洒落たバンド名

今回の原稿はこのコーナーに上げるかそれとも音楽のエッセイ「キーを叩く」に載せるか、ちょっとだけ迷いました。洒落たバンド名の話です。

以前「洒落たグループ名」というタイトルで書いたのですが、ちょっと書き洩らしたグループもあって今度はバンド名、それも日本のグループに絞って書いてみたくなったのです。

ちょっと前回取り上げたバンド名の復習をしてみますと、

  1. 単数形の(可算名詞の複数形ではない)バンド名:The Who, Creedence Clearwater Revival, Grand Funk Railroad
  2. 文章になったバンド名:Frankie Goes To Hollywood, Dreams Come True, nobodyknows+
  3. 漢数字を含む日本語のバンド名:五つの赤い風船、六文銭
  4. 英語っぽく見える日本語のバンド名:フォージョーハーフ、ザ・リガニーズ
  5. センス抜群のネーミング:CHEMISTRY, Mr. Children

バンド名の歴史を紐解いてみると、最初は日本でもやはり英単語の複数形というのが一般的で、その時代がかなり長く続いたように思います。

1967〜68年がピークだったグループ・サウンズのバンド名を見渡してみても、ほとんどが名詞の複数形です。

ザ・タイガースとかザ・ジャガーズとか…。なんで虎とか豹なんでしょうね? あんまり必然性がなくて、ただ何となくカッコよさげだからつけただけみたいな感じ。ま、タイガースみたいに関西出身だから阪神タイガースから取った、みたいな極めていい加減な名前も多かったみたいです。

スパイダースは「蜘蛛の巣を張り巡らすように世界に進出する」という意味を込めたとどこかで読んだ(リーダーの田辺昭知によるネーミングだったか)記憶があるのですが、さすがに自主性の強いバンドは筋が通った名前を付けるもんです。これでメンバーが蜘蛛の足の数同様8人だったらもっと粋だったと思うのですが…。

他にはザ・テンプターズのような -ers (〜する人たち)系やザ・サベージのうような the + 形容詞(〜な人たち)、あるいはブルー・コメッツとかヴィレッジ・シンガーズとかパープル・シャドウズとかワイルド・ワンズのような2語タイプになって行きますが、この中では加山雄三が名付け親だというワイルド・ワンズのセンスが良いように思います。

フォーク系では上に挙げたフォージョーハーフやザ・リガニーズのような遊びがあった訳ですが、私はこの系統ではザ・ラニアルズが秀逸だったと思います。ほとんど何のヒットもなく消えてしまったバンドですが、このバンド名が「ざらにある」という日本語から来ているとはなかなか判らないのではないでしょうか?

あと、似た系統ではハンダースっつうのもありました。これはもともとメンバーが6人だったころからつけられたようです。え? ここではバンド名に限定してたんじゃなかったかって? そうですよ。ハンダースには『ハンダースの思い出の渚』という30万枚のヒットがあります。

さて、日本のフォーク系のグループ名を語る上で絶対に外せないのがソルティ・シュガーではないでしょうか?

良く知られた話ですが、これはメンバーの佐藤敏夫から来ています。
佐藤敏夫→砂糖と塩→ Salty Sugar

砂糖と塩から Sugar & Salt あるいは Salt & Sugar に行かずに Salty Sugar に落ち着けたところが大変偉いなあと感心してしまいました。そして、気がついてみればこれもまた「可算名詞の複数形」という固定観念から離れたネーミングです。

単数形のネーミングは年々増えてきているように思いますが、やっぱり時々しっくり行かないものがあるように私は思います。

かつて気になったのはピンクレディ。これは都倉俊一が「上品なお色気」という意味を込めてカクテルの名前から取ったという話ですが、どうも私には馴染めない名前でした。

単に単数形だからというだけじゃないんですね。かつてのプロ野球チーム・オリックスは「皆がバラバラになってはいけない。全員で1つの波に」というこじつけからブルーウェーブという単数形の名前を付けましたが、これにそれほど違和感がないのは波が無生物だからではないでしょうか?

女性2人のグループ名がピンクレディという女性1人を表す言葉であるところにどうしようもない抵抗を感じたのですが、果してそういう人は私だけだったんでしょうか?

あと単数形で思い出したのはフィンガー5。これは普通の語順なら five fingers、少し洒落ても fingers five だと思うのですが、なんで s 落としちゃったんでしょう? せっかくFで頭韻踏んだのに台無しです。

当時確かデーヴ・スペクターが「これは5人の女の子に指でタッチしちゃったという意味ですか」と揶揄してたのを思い出します。外人にバカにされそうな和製英語も考えものです。

ま、最近では1人のくせにバンド名みたいな芸名?(ユニット名?)がついていたり、どっちが曲名でどっちがバンド名か分からなかったりで、聴くほうも非常に苦労するのですが、やっぱり良く考えたバンド名はそれなりに感慨深いものです。

前に書いたことの繰り返しになりますが CHEMISTRY と Mr. Children はやっぱり良い名前だなあと思います。他にはすちゃらかとスーダラを合成して作ったスチャダラパーとか、見事に頭韻を踏んだ KICK THE CAN CREW とか、ラップをやってる連中さすがに普段から言葉を武器にしているだけにそれなりで、非常に好感を覚えます。

バンド名ひとつとってみても拘りだしたらキリがないとも言えるし、拘り甲斐があるとも言えます。

考えに考えた見事な名前のバンドが次々にでてくることを私は望んでやみません。名前だけでもこれだけ楽しめる訳ですから。

Copyright©yama-a Nov.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ