しっくり来ないしっかり

昨年公開された映画『クローズド・ノート』にこんなシーンがありました。

まず、主人公の沢尻エリカの「へえ、『しっかり』は漢字では『確り』と書くんだ」という独白があります。そして、そのあと割合すぐのシーンで、彼女が引っ越した先のマンションで前の住人(竹内結子)の日記を発見して、なんとはなしにページを繰っていたら「確り」と書いてあるのを見つけて感心してしまいます。

私はこのシーンに違和感を覚えました。そう、「確り」がしっくり来ない。

この映画では竹内結子は小学校の先生で、沢尻エリカは同じく教師を目指している学生で、その沢尻の目からすれば「さすがに先生だけあって漢字をよく知っている」と思った、ということを表現したかったのでしょうが、果たしてこれが適切な例なんでしょうかね?

むしろ漢字を使いなれている人はこういう漢字の使い方をしない気がしたのです。

疑義のポイントは2つ。

  1. 今どき「確り」なんて書く人がいるか?(明治の文豪じゃあるまいし)
  2. 「確り」のような表記は推奨すべきものなんだろうか?

1)の点についてはあまり説明も要らないと思います。逆に今「確り」と書いてあったらちゃんと読める人がどれくらいいるか考えてみればもっと説得力があるでしょう。読めもしない字を書く奴はいません。

そう、昔は読めもしない字を書く奴はいなかったのです。と言うか、書けなかったのです。読めもしない字をどうして書くことができましょうか?

ところが、ワープロの普及によって読めもしない字を書くことができるようになってしまいました。「しっかり」を「確り」と書くなんて知らなかったのに、変換キーを押しているうちに書けてしまった──案外この原作小説の作家もそんなところだったのではないでしょうか?

大きな時代の流れを見ると、副詞や接続詞は仮名書きにすることが多くなっているように思います。特に読みにくい(何が「読みにくい」か定義するのは難しいのですが)漢字を用いた副詞や接続詞はどんどん仮名書きになっているように思います。例えば、

その辺りのことを考えると、「確り」という表記も同様に時代に逆行しているように思えます。いや、時代に逆行してるからと言ってそれだけで推奨すべきでないなどと言う気はありませんが、これをわざわざ漢字で書く必要があるのかなあという気がするのです。

こういう単語を逐一漢字で書いて行くとそれこそ明治時代の法律みたいな表記になってしまわないでしょうか?

そして、私の違和感が強い原因のひとつは「確」という漢字の訓読みは「たし(か)」だというイメージが非常に強いという点にあります。

例えば「行」なら「ゆ(く)」と「おこな(う)」の2つの読みが頭に浮かびます。「冷」なら「ひ(える)」と「つめ(たい)」が浮かびます。このように2つの読みの読まれる頻度が拮抗している場合は良いのです。読者は容易にどの読みが適当なのかを判断するでしょう。

でも「確」のような場合、これが訓読みすべきだと判った途端、読者の頭に浮かぶのは「たしか」以外にありえないでしょう。それが「か」ではなく「り」という送り仮名が添えてあると、それだけで読者は混乱してしまいます。

これは「強か」なんかでも同じです。「強」という字を見るとどうしても「つよい」という読みが浮かぶでしょう? ところが送り仮名は「い」でも「く」でもなく「か」なんです。なんじゃこりゃ?

それを考えると、私はやっぱり「しっかり」「したたか」と書くべきだと思うのです。それが読者に対する親切な書き方です。もちろん書き手の意識に「ここはひらがなではなく漢字のほうがしっくり来るなあ」と思うケースもあるでしょう。そういう場合はルビを振っておくのも1つの手なんでしょうね。

ものを書く上で「読者に対して親切に」という意識は大変重要なものだと思います。それはたとえ日記であっても同じです。日記であっても読者を想定して書かれていることに違いはないのですから。

漢字にするか仮名にするか、文章を書いていると迷うことは結構あります。そこには自分の感じ方や趣味や主義などいろんな要素が影響しているのですが、それに加えて「読者に対して親切に」という意識も必要なのではないかと、私は普段から思っています。

それでいつも迷うのが「手紙を認める」という表記です。これは送り仮名が同じであるために「みとめる」と読まれてしまう危険性が高いんですよね。でも、平仮名で書くとなんとなく間抜けな感じがします。

読者の皆さん、どうでしょうか?
皆さんはこれを「したためる」と読んでくださるのでしょうか?

文章ひとつ書くにしても、自分と他人の折り合いをつけることは結構難しいことだなあと気がつき始めた今日この頃です。

いろいろ考えてしっかり書いて行きたいものです。

Copyright©yama-a Jan.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ