサイトで遭遇します。これは「ワクワクテカテカ」を縮めた「ワクテカ」の略らしいんですが、そう聞いてもまだよく解りません。「ワクワク」は良いけど「テカテカ」ってなんじゃ?などと言ってると間違いなく馬鹿にされるでしょうね。

似たような形式のもので gkbr とか ktkr なんてのもあって、これは「ガクガクブルブル」「きた、これ!」なんだそうです。

あと最近急に目にするようになったのがKY(空気読めない)。これも知らないと文字通り読めないです。

他にも kwsk は「(もっと)詳しく(教えてくれ)」だとか、あるいは、表記は仮名になってしまいますが同じような短縮系の言葉では「ツンデレ」(=ツンツンデレデレ)があって、それ以外にも同じ構造をした変形パタンが山ほどあるようです。

でも、これらがインターネットの世界で流通している言葉であるからこそ助かる点もあるのです。ネット上で分からない言葉に出くわした時の定番です:検索窓に「wktkとは」「ツンデレとは」と打ち込んでエンターしてみてください。答えはすぐに得られるはずです。

私が最近知って驚いたのは「ゆとり」を貶し言葉として使うということです。

ゆとりのくせに偉そうに
ゆとりのバカがこんなことしやがって

などと使うのだそうです。

これは今までの発想では解けません。誤変換でも短縮形でもないのです。

「ゆとり」は「ゆとり教育」から来ているそうで、元々は「ゆとり教育」を受けた世代をバカにして使われ始めたようなのです。

一時期政府の肝いりで「ゆとり教育」なるものが学校に持ち込まれましたが、結局そこではゆとりを教え込んだのではなく、何だか解らない「ゆとり」を確保するためにただ単に教育の質も量も削ってしまっただけに終わり、あっと言う間に「ゆとり教育」は放棄されるに至りました。

結局ゆとり教育は子供たちの学力も気力もともに貶めてしまったということになってしまっています。

今はやりつつある「ゆとり」は厳密にその「ゆとり教育」世代に限定するのではなく、次第に一般的な貶し言葉として定着しそうな感じさえあります。

「ゆとり」という言葉を貶し言葉として使おうという発想、そしてそこに至るまでの考え方はあまりぞっとするものではない気もしますが、でも一方でよくぞそういう風に転換したなあと素直に驚く気持ちもあります。

人の心ににゆとりがあるから生まれた言葉なのか、それとも社会のゆとりのなさを象徴する言葉なのか、その辺のことはよく解りません。ただ、考えれば考えるほど、言葉というものはいろんなものを映していて面白いなあと思ってしまいます。


【おまけ】

突然思い出したのですが、しょこたんこと中川翔子の伯母さんにあたる女性が昔ウチの会社に勤めていました。派遣社員だったと思います。

中川翔子のお父さんは(白血病で早くに亡くなってしまいましたが)中川勝彦です。すっごい美形の、今で言うならイケメンの歌手でした。あまりヒットはしませんでしたが、僕はその存在をしっかり憶えていました。

ウチに務めていたのはその中川勝彦のお姉さんで、他のみんなが中川勝彦と聞いてもあやふやだったのに対して、僕がはっきり認識していたことに喜んだのか、あるいは僕がファンだと勘違いしたのか、ともかくある日、彼女は僕に弟さん(つまり中川勝彦)のサイン入りのシングル・レコード(確かザ・タイガースの『花の首飾り』のカバーだったと思う)をくれました。

残念ながら実家が差し押さえられて競売にかけられた時に、取りに行く暇がなくてレコード・ラックごと他人の手に渡ってしまいました。多分処分されちゃったんでしょうね。

しょこたんについて書いていたらなんかそんな記憶がふと甦ってきました。あれから随分時間が経ちました。

そう言えば昔、酒井法子というアイドルがいて、のりピー語なるものを使ってました。あれが今のしょこたん語に当たるんでしょうね。

時代は変わります。どんだけ〜!(笑)


【おまけ2】

下ネタです(嫌いな人は読まないでね)。

先日、『Yahoo!みんなのトピックス』で「マソコまるみえ」という表記に出会いました。多分2ちゃんねるから飛び出してきた表現なんでしょうが、これは面白いなあと随分気に入ってしまいました。

「ン」を「ソ」に書き換える(わざと書き間違える)というのは2ちゃんでかなり一般的な用法で、「スマン」(済まん)を「スマソ」と書くのと同じです。

でも、この場合はそれだけじゃなくて、「アソコ」ともかぶってくるんですね。

偶然とはいえ本当によくできた表現です。これはなかなかのヒットだとは思いませんか? えっ、気に入らない? スマソ。

Copyright©yama-a Oct.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ