らしい

今頃になって気づくのも間抜けな話ですが、最近気づいたことがあります。

人が「人間らしい」という表現を用いる時、どうやらそれは2通りの意味に使われるということ。そして、ひとりの人間がその2つの意味を使い分けているのではなく、人によってそのどちらかの意味だけで使っていることが多いということ。

ひとつは「獣ではなく人間らしい」──そう、私が使う場合は大抵この意味です。「本能任せではなく理性的」──それが私の意味する「人間らしい」なのです。

ところが世の中にはこれと全く違う意味で「人間らしい」を使う人がいます。「機械ではなく人間らしい」。つまり「杓子定規ではなく柔軟。ルールに縛られず、ある意味いい加減」。

コンテクストにもよりますが、場合によってはほとんど正反対の意味になりますよね。

これだから「〜らしい」なんて表現を使っているのが馬鹿らしくなって来ます。らしいからしくないかを決めるのは話者の主観でしかないのです。

思えば私の人生に最初に立ちはだかった「〜らしい」は「中学生らしい」でした。

「中学生らしい髪型、中学生らしい服装、中学生らしい生活態度」──そういう言葉で私たちは長髪を禁じられ、服装を規制され、行動を型に嵌められそうになりました。

中学生ひとりひとりが自ら信じるところの中学生らしさを体現してそれが最大限尊重されるという訳ではないのです。中学生らしさは教師やPTAが決めるのであって本人の考えは黙殺されるのです。

結果、みんな同じ髪型、同じ服装になります。それが中学生らしいことなのでしょうか?

まずもってみんな同じになってしまうことがつまらない。仮にそれが中学生らしいことであるとしても、ひとりひとりの中学生たちは中学生らしくなる前に自分らしくあるべきだと思うのです。

みんな同じ型に押し込めておくのはそのほうが管理しやすいからであり、管理するための詭弁に過ぎません。私は当時、長髪にしたいとか崩した制服の着方をしたいのにそれが禁じられていることよりも、その欺瞞性が許せませんでした。

学校側はこう言えば良かったのです──「学校側が生徒を管理する都合から、この学校では全員こういう髪型でこういう服装にしてもらう」──そのほうがよほど説得力がありますし、受けとめるほうも諦めがついたでしょう。

ひとりひとりが「らしい」って何か考えること、それが大切だと思います。その結果は多分人によって「らしい」が食い違って、みんなバラバラになってしまうでしょう。けれど、それで良いのです。とりあえずバラバラなのが健全な世の中である証拠です。バラバラなひとりひとりが協調してやって行けるかどうかは次の次元の問題です。

そういう考え方、生き方こそが人間らしい生き方だと思うのですが、如何でしょうか?

Copyright©yama-a Mar.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ