たまには「になります」にならないで

若い人の敬語については何度か書いてきました(敬語の稽古方々で聞く「ほう」の用法)。最近私がとみに気になるのが「に(と)なります」という表現です。

一事が万事そうなのです。「場内禁煙になります」、「唐揚げ定食になります」、「そば湯になります」、「割引券になります。次回お使い下さい」・・・。

なんとなく「私はよく知らないんですが、勝手にこうなりました」という雰囲気が出ていると思いませんか?

かつて「ほう」について書いた時には、最近の若者言葉の敬語の基本は表現を曖昧にすることによって聞き手との距離を取ることだと分析したのですが、この「なります」表現の特徴は聞き手に対して自分が関与していないことをアピールすることだと思います。

「場内禁煙にしたのは私じゃないんですよ。私がアルバイトで入って来た時にはもうすでに禁煙になってたんですから」

多分言っている本人はそんな難しいことは何も考えていないでしょうから、私がこうやって分析するのは的外れなことかも知れません。しかし、若い人たちの言葉がそういう風に流れて行くという現象はやはり何か世相の変化を反映しているように思えてなりません。

「間もなく開場となります」も同じだと思います──「いや、開場するかどうかを私が決めているんじゃないんですよ。この時間になったら開場するというルールが決まっていて。ええ、誰が決めたのかは知りませんが、開場することになってるんですよ」

これを責任逃れと捉えると腹が立つかもしれません。しかし、私の解釈では、これらは「あなたに対して悪意はないです」、もっと言うと「いえ、あなたに対して何かをしようという気さえありません」という態度の表明あるいは宣言なのです。

そこには敬語本来が担っている尊敬の念というものはないかもしれません。でも、その代りにうっすらとした尊重はあります。かと言って「個人主義の尊重」というほど肩に力が入ったものはありません。あくまでうっすらとした尊重なのです。

そしてそれは社会が、時代が、相手に対する尊敬ではなく、社会にあるべき主義主張でもなく、なんとなくうっすらとした尊重を求めているのだという風には解釈できないでしょうか?

「になります」は大抵は「でございます」に置き換えられます。ただし、若い人たちにとっては「ございます」はあまりに堅苦しすぎる表現であり、使うのがはばかられるのでしょう。ならば「です」で良いのです。彼らにはそんなことが解っていないようなのですが。

いや、解ってはいるのになんとなく「になります」を使ってしまうのかもしれません。「です」と断定するより「になります」とぼやかしたほうが相手との間にトラブルが発生する可能性が低そうだから。

でも、本当にそうでしょうか。「です」はそれほど大層な表現ではありません。気軽に使って良い表現なんです。

「唐揚げ定食です」で良いではないですか。もしそれで少しぞんざいだと感じるのなら「お待たせしました」を足せばよろしい。

そう、「唐揚げ定食です」は「お待たせしました」と親和性の高い表現なのです。もし、「唐揚げ定食でございます」であれば、こっちも「お待たせ致しました」になります。あとは「唐揚げ定食」(あるいはそれを出している食堂)が「ございます」という丁寧な表現に相応しいかどうかの問題です。

言葉はそういう風にして選んで行くもの、組み合わせて行くもの、逆に言うなら、直前の言葉に選ばれて行くものなのです。面白いでしょ?

今の若い人の敬語(あるいは言葉遣い全般)における第2の特徴は、こういう変化を楽しもうとしないことです。できるだけオールマイティのものを1つだけ憶えて、それですべてを済ませようとするところです。

だから何でもかんでも「になります」になってしまうのです。

そろそろ「になります」ばかりになるのを卒業して、少しずついろんな表現を憶えてみませんか?

それはあなたの表情と同じです。バリエーションが増えて豊かな表情ができるようになると、より肌理細やかなコミュニケーションができるようになるはずです。

それが私からの提案になります、じゃなくて、提案です(この2つの表現の差を考えてみてください)。

[ このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Oct.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ