くさい話

私と妻とが The-east-meets-the-west marriage(東西出会い婚)であり、家庭内で language problems を抱えているということについては今まで2度ほど書きました(2度目はここ)が、今回はその第3弾みたいな感じで書き始めます。

妻が関西と出会って理解に苦しんだ言葉は何か?

──そんな言葉のうちの2つに「くさい」がついています。それは「邪魔くさい」と「水くさい」でした。

「邪魔くさいなあ」と言われて、「何が邪魔になっているのだろう?」と真剣に悩んだそうです。関西人以外の読者の方のために書くと、「邪魔くさい」は「面倒くさい」の意味です。「面倒くさい」は関西でも関東でも言いますよね? もっとも「めんどくさい」と発音されることのほうが多いかもしれませんが。

もうひとつの「水くさい」のほうは決して関東にない言葉ではありません。人間関係を指す言葉として「他人行儀/よそよそしい」の意味で使うならそれは標準語です(もちろん関西でも通じます)。

ところが彼女はこの単語が食卓で使われるのが解りませんでした。そう、関西弁特有の「水くさい」は「味付けが薄い(薄くて物足りない)」という意味なのです。

関西特有の「くさい」と言えば上記の2つ以外にもまだあります。「阿保くさい」がそれです。「阿保」自体が関西弁ですから、他の地区では使われてなくても仕方がないのですが…。

これはまあ「馬鹿馬鹿しい」という程度の意味なんですが、大体が「あほくさっ!」と吐き捨てるように発音されることからも判るように、「馬鹿らしくてやってられない」という忌々しい感じの表現なのです。

さて、そこから私の興味は、局地的な「くさい」の違いから「くさい」全般の共通性に広がりました。

探し始めるとたくさんあるんですよ、「…くさい」っていう複合形容詞。

焦げ臭い、酒臭い、うんこ臭い、汗臭い、糠味噌臭い、小便臭い

(ちなみにここでは「臭い」と漢字で書きましたが、「臭」という字には他にも「におい」という読みがあり、良いにおいの時には「匂い」、くさいにおいの時には「臭い」という風に使い分けるのが一般的です。ああ、ややこしい)

これらは「臭い(くさい)」、つまり嫌なにおいがする時に、それがどういう種類の嫌なにおいかを説明するための言葉で、多くは「悪臭の元となっている物質+くさい」という構造を成しています。

ただし、そこから転用してそういうにおいがしそうな人物を見下したり嫌ったりする表現になることもあります。

例えば「糠味噌臭い」は所帯じみて垢抜けない女性に対する貶し言葉ですし、「小便臭い」は「ガキ/若造/青二才」と同様の雑言にもなります。

「生臭い」「血生臭い」もこの類でしょうか。魚や血のにおいにも使いますし、人物(堕落した僧侶)や事件を形容したりもします。

さらに同じような例として「バタ臭い」や「乳臭い」があります。これらの場合はもうバターや乳の匂いがするという意味で使われることはほとんどありません。「薬臭い」もそれに近い用法です。

人間の種類を表す単語の後につくことも多いようです。

年寄り臭い、じじ臭い、ばば臭い、おじん臭い、おばん臭い、おっさん臭い、素人臭い、官僚臭い…

なんか貶し言葉ばっかりですね。まあ「男臭い」なんかは必ずしも貶し言葉ではないですが。

こうやって並べると、この辺りの「臭い」は大体「っぽい」に置き換えられることが分かります。ただし、「っぽい」のほうは客観的な表現ですが「臭い」のほうは悪感情を含んでいます。「面倒くさい」なんて「面倒だ」とほぼ同じ意味なのに「面倒だ」よりも悪意を感じる表現になっていると思いませんか?

同じような例がまだまだほかにもたくさんあります。

田舎臭い、貧乏臭い、古臭い、嘘臭い、インチキ臭い、説教臭い

これらは必ずしも固有のにおいを持つ「物質」ではありません。こういう用法では大体が「…っぽい」「…みたいだ」「…のような感じがする」などに読み換えられます。

そもそも「くさい」というのは「目で見た感じではさやかに分からないのだが、嗅覚で感じ取ることができる」「見た目では判らないがどうもそういう匂いがする」というニュアンスなのではないでしょうか。嗅覚と言っても文字通りの鼻の機能ではなく「第六感」と読み換えた方が良いかもしれません。「犯罪の匂いがする」なんて正にそういう例ですよね。

ただし、「…っぽい」に近い表現とは言っても単に「におう」のではなく「くさい」訳ですから、あまり良い意味でつかわれることはないはずです。

まだありますよ。「どんくさい」。これは「鈍臭い」でしょうかね? 具体的な物ではなく「鈍い」という抽象概念に「くさい」がついた例。

あれ? 手許の国語辞典に載ってないんですけど、「どんくさい」って方言ですかね? 関西だけ?

で、方言っぽいところまで手を広げるともっともっとあって、関東言葉(まあ、全国的に通じますが)の「しゃらくさい(しゃらくせえ)」、北海道方言の「はんか臭い」(恥知らずな)、大阪弁の「辛気(しんき)臭い」(もどかしい/じれったい)。

どうです? 結構面白いでしょ? でも、専門の国語学者じゃないので、文中誤りがないとは言い切れません。所詮「胡散(うさん)臭い」文章であるということを最後にお断りして、この臭いものに蓋をしようと思います。

Copyright©yama-a Jun.2008mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ