世界の骨太方針

前回に引き続いて役所言葉批判みたいな話になっちゃいますけど、「骨太の方針」ってやつがありますよね。私はあれが出るたびになんか違和感を感じてしまうのです。なんなんでしょうね、あれは。

私はてっきり「骨太の方針」というのは竹中平蔵氏の造語だと思っていたのですが、それはあまり正確な表現ではないようです。

まあ竹中氏は第1次小泉内閣の経済財政政策担当大臣でしたから、彼が言いだしたという可能性もありますが、直接的には当時設置された経済財政諮問会議が2001年6月に答申した「経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針」で使われていた表現だそうです。

ただ、いずれにしてもこの「骨太の方針」という表現は小泉・竹中コンビにも、あるいは当時の政府関係者にも割合評判が良かったみたいで、その後同諮問会議が毎年出している答申が全てこの名称で呼ばれているようです。

でも、なんか、変だと思いませんか?

骨太とは文字通り骨が太いことです。骨格がたくましいことです。ただ、骨というものは通常外から見えません。だから、

やせっぽちに見えても実は骨太のしっかりした体なんだよ

という風に例えばトレーナーやコーチが自分の担当する選手を評して言う、みたいなのが一番正しい用法なのではないでしょうか? もちろんこの場合現実に骨太であることがレントゲン写真や日々のスポーツ・マッサージなどでしっかりと確認されていることが前提となりますが。

諮問会議が骨太と称したのは、つまり「まだ『肉付け』と言えるほどの具体的方針は出せなくて、あくまで荒っぽい骨組みだけの方針だが、簡単には崩れない頑丈な骨組みである」ということを言いたかったのでしょう。

そういう意味では本来の「骨太」の用法からそんなに外れていないような気もします。しかし、なんとなく違和感があるのは何故なのでしょう?

それは「骨太」というのは本来誉め言葉であり、あまり自分で言う表現ではないからではないでしょうか?

皆さんは知らないもんだから彼がヤワな体つきをしていると思うかもしれませんが、実は骨太の強靭な体をしてるんですよ

と、あくまで彼のことをよく知るコーチやドクターが彼を誉めて言うのに相応しい表現なのではないでしょうか?

自らが答申した報告書に骨太という名前をつけるのは、なんか

俺スポーツ選手としては貧弱な体に見えるかも知れないけど実は骨太なんですよ。ほらほら、触ってみて。骨結構太いでしょ?

と言って回っている、どちらかと言えばキモい運動選手みたいなもんです。

そんな姿が浮かんできませんか?

私は、自分で自分を「骨太」と呼ぶのは自分で自分を「世界のナベアツ」と呼ぶセンスに似ているなと思います。自ら名乗るおかしさです。

ナベアツのほうはギャグですが、諮問会議のほうは大真面目です。そこが問題ですね。

単に「骨格方針」で良かったのに、もう少し主張したかったんで「骨太の方針」になってしまったんでしょうね。でも、本来「骨太」かどうかを判断するのは国民や経済界のはずでした。

それを自分で言ってしまったために世界のナベアツと同じことになってしまいました。

この答申は今年で8回目です。はたして毎回毎回ほんとにそんなに骨太なんでしょうか?

3の倍数と3がつくときはアホな答申になったりしていないか、少し心配になってきました。

Copyright©yama-a Aug.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ