単語の切れ目が理解の分かれ目

外国語、あるいは外来語、特に英語以外の場合に多いのですが、単語の切れ目が分からないっていうことありませんか?

例えばサンフランシスコという地名がありますが、私は子供のころサンフラン・シスコだと思ってました。シスコと略すことがあるのでそう思うのも当然ですよね。

ところが英語表記の切れ目はサン・フランシスコで、聖フランシスコという名前から来ていると知ってびっくりしました。セイントではなくサンなのはフランス語由来なのだそうです。

同じく子供のころの話ですが、母がある日スーパーから帰ってきて「このおイモはおいしいよ。メークイーンだから」と言ったのをよく覚えています。私は「メイク委員」だと思った、というのは冗談ですが、でも切れ目がメーク・イーンだと思ったのは本当です。

中学に入ってから、ある日突然「そうか、あれは May Queen だったんだ」と気づきました。母の発音が「メイクイーン」だったらもっと早く気づいたかもしれません。「メー」から May にたどり着くまでには随分長い時間がかかってしまいました。

私たちはどうも長い単語を前後均等に切ろうとする傾向があるように思います。

例えば6文字なら3+3、7文字なら3+4か4+3に分割して考えがちで、なかなか2+4(5)や4(5)+2という分け方には思い至らないのです。

メークイーンをメーク・イーンだと思ったのはまさにそういうことだったのだと思います(サンフランシスコは均等に分けるとサンフラ・ンシスコとなって後半がンで始まってしまうので勝手に1つずらしてサンフラン・シスコだと考えたのではないでしょうか)。

同様に、プエルトリコも当然プエル・トリコだと思ってました。でも、これはプエルト・リコなんですよね。スペイン語でプエルトは「港」、リコは「きれいな」で、o で終わる男性名詞に係るのでリコです。これが a で終わる女性名詞に係る場合はリカになるので、プエルトの代わりに「海岸」という意味のコスタを持ってくるとコスタ・リカになるというわけです。

フランスの国旗を通称トリコロールなどと呼んでいますが、私はこれも長年トリコ・ロールだと思ってました。ところが実は切れ目としてはトリ・コロールで、トリは tri、コロールは colore、英語なら colour だったんです。なーんだ、それで青白赤の3色旗をそう呼んでいたのかと合点が行きました。

英仏くらいならこういう風に自力で謎が解けることも珍しくないのですが、それでは最後に、教えてもらわなければ決して解らなかったであろうロシア語の例をひとつ挙げておきましょう。

それはペレストロイカ。

そう、ご多分に洩れず、これも3+4に分解してペレス・トロイカだと思ってました。だって、♪走れトロイカ〜なんてロシア民謡もあるじゃないですか(でも、いくらロシアとは言え、なんで改革がソリと関係あるんだろ、とも思ってましたが…)。

ところが、これ、ペレ・ストロイカなんですってね。

英語に訳せばペレは接頭語 re-、ストロイカは structure、つまり restructure、リストラだったんですね。知ってびっくり。

なんでも真ん中で分けようとするのは間違っているということです。

そう言えば、日本語でも四字熟語は2+2という構造になっていることが多いですが、必ずしもそうではありませんよね。例えば「骨粗鬆症」とかね。

うむ、同じテーマの日本語編も書けそうな気がしてきました。これはまた次の機会に譲りましょう。

Copyright©yama-a Jun.2008mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ