文化が違うと覚え方も違う

世の中には自分とは全く違う文化を生きている人がいるんだなあ、という感覚ありませんか? 私は小学校の時から時々そういう感覚に見舞われてました。

そういうのって、大抵は女子なんですよね。もちろん私が男子だからそうなんですけど。

自分とはちょっと違う言葉遣いであったり話題であったり、傍で見ていてちっとも面白くない遊びに興じ、傍で聞いていてちっとも面白くない話に大笑いしてる。

ははあ、多分、この子は僕とは何かが違う人間なんだ…、と。

そういう女子のひとりに山田さんという子がいました。

私はこの子が「男」という漢字の覚え方として「田んぼの力仕事は男に任せろ」と言っていたのをよく覚えています。誰に教わったのか知りませんが、彼女はその覚え方を大層洒落たものだと感じたらしく、何度も何度も繰り返して誰彼構わずに言ってました。

でも、私は、なんかちょっと違和感を覚えてしまいました。語呂合わせ自体が別に面白くもないし、そもそもこんな簡単な漢字をそんな語呂合わせにしなければ覚えられないのかよ?と。

いや、多分覚えられるとか覚えられないとかではないのでしょう。単純に彼女はこの語呂合わせが気に入っちゃったのでしょう。
となると、なおさらその感覚が理解できません。どこが気に入ったの? 面白いかぁ、それ?

一方、私が昔作った漢字の覚え方に「女の股に力を入れる」というのがありました。努力の「努」の覚え方です。これはそろそろ性に目覚め始めた男子クラスメートには随分受けました。

でも、山田さんには受けないでしょうね。それが「違う文化」ということなのかな、と今になって思ったりします。

ところでこういう漢字の覚え方って他にもたくさんありますよね。「語呂合わせ」と書きましたけれど、その言い方はちょっと違うかもしれません。何と言えば良いのでしょう? 言ってみれば「漢字分解謎解き」みたいな感じ(そう言えば、こんなもんもありましたね)。

「女」が「くノ一」であったり、「この糸なあに?──紫(此+糸)」だったり、「壽」が「サムライの笛1インチ(士フエ一吋)」だったり、あるいは「瓜にツメあり爪にツメなし」とか、なんかこじつけで覚えようとする方策。

歴史の年号とか元素の周期表とか、受験時代はありとあらゆる科目でそういった語呂合わせやこじつけのお世話になりました。

そんな中で、あまりに印象が強くていつまでも私の頭の中から消えない覚え方があります。

それは予備校の英文法の講師であった黄先生が教えてくれたもの:

いくらラーメンが好きでも毎日毎日ラーメンでは lamentable!

「悲惨だ」という語意を覚えさせるためのものではありません。アクセントの覚え方です。

動詞 lament は -ment にアクセントがあるので、形容詞 lamentable も同じく -men- にアクセントがあるように思いがちですがそうではなくて語頭にある、ということを覚えさせるためだけに黄先生が編み出した語呂合わせなんです。

黄先生は教壇からこう呼びかけました:

さあ、それでは一緒に言ってみましょう。はい、
「いくらラーメンが好きでも毎日毎日ラーメンでは、ラーメン食ぶる!」

こういう工夫には頭が下がります。もっとも、黄先生もまた私とはちょっと違う文化に生きていた人のような気もしますが。

Copyright©yama-a Mar.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ