江戸の地口、浪速の洒落

『丘を越えて』という日本映画をご存じですか? その映画の中に東京言葉の所謂「地口」という奴がいっぱい出てきます。私はこれもこの映画を楽しくしている要素の1つだなあと思いました。

それって、どんなもの?と言われると説明するのは難しくて実例を見てもらったほうが早いのですが、多分こういうものには著作権などというものは絡んでこないでしょうから、パンフレットから拾って全て掲載しますと、

  1. 男やもめにゃ蛆がわく。女やもめにゃ花が咲く。
  2. 根っ桐、葉っ桐、これっ桐
  3. あら、マッちゃん、出ベソの宙返り
  4. 空がこんなに青いのも、電信柱が高いのも、角のポストが赤いのも、みんな私が悪いのよ
  5. 初王手、目の薬
  6. たまげた、駒下駄、日和下駄
  7. 有難山のホトトギス
  8. その手は桑名の焼き蛤
  9. びっくり下谷の広徳寺
  10. 恐れ入谷の鬼子母神
  11. 嘘を築地の御門跡
  12. そうで[どうで]有馬の水天宮

少し解説しますと、3は「あらま」が転じて「あら、マッちゃん」になったものですが、ではマッちゃんとは誰かと言うと、無声映画の大スター、「目玉のマッちゃん」こと尾上松之助のことです。そうやって出典を知るとなおさら楽しくなってくるでしょう?

私が特に注目したいのは上のリスト後半の地名折り込みシリーズです。なかなか洒落てるじゃありませんか。築地と言われると私なんぞはすぐに魚河岸を思い浮かべてしまうのですが、11の場合はそうではなくて、門跡とはつまり本願寺のことなんですね。

10に関しては、主演の池脇千鶴の発音が妙だなと思っていたら、パンフにちゃんと「江戸っ子はキシボジンではなくてキチモジンと発音していた」と書いてあったので、へえ、そりゃ知らなかったと驚きました。

他にもいろいろありますよね。私が知っているところでは「草加、越谷、千住の先よ」というのがあります。これは「あ、そうか」と言った人にすかさず返す表現です。

何故これが記憶に残っているかと言うと、まずある日あるとき「草加せんべいってクサカじゃなくてソウカと読むんだ」と知ったときの驚きが残っていたのと、東京支社勤務時代に越谷に社宅があった(私は入っていませんが)ことによります。

そんな話題で妻と語らっていたら、妻がやおら「関西にもそういうの、ある?」と訊くので、考えてみたらあまりないかもしれません。確かにこういうのは関東の文化なのかもしれません(いや、関西にもこういうのがあるぞ、という方はメールください)。

こういうのは幼少の砌から耳を通して身についているはずなのですが、記憶にあるのは「その手は桑名の焼き蛤」だけです。なんだか知らないけど、これは母がよく言ってました。どこかから仕入れて来てよほど気に入っていたのだと思います。

先ほど関東の文化と書きましたが、そういう意味では桑名は三重県なので関西に近い分、他の例よりも普及していたという推論も成り立ちます。

ただ、関西にはそういう地名を織り込んだ地口の代わりに他の言葉遊びがあります。まるで謎掛けみたいな関西特有の地口です。

例を挙げましょう。

  1. 雨降りの太鼓で、どんならん(=ドンと鳴らない/どうにもならない)
  2. 髪結いの正月で結うばっかり(=言うばっかり)
  3. 乞食の嫁入りで振袖振らぬ(=降りそうで降らぬ)
  4. 魚屋のゴミ箱でアラ溜まって(=改まって)ござる
  5. 長持ちの蓋で、こっちが開いても向こうがあかん(=片思い)
  6. やもめの行水で、勝手に湯ゥ取れ(=言うとれ)
  7. 淋病やみのしょんべんで、出そうで出ん

ほかにも山ほどあります。興味のある方は『大阪ことば事典』などを当たってみて下さい。

なお、先ほど関西には地名を織り込んだ地口はないと書きましたが、もちろん江戸っ子と同様に言葉遊びが好きな関西人のことですから、決して地名では遊ばない(遊ばなかった)ということではなくて、江戸のようにたくさんの表現が常套句となって定着することはなかったというだけのことだと思います。

地名に掛けた言葉遊び自体は盛んに行われていたはずで、現に大阪市北区の地名である「梅田」は、埋立地であったことから「埋めた」を転用したものだと言われています。

また、私が通っていた中学(伊丹空港に程近いところにありました)の社会科教師は「傷んだ飛行機が飛んでくるから伊丹空港と言う」などと真顔で教えてました。

あ、そうそう、伊丹と言えばこんなのがありました。これらは地名折り込みです。

  1. 池田の牛で、伊丹入る(=痛み入る)(ちなみに池田市と伊丹市は隣り合わせ)
  2. 辰巳の渡しであまくち(=尼崎の入り口/甘口)や

なんであれ、楽しいですね、言葉遊び。心の底から「文化だなあ」って思います。いや、地方文化なんかじゃありません。誇るべき日本語文化なのです。

Copyright©yama-a May.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ