利活用という無理活用

今の職場に移ってから官僚の書いた文章を読むことが多くなりました。大体は総務省の、次いでは通産省や文化庁の役人の書いた文章です。

彼らの文章に最近非常によく出てくる言葉で気になると言うか、気に入らんと言うか、なんでそんな表現を使うのか理解できない用語があります。

それは「利活用」です。なんなんでしょ、これ? すごく嫌らしい響きがあります。

昔から「利活用」なんて表現ありましたっけ?(まあ、辞書には載っているから、あるにはあったんでしょうけど)

もちろん、見れば解りますよ。「利活用=利用+活用」でしょ?

そういう合成語は他にもたくさんあるって?――いや、でも、これは他のそういう合成語とは随分違うように思うのです。

国内と国外で「国内外」とか、輸出と輸入で「輸出入」とか、離陸と着陸で「離着陸」とかと同じように、「利活用」もまた共通の1字を持つ2つの単語を合成したものだと言うかもしれません。しかし、「国内外」「輸出入」「離着陸」は2つの対義語を合成したものであるのに対して「利活用」のほうは2つの類義語を合成したものなのです。

つまり、「国内」と「国外」が、「輸出」と「輸入」が、「離陸」と「着陸」がそれぞれ対となる反対の意味を持つ単語の組み合わせであるのに対して、「利用」と「活用」はよく似た単語を並べたものなのです。

その違いは何かと言うと、「国内」と「国外」が、「輸出」と「輸入」が、「離陸」と「着陸」が常にセットであるのに対して、「利用」と「活用」はセットにする必然性がないということなんです。

もちろん国内だけの話をすることもあるだろうし、輸入だけを論ずることもあるだろうし、着陸だけの問題のこともあるでしょう。しかし、両方をセットで論じることも必ずあるわけで、そういう時に持ち出してくるのが「国内外」「輸出入」「離着陸」なんです。

以上は2語の例ですが、対比したりセットにしたりするものが3つあれば3語合成というパタンもあって、例えば「陸海空軍」なんてのがそれに当たります。全部対義語でセットなんです。

ところが「利用」と「活用」は似てはいるけどセットではないです。ニュアンスの違いはあるんだけど、じゃあ、どこがどう違うかはっきり言うことさえできません。

多分「使用」が一番色のついていない、かつ即物的な表現であるのに対して、「利用」は使うことによって利便性を供する感じ、「活用」はあまり使われていなかったものを再評価して使い始めたり、充分使われていなかったものをフル稼働し始めたような感じなのかな。

でも、両者の区別をつけろと言われてもそれは無理な話です。
例えば、「君はさっき頻りにケータイのキーを叩いていたけど、あれは携帯電話を利用していたのかね、それとも活用していたのかね?」などと言われると答えようがないでしょ?

で、どうしてそういうものを一緒くたにするのかが、私には納得が行かないのです。

ニュアンスの違いから「利用」と「活用」の両方の単語を使いたいのであれば、「利用・活用」と書けば良いじゃないですか? なんでわざわざ「利活用」なんぞにするんでしょ? 1字だけ省略できても大したメリットはないように思うのですが。

そして、どうしてこの2つだけをセットにするのでしょう(そこが一番気持ちの悪いところです)。

「利活用」があるのであれば「使用+利用=使利用」とか「活用+重用=活重用」(なんだか「トンカツ重を用途とする」という意味みたいに聞こえますが)とかがあっても不思議ではないのに、なのに「利活用」だけを使うところが腑に落ちない感じがするのです。

まあ、結局のところ成立の過程や意義は解らないのですが、これは官僚独特の言い回しであることだけは間違いないでしょう。なんか官僚がこれ見よがしに使っている表現であるような気もします。

まるでかつてITと称されていたものをいちいちICTと書き換えなければ気が済まないのと同じような頑なさを感じさせます。あるいは「祝祭日」と言う時のように、「祝日と祭日の違いが何なのかよく知らないけど、いずれにしても自分は一切の可能性を書き洩らしてないぞ」と主張するような鼻高々な様子があります

独特の言い方ができ上がってしまうことは仕方がありません、と言うか、仕方があるとかないとかよりも、単純によくあることです。学問には学問ごとに術語があり、寿司屋には寿司屋の符牒があり、TV局にはTV局のギョーカイ言葉があります。

ただ、それは本来仲間うちで使われるものであって、仲間うちだけで使われている限りはどういうニュアンスでどういう意図を込めて使っていても何の問題もないのですが、それを一般人に聞こえよがしに使い始めると、それは途端に耳障りなものになるように思います。

「利活用」は(少なくとも私にとっては)そういう用語のような気がしてならないのです。

もっとも、他人のことばかりも言っていられません。TV局は二十数年前から急に業界用語をTVの電波に乗せて一般人にひけらかし、ひいてはそれが流行語になるように仕向けるようになりました。私はそれをあまり好ましいこととは思っていません。どちらかと言えば醜い事例であるような気がします。苦い思いでこの風潮を眺めてきました。

だから我々も反省しなければならないのは確かです。しかし、返す刀で、「利活用」も同じようなマインドで官僚に使われている表現だと言わざるを得ないのです。

結論から言うと「利活用」という表現には必然性がない、つまり、そのほとんどは「利用」か「活用」のどちらかを使っていれば済むものではないかと思うのです。その辺が「国内外」等と決定的に違うところです。そして、その辺が何か役人らしい嫌らしさを感じさせる所以であると思うのですが、考えすぎでしょうか?

「独特である」ということが個人に属するとき、それは1つの魅力になる可能性があります。しかし、それがある団体に属してしまったとき、閉じたグループの属性になってしまったとき、それは往々にしてそれ以外の人間にとっては少し胡散臭く嫌らしく見えたりするものです。

はたして「利活用」という言葉は一般に使用されているのでしょうか?

Copyright©yama-a Aug.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ