後悔

スポーツ選手や芸能人をはじめ、素人を含むいろんな人のインタビューを聞いていると「後悔したくなかったから」とか「後悔はしてません」とかいう表現が随分耳につくように思います。そんなことが気になっているのは私だけかもしれませんが。

後悔するのは嫌だったから一生懸命練習した、とか、結果は悪かったけど一生懸命やったことなので後悔してません、とか、どいつもこいつもどーしてそんなに後悔するのが嫌なのか?と私は驚いていまうのです。

なんか後悔するということを妙に、極端に恐れているような雰囲気さえあります。不思議です。

後悔って、そんなにネガティブなもんなんでしょうか? 私はそうは思いません。

完璧な人間はいません。人は何かにつけて失敗します。途中経過から結果まで全面的に大失敗というようなものでなくても、いろいろ振り返ってみると、小さなことで、ある一部分で、表には出てこないところで、「ああ、こうすれば良かったのに」と思うようなことがあって当然ではないでしょうか?

だから私は「一挙手一投足に後悔がある」と考えています。後悔せずに終わるなんて不可能なことだ、と。もし、振り返ってみて後悔がないとしたら、それはむしろ考えが足りないのではないだろうか?──そんな風に考えています。

つまり私が言いたいのは、

後悔すりゃあいいじゃん。
さあ、みんながひとりひとりちゃんと後悔しようよ。
その後悔があるからこそ次の進歩があるんだよ。

ということなんです。

結果が一見成功だったから後悔はない、なんてことじゃいけないんじゃないかな?
謙虚に熟考してみれば必ず後悔すべき点があるはずなんじゃないかな?
そんな風に思うのです。

──それは後悔じゃなくて反省じゃないの?という意見もおありかと。確かに反省でも良いです。でも、「反省すべき点はあるけど自らこの方策を選んだことについての後悔はない」みたいな、妙に知に働いたものの言い方は、私はどうも好きになれないんです。

人はあらゆることに関して、もっと頭を垂れて悔い改めるべきなのではないでしょうか?
その真剣さが次の改善を作り上げるのではないでしょうか?

で、何やっても後悔の念は起こってしかるべきであるということは、逆に言うといちいち後悔を恐れていても仕方がないということです。いろんな人がインタビューに答えてやたらと「後悔がない」と強調するのは、自分にそう言い聞かすことによって、後悔を恐れて尻ごみする自分を後押ししているのではないかとも思えます。

まあ、それもひとつの生き方ではありますが、ちょっと嘘ついた感があるのが難点かな。私は、後悔すりゃいいじゃん、当たり前ですよ後悔してますよ、てな感じで乗り切っていきたいと思っています。

でも、それは後悔なんて屁とも思っていないというようなことじゃなくて、そういうことでは本当にダメで、一旦ことが終わると万遍なく真摯に振り返って、時には絶望的に後悔するのが本来あるべき姿なのだと思っています。

ただ、毎回毎回そんな絶望的に後悔していると、生きて行く上での支障になってしまいます。だから、毎回後悔はあるんだけれど、今回はまいっか、みたいに流して進んで行くこともアリだと思うんです。

いい加減というか勝手というか、そういう非難を浴びるかもしれませんが、深く反省するときは反省する、流すときは流すというメリハリを正しくつけて行くことが一番大事なのだと思うのです。

それは決して「後悔してない」と言い切ることではないと思います。大事なのは「後悔はないか」とちゃんと振り返ってみること。振り返れば多分あるでしょう。

いやいや、ないよ、後悔なんて全然ない──そういう脳天気な感覚も生きて行く上で類稀なる才能であることは認めますが、残念ながら私流の生き方ではありません。

私は、はい、ありますよ、後悔。いろいろと、あれもこれも。でも、そんなに大きな後悔はない。うん、今回は、ま、こんな感じでいいんじゃないでしょうか。はい、次はもうちょっとうまくできると思いますよ。いや、次も失敗するかもしれませんけど、うん、あんまり構えずにやりますよ──てな感じで行きたいんです。

基本的に後悔に対して身軽でありたい。で、時にはホントに回復不能なのではないかというくらい真剣に後悔して真剣に悩みたい。

決して後悔していないなんて強弁しない。後悔したくないなんて構えない。ちゃんと後悔できる男でありたいなあなんて思う今日この頃なのであります。

Copyright©yama-a Nov.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ