当意即妙の受け答え3

今まで2回書いたシリーズの続編です(「当意即妙のことば」「当意即妙の受け答え2」)。

話をしていて、こっちが何か言ったことに対する答えを聞きながら、「あ、賢いなあ、この人」とか「なかなか洒落た返しだなあ」などと感心することがあります。そういうのを聞くと私はすごく得したような、とても良い1日を経験したような嬉しい気分になってしまうのです。

例えば、2004年のある日、会社で部下と話をしていて、何がどうだったのか詳しい話は忘れてしまいましたが、ともかく彼が『さくら』というタイトルのヒット曲に言及しました。

今ならいきものがかりの『SAKURA』、アンジェラ・アキの『桜』、コブクロの『桜』、ケツメイシの『さくら』、あるいは中島美嘉の『SAKURA 〜花霞〜』などを思い出す人もいるのでしょうが、当時は何と言っても前年3月に出た『さくら(独唱)』(森山直太朗)と12月に発売された『桜』(河口恭吾)の2つが即座に頭に思い浮かびました。

私は「え、どっちの桜?」と聞きました。そうすると彼は河口恭吾という名前を持ち出さずに(ひょっとすると単に河口の名前を思い出せなかったのかもしれませんが)こう答えたのです。

「遅咲きのほうの桜です」

巧いと思いません? 後からヒットしたほうの『桜』。森山より年上で、下積み生活の長かった河口の『桜』──この両方の意味を「遅咲き」という単語(しかもそれは「桜」の縁語)で表現しています。

続いて以前ブログのほうにも書いた、こんな話。

部屋着用の綿製のイージー・パンツを買いに行った時、あまりにペラペラだったので心配した妻が店員に訊きました:

「これ、外出できます?」

店員はにっこり笑ってこう答えました:

「コンビニには行けます。電車には乗れません」

これも見事な答えだと感心しました。

もうひとつ、今度は私の先輩の話。

新婚間もない彼の家に遊びに行った時、コーヒーが出ました。そして、小さなパックに入った市販のコーヒー・フレッシュがソーサーに載ってました。スジャータとかメロディアンミニの類です。

先輩はそのフタを開けながら、「これ開ける時、しぶきが飛ぶでしょ」と言ったのですが、私は今までそんなことに全く気づいていませんでした。それで「え、飛びますか?」と言ったのですが、先輩は「よく注意しててみ、かすかに飛んでるから」と言います。

そう言われてパックを開けると確かに開ける瞬間に小さなしぶきが飛んでるじゃないですか。「あ、ほんまや!」と驚いている私に、先輩はこう言いました。

「意識し出すと飛び始めるよ」

それ以来、コーヒー・フレッシュの封を開けるたびに気になります。そして、気にしていると確かに必ず小さなしぶきが飛んでいるのに気がつきます。言い得て妙とはこのことだと思いました。

世の中にはこういう賢い受け答えができる人が結構いるのだなあと日々感心しています。

それは例えば広告の世界などでは特に顕著で、Intel Inside という英語を「インテル入ってる」と訳した人は天才だなあと思います。

Intel Inside という英語を与えられて「インテル入ってる」という日本語を返す──これも一種の受け答えだと思うんです。そして、in で韻を踏んだ英語(正確な意味での「頭韻」ではないですが)を日本語的なテルの脚韻に置き換えて、しかも意味はほぼ同じ──これは神業の領域に入ると思います。

最近では DoCoMo 2.0 を揶揄して「DoCoMo に移転ゼロ」と読み替えた人(どこの誰かは知りませんが)のセンスに脱帽です。冴えてますよね、ドコモの新戦略を MNP 失敗に関連付けた皮肉!

さて、このシリーズは手前味噌で占めるのを恒例としておりまして、今回もいよいよ佳境に入ります。

会社で部下が私にこう報告しました:

「今○○の先行販売を計画してるんですよ。パーッと売れますよ、きっと」

それを受けて私は言いました:

「そうか。せいぜい線香花火にならんようにね」

これで締めるには今回はあまり出来が良くありませんので、私が加入しているML(高校同窓会のML)での最近のやり取りを最後に。

このMLは母校の高校同窓会のMLなので全員元同窓生なんですが、そのうちの1人の女性(仮にMさん)が「アジサイ(を育てて花を咲かせるの)は子育てに似ている」と書きました。私がそれを受けて「子作りには似てないんですね」と茶化したら、彼女はこう返してきました。

「紫陽花を音読み・・・なんてしてはいけません」

どうです巧いでしょ? 粋でしょ? まさにウィットに富んでるでしょ?

私はその投降へのレスを書き、最後にこう署名しました。

やまえー@紫陽葉

お後がよろしいようで。

Copyright©yama-a Jul.2008mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ