マイクロソフトに告ぐ

他の文章を書いていたのに、あまりに思い通りに変換してくれないものだから急にこのテーマで一文を認めることにしました。

Microsoft IME がどんどん馬鹿になっていると思いませんか? 特に IME 2007 がひどいです。

2008年の2月にはついに Microsoft Japan 元会長の古川亨氏までが自身のブログで「MS IMEさらに...お馬鹿になっていく」と書くに至りました

この記事によると、開発部隊が中国に移ってからダメになったとか、古川氏が問い合わせた Microsoft の社員本人が「個人的には ATOK に変えようかと思っている」と言ったとか…。

等々。

私は自分では結構注意しているほうだと思うのです。

思い通りの変換結果が出なかったときでも下手に確定したりはしません。それをやってしまうとそれが学習・保存されてしまうことになるからです。文節切り直しもこまめに行います。たまには学習機能をリセットすることもあります。それだけ愛情込めて育ててやっているのに IME はそれに応えてくれません。

さっきからこの文章を打っていても「へんかん」とやると決まって「返還」が出てきます。あと、古川氏が書いておられることと私の体験の共通点としては、何回「漢字」と打った後でも必ず「感じ」が上位に出てくるとか…。

確かに、MS-IME は昔から ATOK には全然及ばないと言われてきました。今急に思い出したのですが、Windows 3.1 の頃はどうしても「西」を変換してくれず、必ず助詞「に」+動詞「し」の組合せになったもんです。

従来 MS-IME は「コスト最小法」、ATOK は「N文節最長一致法」というアルゴリズムを使っており、その差であると言われたものですが、その後マイクロソフトも改良を重ね、随分ジャストシステムに追いついたという評価を得ていたはずだったんですが…。

それが、IME 2007 になった途端にえらくまた後退してしまった感があります。一方でジャストシステムは「ATOK ハイブリッドコア」という新しいエンジンを開発してまた一歩引き離したとも聞きます。

大きく後れを取ったMSは今年の下期には修正プログラムをリリースする予定とのことでしたが、これはもう発表されたのでしたっけ? 最近は自動で Microsoft Update が行われるので、逆に入ったんだか入ってないんだか非常に判りにくくて困ります。

ただ、そうは言いながら MS-IME も進化している面はあります。
例えば MS-IME 2007 では、

  1. 何度も変換確定した単語については、打ち込んだ時点で候補がポップアップし、tab キーで確定できる
  2. 候補が表示された時に右下の>>を押すと横長の一覧表が展開し、さらに▼を押すとソートすることができる。

等々。

1)は勝手に出てくる機能なので大抵の人がお使いになった経験があると思います。2)はまだご存知ない方も多いと思いますが、固有名詞などを探す時に非常に便利なので一度お試しになってください(下図参照)。

でも、私たちが本当にほしいのはこういう小手先のテクニックではなく、通常の基本的な動作の中で、正しい単語を少ないステップで選び出せるシステムなのです。

そういう意味では MS-IME 2007 は前途多難です。こんなことやってると、Microsoft さん、また敵が増えてしまいますよ。

急務ですよ。いや、あなたがたにとっての意味合いはどうでもよろしい。
私たちのために早く改良された新しいバージョンをリリースしてください。お願いします。


【11月10日追記】 この文章を書いた11月5日よりも前に、実は修正プログラムが公開されていたことが判りました。詳細はここに書きました。

Copyright©yama-a Nov.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ

【MS-IME固有名詞早探し法・・・「まさゆき」の場合】

MSIME