池谷裕二を見つけて

今日はとても良い本を見つけて喜んでいます。

それは講談社 BLUE BACKS の『怖いくらい通じるカタカナ英語の法則』(池谷裕二・著)です。全然知らなかったのですが、帯には「テレビ朝日 SmaSTATION!! で大ブレイク!」とありますから、TVでも取り上げられて結構評判になったのでしょう。

同じく帯にはキャッチフレーズとしてこんな一文が載っています。

What do you think about it?(どう思う?)は「悪酔い天下暴れ!」で通じる!

最初はこれに少し惹かれました。なるほど、とニンマリしてしまいました。

ところで、書評はいつも bk1 に投稿して、そのリンクを「書評小品集」に載せているのに、今回は何故ことばのエッセイのコーナーに載せているかと言えば、これはまだ書評ではないからです。

つまり、書評というものは読み終えてから書くものですが、この本はまだ買ってきたばかりで読み始めてもいません。だから、書評として投稿する訳には行かないのです。そして、ひょっとすると私はこの本をちゃんと読まないかもしれません。

そう、ここには英語の発音に関して読まなくても知ってる、と書くと何やら偉そうで良くないですが、私が前から思っていたことがいっぱい書いてあるのです。だから嬉しくなって買ってしまいました。

例えば、この本の法則13:「痰は鼻づまり」の法則で

などと矯正しているのは、私がこのホームページの『知っている英語しか聞こえない』で Manhattan の発音を

実際に聞こえるのは「メンヘアッ」という感じ。そして、その後は断じて「タン」ではないのです。ここに母音はありません。t と n の音だけがあります。

と書いているのに通じます。

法則2:「Aはエア」の法則で

などと矯正しているのは、私が『発音のギア、発想のシフト』

と書いているのにダブります。

そして、著者が法則5:「Oはア」の法則と法則6:「Iはエ」の法則で言っていることは、私が『石田さんに学ぶ(恐らく正しい音は両者の中間)』で書いていることと全く同じです。

さらに法則4:「最後のTはッ」の法則や法則11:「NTのTは消える」の法則で書かれていることは、私が『飛行機の中で跳ねる』で gentleman の発音の仕方について

としたのと完全に趣を同じくするものではありませんが、一脈通じるところがあると思います。

そして、この本で書かれていることの全体が、私がかつて『松本道弘式発音記号の喜び』という文章で紹介した、我が敬愛する松本道弘先生の発音指導とかなり似通ったものなのです。

そういう訳で、私はこの本を見つけた途端にとても嬉しくなりました。「ああ、とうとうこういうことをちゃんと書いた本が出てきたんだ」と感慨一入でした。

で、そこで初めて気がついたのですが、この本の著者は英語を教えることを職業にしている人ではなかったのです。著者は池谷裕二さんでした。私は『海馬』『脳はなにかと言い訳する』の2冊を読んでます。2冊を読んでとても好感を持った著者です。

小学校時代からとうとう九九を憶えられないまま東大に合格しちゃった人です。ロジックで考えて行けば丸暗記なんか必要ないということを実証した人です。

そして、その人が、英語を教えて金儲けをしようとして書いたのではなく、留学中に英語が通じなくて苦労した中から身につけた考え方を紹介したのがこの本でした。

だからとても愛情に満ちて、かつ解りやすい本です。ああ、この人が書いた本だったのか、というのが決め手になって、私はレジへと向かったのでした。

この本にプラスして、私がこのホームページで書いている『ニッポンの「ン」、Japan の "n"』『delicate な発音』あたりを読み合わせるとほぼ完璧かと(笑)、最後はこのホームページの宣伝も書き加えて終わりにしたいと思います。

Copyright©yama-a Oct.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ