大和の豊かな言い回し

知人へのメールの中で「お申し越し」と書いたら、「最近の若い人はきっとお申し越しなんて言葉知らないでしょうね」という返事がきました。確かにそうでしょうね。

「お申し越し」って解ります? 英語で言うならオファーですよね(こんな言葉のほうがよく通じたりする不思議!)

実は私は最近意識してこの手の言葉を使うようにしています。

「この手の」とは何かと言いますと、やまと言葉の動詞2つを重ねて作った動詞、もしくはそこから転用した名詞です。

自分の語彙を増やそうとするとどうしても漢語ばかりになってしまいがちです。ただ、漢語は改まった感じがあって使い道が少し狭いような気がするのです。

このあいだも内田樹氏の本で「千里の径庭」とか「圭角」などということばを覚えて、覚えたからにはちょっと使ってみたいと思うのですが、これはかなりのビッグ・ワードでとてもじゃないけど会話の中に入れられるものではありません。

その点、やまと言葉同士の合成語ならもっと気軽に使えるし、実際色合いもかなり豊かになります。

どんなものか例を挙げてみましょう。やまと言葉同士の合成動詞は意外にたくさんあるのです。

例えば「語り明かす」とか「語りつくす」とか。

でもその構造を見るとこれらの合成語はあまり魅力的なものではありません。

「語り明かす」とか「叩きのめす」とかは単に「語って(夜を)明かす」「叩いてのめす」という単純な接続だし、「語りつくす」とか「言い損なう」とかは「語るという行為を尽くす」「言うという行為を損なって(失敗して)しまう」という目的語と動詞の関係で、いずれにしても色気も面白味もありません。

ところが、たとえば冒頭に挙げた「お申し越し」のように、「申す」系には豊かな表現がいっぱいあって、

など、「言う」の謙譲語「申す」+別の簡単な動詞でどうしてこれだけ多彩な意味合いが出せるのか不思議になるくらいです。そう思いません? 「申し開き」がどうして「弁解」の意味になるのか、不思議である一方でなんか魅かれませんか?

同じく「思う」系もきわめて多彩な展開が可能で、

どうです? 手垢のついた「思い○○」もあるけど、とても新鮮で表情豊かな「思い○○」もあるでしょう?

他にも、たとえば「言う」系なら、

等々。

「(結婚の)約束をする」と言わずに「言い交わす」なんて言うとちょっと粋じゃありませんか。

そう日本語の中には、そしてやまと言葉の中にはこういう言葉、2つのシンプルな言葉が結びついて、しかも両者の足し算では絶対に出て来ないような意味が生まれる表現がたくさんあることに私は気づいたのです。

もうこれ以上例示はしませんが、あと「見る」系なんかもバラエティ豊かです。ほかにも自分で探してみてください。これほど色々な「言い回し」があったのか、と正に驚くばかりです。

知ること、驚くこと、なるほどと思うこと、そして真似てみること──「豊かな日本語」なんてものは存外そんなところから実現できるのではないでしょうか。

Copyright©yama-a Apr.2008mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ