我が心中のハード/ソフト論争

最近つくづく思うのですが、soft という単語は日本人にはなかなかハードな単語です。

子供時代の私にとって soft という単語はソフトクリームという単語の一部として馴染みのあるものでした。当然それが「柔らかい」という意味だということも早くから知ってました。

私を最初に惑わせた soft はソフトドリンクでした。
「液体に硬いも柔らかいもあるのか?」子供ながらそんな疑問を覚えました。

そうではなくて、清涼飲料だということは習って覚えました。でも、覚えはしたものの納得はできません。

当時私が知っていた代表的な清涼飲料はコカ・コーラでした(余談ですが、父が新しもの好きであったために、我が家は近隣住民の中でいち早くコーラを飲み始めた家族でした。我が家の勝手口に置いてあったコーラのケースを中学生が盗もうとするという事件もありました)。ところが、ソフトドリンクなどと言われるとなんだか昨日から放りっぱなしにしておいた気の抜けたコーラのような印象があるじゃないですか?

コーラのシュワッと弾ける感じは全然ソフトではありません。むしろ鋭い感じ(そう、soft は sharp の対義語でもあるんですよね、たとえば focus に関して)。

アルコールが入っていないことを指して soft と言っているというところまでは理解できても、当時は当然アルコール飲料なんて飲んだこともないので、比較検証さえできません。

大人になってから比較検証してみても今イチよく解りませんでした。ただ、下戸の私にとってアルコール飲料が hard to drink であることだけは実感しました。逆に清涼飲料が soft であるという実感は今もってありません。

ところで、また話は逸れますが、じゃあ、アルコール飲料のことは hard drink と言うのかと言えば、言うみたいです。よく使われるかどうかは別として一応辞書には載っています。ほんで、日本ではコーヒーもウーロン茶もソフトドリンクに含まれますが、アメリカの辞書には

usually carbonated

と書いてあって、つまり通常は炭酸飲料を指すみたいです。

もうひとつ。飲料でハード/ソフトと言えば含有するミネラルの量によって「硬水/軟水」という区別もあります。これは英語でもそのまま hard/soft という単語を用いるようです。手許の辞書では19番目の意味としてこんな風に書かれています。

(of water) relatively free from mineral salts that interfere with the action of soap

これ読んでびっくりしたのは、「石鹸の働きを阻害するので洗濯用には向いていないのが硬水」だったんですね。例えばコントレックスのような、「ミネラル分が多くて初めは飲みにくいけど慣れると結構病みつきになる、でも、これを使ってコーヒーやジュースを作るには向いていない天然水が硬水」という意識しかなかったのですが・・・。閑話休題。

人生2番目に私を惑わせた soft は1971年の Roberta Flack による No.1 ヒット"Killing Me Softly with his song"でした。

これはまあ、詩ですから、そこには形容矛盾の表現もアリなわけで、無粋にとやかく言うつもりは当時もなかったし今もありません。ただ、「すごいなあ、この表現」といたく感心したのでした。「これ、訳せないよなあ」という感じでした。

案の定、この歌の邦題は『やさしく歌って』という凡庸な日本語でした。kill と softly の鮮烈な組合せを日本語にすることができなかったんですね。

そして、人生3番目と4番目に私を惑わせた soft はソフトコアとソフトウェアでした(どちらが先であったか記憶が定かではないのですが多分この順番のはずです)。

これらの場合、難しいのは必ずしも soft ではなく、core や ware であるとも言えるのですが。

女性の方にはあまり馴染みのない表現かもしれませんが、hard-core, soft-core というのはアメリカから入ってきたポルノ用語で(入って来たのは何年ごろでしたかね?)、当然ハードコアのほうが凄くて、女性が一人でポーズを取っていたり男女が振りをしているだけのものがソフトコアと呼ばれるのに対し、ハードコアはそのものズバリを指してました。

なんで「芯が硬い」とそのものズバリなのか、解らんような解ったような、これは未だにそのまんまです。まあ、その微妙な含蓄がこの用語に相応しいと言えばそんな気もするので、私の場合それ以上追究することもなしに現在に至っています。

それから、コンピュータ時代の到来とともに現れた software, hardware という言い方。ware ってアレですよね、陶磁器のことを chinaware って言うアレ。特に明確な意味はなくて同一種類や同一産地を表す複合語を作るための接尾語。

ほんで、機械類は確かに硬い金属でできていることが多いのでハードウェアと言われるのも頷けます。そうすると、その対義語として software が出てきたことも理解できます。でも、そうは言いながら形や実態を持たないものが soft っちゅうのもなあと思ってしまうのも確かです。

そして最近ではハードともソフトとも言いきれなくて middleware などと呼ばれるものも出てきました。

こうやって並べてみるとソフトってすごく意味が広い単語だなあと思いません?

英英辞書を引いてみてください。辞書にもよりますが20〜40の意味が載っているはずです。 そのくせ我々の頭の中では「ソフト=柔らかい」という1対1の対応がこびりついているので理解の妨げになったりするのです。

そして、時代とともに新しい「ソフト」が登場しているという点も面白いなあと思います。

昔は「ソフト屋さん」と言えば間違いなく自転車でソフトクリームを売っているおじさんでしたが、今では多くの人がアプリケーション関連の会社を思い浮かべるでしょう。

日本では software のことをソフトと略してしまうのでややこしくなるんですね。こういう多様な「ソフト」を瞬時に判別してくれるようなソフトウェアを誰か作ってくれないかなと思うのですが、それは決して soft job ではないでしょう。

Copyright©yama-a Jan.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ