セットアッパー

いやはや、全く理屈通りに行かないのが言葉という奴で、私はまさにこのHPでそんなことを繰り返し繰り返し書いているわけですが、今回またちょっと知らなかったことにぶち当たって驚きました。

何かと言えば、プロ野球選手の岡島が米国大リーグの「最優秀セットアッパー」に選ばれたという記事を眼にしたのが発端でした。

日本では中継ぎ投手のことをセットアッパーなどと称しているのですが、果たして本国アメリカでもこんな言い方するのかな?というのが私のここ何年かの疑問だったわけです。

それでこれを機会に米国での報道記事を検索してみると、やっぱり top Setup man of '07 などという見出しになっています。セットアッパーではなくセットアップ・マンなんですよね。

そりゃそうでしょうよ。確かに -er をつけると「・・・する人」という名詞ができると中学校で習いましたが、-er をつける相手は動詞でなければなりません。set up は全体としては動詞句ですが1つずつ見ると動詞+副詞です。副詞に -er つけてどーすんのよ。

そもそも日本人は昔から何にでも -er をつける癖があって、これも野球用語ですが night game のことをナイターなどと称して、後にその表現が本場米国に逆輸入されたとも聞きます。でも、一般的な表現としてはいまだに night game ですよね。なんでもかんでも -er つけりゃ良いってもんじゃないですよね。

以前「ゲットバッカーズ」という漫画/アニメがあって、これを知ったときも私は「あーあ、こんな恥ずかしい和製英語のタイトルつけちゃって」と嘆いたもんです。これも構造はセットアッパーと同じく動詞+副詞に -er をつけちゃった例なんですよね。

メイクアップする人のことはメイクアップ・アーティストなどとは言ってもメイクアッパーとは言いませんよね。それと同じです。setup 専門のピッチャーのことは setup man と言うのです。

ちなみに setup は1単語です。それから、こういうケースで英語では往々にして best ではなく top を用います。

──と、ここまでは我が意を得たり、という話です。

ところが少し気になって調べてみたら、あるんですよね。副詞に -er のついちゃった英語表現が。しかも結構たくさん。

まず同じ野球用語でピッチャー返しのゴロのことを come-backer と言うそうです。うむ、これは構造としてはゲットバッカーズと全く同じじゃないですか。

そしてこんなのもありました。

さらに・・・

ん? なんじゃ、そりゃ? 副詞の up に -er がついているだけではなく、その前の動詞の give にもダブってついている。それって文法的にどーよ?

しかも、このパタンがいくつもあって、

等々。

ほんで、さらに検索してたら、あちゃー、とうとう見つけちゃいました。

ありゃりゃ、アリなんですね、こういうの。

で、ついでに upper があるなら downer もあるかと思ったら案の定

じゃ、outer は?

ぐ。結構なんでもアリなんですね。うーむ、この件については完全に give-up です。

ちなみに、この give-up は「お手上げ、断念」。動詞句が名詞化したものです。無料サンプル[景品]のことを giveaway と言うのと同じですね。

──などと、いつまでも懲りずに論理的説明を加えようとするあたり、私は non-giver-upper (すぐにあきらめない人)だと言えるのではないでしょうか?

Copyright©yama-a Dec.2007mark

目次へ 次号へ 前号へ