四当五落 〜受験生の読者に捧ぐ

12月に入り、そろそろ受験生は追い込みの時期なんでしょうか?

ところで、もう随分昔の話で恐縮なんですが、私が大学受験の時にものすごく頭にきた表現がありました。それが「四当五落」です。今はもうそんなこと言わないんでしょうかね?

今となってはご存じない人も多いかもしれないので、その意味するところを書いておくと、それは受験生の睡眠時間に関する「標語」で、「1日の睡眠時間が4時間だったら合格するが、5時間だったら落ちる」という意味でした。

私はこの言葉を聞いて猛烈な反発を覚えました。大学受験の合否を受験生の睡眠時間で測ろうとする非合理が許せないと思いました。

勉強時間の長短で言うのならまだしも、それを睡眠時間の長短に帰してしまうなんて土台お門違いな発想じゃありませんか?

勉強は時間で測れるものではありません。そこには密度の濃い勉強と薄い勉強があります。要領の良い勉強と悪い勉強があります。だから同じ1時間の勉強でも、その日その時によって随分効果が異なるのです。

だから、何時間の勉強ならどうだという測り方自体が全くの誤りなのに、それに輪を掛けて1日24時間から生活時間と勉強時間を引いた残りの睡眠時間の長短で合否を判定しようなんてのは愚の骨頂です。また、仮に睡眠の多寡で測ることが正しいとしても、睡眠そのものに深い浅いがあるので、単純に時間では比較できないはずです。

しかも、以上のようなことを全部取っぱらって大目に見たとしても、A大学だったら四当五落だけどB大学だったら八当九落だとか、P君にとっては七当八落だけどQ君にとっては六当七落だとか、そういう格差が必ずあるはずです。

それを十把一からげにして「四当五落」という一語で斬り捨ててしまおうという浅はかさと乱暴さに強い憤りを感じました。

この表現を考えついた人は単に「受験生は大変だ」ということをこの四字熟語で代表したかっただけのかもしれません。しかし、受験生1人ひとりに個別の事情があるのにその差異を消し去ってしまう荒っぽさに対して、当の受験生としては「俺をバカにしてるのか!?」と怒鳴らずにいられない気分でした。

で、頭に来た私(=受験生)はこう考えました──充分な睡眠が集約的で効率的な頭脳活動の源泉であるはずだ。だから、まず睡眠時間を確保しよう。

実はこういう考え方は私の人生の基本とも言える考え方です。

  1. 誰かが言ったこと、考えたことの逆を行ってみよう
  2. 後先を考えずにがむしゃらにやるのではなく常に余力を残して堅実に進もう

私はまず「1日睡眠7時間」という目標を立てました。それはある意味では「何が四当五落だ。七当八落を見せてやろうじゃないか」という妙な気負いも含んでいました。

ひょっとすると最後の追い込みの頃には6時間台の睡眠時間になっていたかもしれませんが、決して5時間台には落ちないような睡眠時間を、(浪人したので)2年間という長い受験時代を通じて私は維持し、そして(一浪したとは言え)第一志望の大学に合格したのでした。


大学に入ってからゼミの担当教官に「君はスタイリストだ」と言われたことがあります。私は初め意味がよく掴めなくて、ひょっとしたら「君はカッコいい」と褒められているのかと思ったら、それは非難の言葉でした。

先生曰く、「君は自分のスタイルに拘ってばかりで、自分の実力を100%出し切ろうとしない」。つまり「カッコばかり気にして手を抜いている」というひどい批評でした。

今から思えば、それは半分は意味のあるアドバイスです(当時は全く理解できなくて、「何を言うとるんじゃ、この的外れな先公は」と思ってましたが)。

確かに、人間、自分らしさなどに拘っていられないところまで一度は追い込まれてみるべきです。そんな試練に打ち勝つことによって自分の実力が引き出され、その実力が伸びて行くということがあるのです。そのことは会社に入ってから経験しました。

だから、この先生の言葉を今でも半分ありがたいと思っています。でも、それはあくまで半分だけです。

私はあくまで自分のスタイルに拘りたいし、それはどこにでもあるスタイルにしたくないです。そして、私のスタイルが他人と異なっているところに意味があるのであって、もっと敷衍すると人と人が異なっていることがある時は社会を円滑に動かす潤滑油となり、またある時は社会を突き動かすパワーそのものになるのだと思っています。

だから、あの時、「四当五落」という表現に反発してまず睡眠時間を確保することから始めようとしたのはちっとも間違ってはいなかったといまだに思うのです。その試みを「がむしゃらにやらない」と非難する人が出てきても、私は全く聞く耳を持ちません。

「がむしゃら」も結構。でも、若いうちは「拘る」ということにも大変意味があるのではないかなと思うのです。

ずいぶんと拘ってきました。そして、一方で(会社に入ってからは)自分らしさを完全に踏みにじられて、その中でもがき苦しみ、望むと望まざるとに関わらずがむしゃらになってしまった時期もありました。

自分で言うのもなんですが、今では双方のバランスが取れてきて良い感じだなあと思うのです。

そして、そうなった今振り返っても「四当五落」というのは、やはり本当にばかばかしい世迷い言でしかなかったと思います。

受験生の皆さんがそんな愚かな標語に惑わされないことを、そしてこの文章の読者全員の合格を祈ります。

Copyright©yama-a Dec.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ