子はかすがい

道行く人に熟語が書いてあるフリップを見せて「この言葉の意味解りますか?」と訊く──テレビ、特にワイドショー系の番組が好んで採る手法です。

正解を答えさせたいわけではないのです。もちろん正解は出ます。正解が出るところも絶対にカメラに収めて帰らなければなりません。でも、正解が出るところは面白くない。彼らがほしいのは見て笑える不正解なのです。

私が大学を卒業して放送局に就職する遙か前のことですからもう何十年も昔のことなのですが、すでにその頃からテレビはそういう手法を常套的に使っていたようで、そんな番組を見た記憶があります。その時の答えがあまりに秀逸だったのでいつまでも記憶に残っているのです。

問いはこうでした──「子はかすがい」という諺の意味解りますか?

街頭ではなくスタジオに一般人を呼びこんで訊くスタイルでした。さすがに当時はきれいなフリップは用意されておらず、手書きのフリップであったか、あるいは何もなしで口頭で訊いたのかもしれません。その辺の記憶ははっきりしないのですが、その後の展開を考えると字に書いてはいなかったのではないかと思います。

彼──訊かれた大学生はこう答えました。

子どもというものは、小さい頃はカスみたいな奴でも、大きくなってみるとそういう奴のほうがいい奴だったりする。

どうですか? 仰天、と言うより噴飯ものの答えでしょ?

かれは鎹(かすがい)というものを知らなかったのです。

ちなみに私は、幼少の砌に、増築工事中の我が家の現場で父から「あれがかすがいだ」と教わった覚えがあります(「かすがい」だけではなく、「はり」とか「すじかい」とかいろんな言葉を教わったと思います)。

で、「かすがい」を知らないもんだから「子はかすがい」を「子はカスが良い」に読み替えたんですね。こういうのこそがテレビ局が求める笑える解答なのです。

しかし、今考えると、咄嗟に答えたとすればこれは少しできすぎで、実は所謂「仕込み」だったのではないかという気もします。

さて、そのときの私は「あほちゃうか」などと独りごとを言いながら少し笑っただけで終わってしまったのですが、最近なんだか時々この答えを思い出すことがあるのです。
遙かに思い出して深く反芻してみるのです。

確かにそうかもしれない。子どもはカスのほうが良いのかもしれない。そういう子どものほうが往々にして痛みを知っている。挫折を超えてきている。つまらない存在に見えても、長ずれば見るべきところがある。

いや、子どもだけではない。大人だってそうだ。大人だってカスのほうが良い場合がある。彼らは「もののあはれ」を理解できる存在だ。他人に優しくなれる人たちだ。ひょっとしたら失敗からすでに何かを学び取った可能性のある人たちだ。

そういう意味合いを私は深く胸に吸い込んで味わってみるのです。

本来の意味の「子はかすがい」は存外つまらない意味の諺です。これを読み間違えた大学生の迷答のほうがよほど心に沁みる警句になっているとは思いませんか?

大人になった私は、部下を持つようになった私は、ときどきこれを思い出して、口の中でモグモグ唱えてみます──

子はかすがいい。
部下はかすがいい。
上司だってかすがいい。
そもそも人はかすがいい。

Copyright©yama-a Feb.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ