ロック

ヘッドロックって知ってます?

そう、プロレスの技。腕で相手の頭をロックしちゃう奴。あれ、日本語で何て言うのですかね?

たいていのプロレスの技には日本名が付いているのにヘッドロックにはないみたいですね。arm lock は腕固め、figure 4 leg lock は4の字固め、という訳でプロレスではロックには大抵「固め」という訳語が宛てられます(もっとも hold も「固め」だったりするんですけど)。

じゃあ、デッドロックは知ってます?

え? それは話が違うだろうって? 綺麗な韻は踏んでいるけど違うぞって?

「デッドロックに乗り上げた」って言うじゃないですか。日本語で言う「暗礁に乗り上げた」って奴ですかい? だから、デッドロックは海の底から盛り上がった岩ですよ。

あ、解った。ここからいつもの発音の話に行くんですね。今回はLとRですか。 日本語にはこの2つの発音が同じだから区別がつかない。欧米人ならヘッドロックのロックとデッドロックのロックが別物であることは一耳瞭然。前者はL、後者はRです。

──と、ここまで読んで納得した人、手を挙げて。

──ダメですよ、こんなのに納得してちゃ。

デッドロックのロックは lock です。「死んだ岩」ではありません。では何か?

「死んだ鍵」です。日本語では差し込むほうも差し込まれるほうも同様に「鍵」と言ったりしますが、lock は言うなれば差し込まれるほう。つまり、錠前。あるいはドアや蓋などに施錠するシステム全体のことを言うと考えたほうが良いかもしれません。

で、このシステムが死んでるんです。押しても引いてもドアは開きません。

あるいは壊れた錠前に鍵を差し込んだところを想像してください。回りもしないし、下手すると抜けなくなってにっちもさっちも行きません。それがデッドロックなんです。

たまたま日本語に「暗礁に乗り上げる」というよく似た表現があったために、我々はあまり疑うこともなくロック=rock であると思いこんでしまったんですね。

ところで、上で「死んだ鍵」と書きました。まあ、それでも通じないことはないですが、学校英語的に正しい日本語にすると dead は何でしょう?

──そう、「ぶっ壊れた」「故障した」です。

昔、何の映画だったか思い出せないのですが、ハリウッドのホラー・コメディで確かゾンビが出てくる映画がありました。その中で主人公たちはゾンビに追われてある部屋に逃げ込みます。

登場人物のひとりが電話を見つけて110番(アメリカでは911番)に掛けようとします。ところが、受話器を耳に当てて"Shit, it's dead !"(故障してる)とかなんとか言うのですが、傍にいた女性の登場人物が真剣に怖がって「その単語を使わないで!」というシーンがありました。

つまりゾンビが死んでいるのと電話が壊れているのを掛けたおもしろいやり取りで、字幕のほうもかなり巧い「こなし」をしていた記憶があるのですが、もうどういう訳であったか忘れてしまいました。

で、脱線してしまいましたが、デッドロックのデッドはその「壊れた」の意味ですので、つまりデッドロックは壊れた鍵(錠前)ということになります。

しかし、不思議なもので、日本語で壊れた鍵と言うとあまり深刻な感じがしませんね。

壊れた鍵と言った場合考えられるケースは2つあって、ひとつはドアが開いた状態で壊れた鍵──つまり鍵が掛からなくてドアは開いたまんま。不用心で間抜けです。もうひとつは閉まった状態で鍵が壊れた状態。どうやらデッドロックはこちらの状態のようです。

どうですか? これで理解できたでしょ? だから、デッドロックは dead rock ではなくて、dead lock と書きます。

──と、ここまで読んで憶えた人、手を挙げて。

──ダメですよ、こんなの憶えちゃ。

実はデッドロックは1単語で deadlock と書きます。

これでもうこの英語表現に関してはデッドロックに乗り上げなくて済むでしょう。

Copyright©yama-a Oct.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ