雑種犬の耳

映画『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの伝説』を見ていて私としてはちょっとショックなことがありました。

それは今回の映画で重要な役どころである若者(演じているのはシャイア・ラブーフ)が、インディ・ジョーンズを鉄道の駅で捕まえてダイナーに連れて行き、そこで「マット・ウィリアムズだ」と自己紹介するシーンです。

それを聞いたインディは「なんだ、その名前は? 雑種犬か?」と怪訝な顔をします。

私はこのシーンを観ていて不覚にも「なんで? マット・デイモンのマットでしょ? Matthew の愛称でしょ?」と思ったのでした。でも、すぐに気づいて、帰宅してから辞書を引いてみたらやっぱりそうでした。

これが cap と cup ならまず聞き間違えることはないと思うのですが、Matt と Mutt の違いを聞き取れなかったのです(マット・デイモンのマットは前者で、「雑種犬」の意味があるのは後者です)。

何故聞き取れなかったのでしょう?

字幕に「マット」というカタカナが表示されていたことが邪魔になったという面はあるかもしれません。目から入ってくる情報はかなり強いですから。

と、そこまで考えて気づいたのですが、cap はキャップ、cup はカップなのに、Matt も mutt もともに、いや敷物の mat まで含めて全てマットです。ミャットとは書かないのです。これまた何故でしょうか?

いろいろ考えているうちに、cap をキャット、cat をキャットと表記していることの方がおかしいのではないかという気がしてきました。

bat(野球のバット、コウモリ)も but(しかし)もバットですし、pat(軽く叩く)も putt(ゴルフのパット)もともにパットです。Sam(男の名)も sum(合計する)もサムです。シャムにするとタイ人になってしまいます。

エとアの中間音である母音[æ]を日本語の拗音に充てるのはちょっと違うのです。前にも同じようなことを書きましたが、cat はキャットよりも多分ケアトのほうが、ran はリャンよりレアンのほうが英米人に通じやすい発音ではないかと思うのです。

で、いずれにしても日本語にはこういう区別がなく、ともにア段の音だと大雑把に認識されてしまうために、今回の私のように Matt と mutt の違いを聞き落としたりしてしまうのです。

でも、それにしても cap と cup、cat と cut のほうは間違いようがないように思います。[k]音との相性が良いのかもしれません。あるいは[k]の後に続く場合は微妙に音が違うのかもしれません。

全然違う例ですが、sit と seat の母音は短いか長いかだけの違いではないと言われています。これも私はあちこちに書いていることなのですが、英語の短母音[i]は日本語のイと同じではなく、かなりエに近いイです。だから sit の[i]と seat の[i:]は長いか短いかだけの違いではないのです。

他にも同じような例があってLの音も語頭・語中にくるか語末にくるかによって微妙にニュアンスが違い、語末のLをダークLと呼ぶのだというような話を発音の専門家から聞いた覚えがあります。

結局、Matt と Mutt は聞き分けられないのに cap と cat を聞き違わない理由はこれと同じようなことなのではないかなあ、などと勝手に思っているのですが、もし読者の皆さんの中に言語学・音素学の専門家の方がいらっしゃったら正しいところをお教えいただきたいものです。

今回は自分の耳の悪さを音素の違いにすり替えるという暴挙をやっちゃいました。でも、そんなことができるくらい、発音というものは深いのです──それが今回のインディ・ジョーンズの言語学面での収穫でした。

Copyright©yama-a Jul.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ