ソーゾーがつかない、エーキョーが大きい

もう随分前のことになってしまいましたが、外来語表記における「ー」について書いたことがあります(先月ブログのほうにも語末の「ー」について書きましたが、それとは別です)。

明治33年の小学校令改定によって長音に棒を引く「字音棒引き」が採用され、当初は漢語・音読みの日本語だけに適用されていたものが外来語にもあてはめられるようになったようです。

その結果、「トレイド」「パレイド」ではなく「トレード」「パレード」、「ロウプ」「ソウプ」ではなく「ロープ」「ソープ」という書き方が定着したらしいのです。

しかし、英語の音としてはあくまで長音ではなく2重母音なので、こういう書き方が定着してしまったことを私はとても残念に思うのです。

英語には[e:]という長音は存在しないので、「グレート」なら[greit]、「テール」なら[teil]だなと想像がつくのですが、「ボール」だと[bo:l]なのか[boul]なのか区別がつかず、従ってball なのか bowl なのか分からないのです。

日本語では母音を伴わない子音を書き表しようがないという問題点があります。だから、そもそも英語の音と日本語の音を1対1で対応させようとすること自体が無理なのです。しかし、それにもまして「オー」も「オウ」もいっしょくたに「オー」と表記すると決めてしまったために、日本語における外来語表記から原語の綴りを推測するのがなおさら難しい事態になってしいました。

例えば「コールスロー」って英語では元々どういう意味だ?と思って辞書を引こうとしても、さて、綴りの見当つきます?

  1. coleslow?
  2. coleslaw?
  3. callslaw?
  4. colethrough?
  5. callthraw?

ま、今なら元の単語の綴りなんてネットで簡単に調べられますが、昔はそんなもんありませんでしたからね。そういう点では私たちの世代は不自由な少年時代を過ごした訳です(ところで正解は2番です)。

ところが、最近はこの字音棒引きの原則があまり厳格に適用されていないケースに出会うことが増えてきて、私としては大変好ましいことだなあと思っているのです。

明治・大正期に入ってきた外来語は絶望的ですが、昭和の後期や平成に入ってから日本に持ち込まれた言葉の場合はちゃんと「エイ」「オウ」と記されていることがあるのです。

例えば「ソウル」。魂の soul。韓国の首都 Seoul もそうです。しかし、不思議なことに靴底やゴルフクラブのヘッドの底 sole は同じ発音なのに「ソール」と書いてます。

それから映画の「レイトショー」。「レートショー」という表記よりもこっちのほうが目にする機会多いでしょう?

late と rate の違いはありますが為替の場合は「レート」と書かれているのが普通です。ついでに言うと show はいまだに「ショー」が優勢ですが、たまに「ショウ」と書く人もいます(しかし、何故だか「ショウ」のほうが田舎臭い時代遅れの感じがします)。

それから「プレイボーイ」。雑誌名の表記もこの通りです。play ball は「プレーボール」なのに何故か playboy は「プレイボーイ」。

あと「プリペイド・カード」とかね。[ou]はまだまだほとんど「オー」ですが[ei]は少しずつ「エイ」の気運が出てきました。端的に言って本来の音に近い表記をしようという傾向が出てきたのだと思います。私はこれを歓迎します。

「オー」と「オウ」の区別が出てくるようになると日本人の英語力も少し向上するのではないかなどと考えたりもします。この際ですから学校教育で区別して書かせるようにすれば良いと思いませんか?

え、「ノー」?はあ、あくまで「ノウ」じゃないんですね・・・。I know.

[ このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Sep.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ