アクロス・ザ・ユニバース

先日、ビートルズのヒットナンバー33曲を下敷きにした『アクロス・ザ・ユニバース』という映画を見たのですが、いろんなことを思い出してしまいました。

ブログの映画評にも書いたのですが、私は「遅れてきたビートルズ世代」で、ビートルズが解散したのと自分が「音楽シーンに登場した」のがほぼ同時期でした。年代で言うと中学生で、つまり英語力が一番おぼつかない時期に英語のポップスを聴き始めた訳です(もっとも、ビートルズに関してはそれ以前から社会現象として知ってはいましたが)。

ところで、私には3歳年上の姉がいるのですが、彼女には小さいころからいろんなことで騙されました。Hey Jude の「ジュード」は「柔道」のことだと教わったのもその一例です。小学生の私は素直に信じました。

私はイギリスのミュージシャンが柔道の歌を歌ってるって、なんて奇異なことだろうと思ったのをよく覚えています。ジュードが男の名前だと知ったのは暫くしてからでした。

で、その後少し英語力がついてくると、いろんな発見がありました。

例えば Hey Jude で言えば、

Take a sad song and make it better

の take が中学生には難しくて訳せませんでした。

私はいろいろ考えた挙句「(艱難辛苦を)我と我が身に引き受ける」みたいな感じかなと理解したのですが、そうではなくて「手に取る」感じ、「この手に取り上げて、掌の上でくるっと回す(あるいはひっくり返す)」というイメージであると書いてあるのを後に何かで読んで多いに納得した記憶があります。

うん、確かにこの歌にはそういう身体的な比喩が多いんですよね。例えば、

Remember to let her into your heart

とか

Don't carry the world upon your shoulder

とか・・・。

残念ながらこの辺りの訳が映画の字幕でどうなっていたかよく覚えていません。12月に発売になる Blu-ray Disc を予約したので、それが届いたらぜひ確認したいと思っています。

それよりも今回の映画の字幕で感心したのは Come Together です。

ビートルズのレパートリーの中でも特に難解と言われる歌詞です。解るのは

One and one and one is three

ぐらいのもんです(映画の中ではこの歌詞に合わせてジョー・コッカーの車にひとり、またひとりと女性が乗り込んで行くところが笑えました)。

しかし、それにしてもつかみどころのない表現の連続で、1つひとつが何かの比喩なのかそれとも単に湧き出るイメージを並べただけの詩なのかさえよく解りません。私はどちらかと言えば後者のイメージで捉えていて、従って1つひとつの意味が理解できなくてもあまり気にしないでいたのですが、今回字幕を見ていて口をあんぐり開けてしまいました。

冒頭の歌詞、

Here come old flat-top

の flat-top が「角刈り頭」と訳してあるではないですか!

ふーん、な〜るほど。
そうか、そういう意味だったのか。flat-top は人間だったんだ、角刈りの。

30年以上経って初めて理解しました。驚きました(ちなみに old は「老齢の」ではなく「例の」の意味でしょう)。

さてさて突然ですが、そんなこんなの翻訳の話をするうちに、私の連想はビートルズからT・レックスへと飛んで行きます。

私は「遅れてきたビートルズ世代」であり、従って後から遡って聴いていたに過ぎず、そういう意味ではビートルズに熱狂したことはないのです。同時代的に最初に熱狂したのはT・レックスでした。

そして、中学で習い始めた英語の学力で一生懸命マーク・ボランの詞を理解しようと悪戦苦闘していた記憶があります。そんな時に頼りにしていたのは歌詞カードに載っていた「対訳」でした。

彼らの大ヒット曲に Telegram Sam というのがありました。日本人の中学生にしてみれば「電報サムとは何ぞや?」という感じでした。このタイトルがまず脚韻を踏んだ遊びであるということに気づくまでに何年もかかってしまいました。

この歌の詞にこういうフレーズがあります。

Bobby's alright
Bobby's alright
He's a natural born poet
But just out of sight

これを訳せと言われれば、まあ、中高生でも何とか訳せるかもしれません。ただ、何のことだかよく解らない。ここでも単に alright と sight で脚韻を踏んだただの言葉遊びかと思ってしまうのですが、しかし、このレコードの歌詞カードの対訳には註がついていたのです。

その註によると、なんと、この Bobby は当時活動を休止していたボブ・ディランのことなのだそうです。

なるほど、そう言われると、この歌詞は一気に意味を帯びてきます。そして、マーク・ボランがボブ・ディランを尊敬していたという事実まで浮かび上がってきます。

私は歌詞カードを持って、なるほど!と唸りました。

同じく彼らの大ヒット曲に Children of the Revolution というのがありました。これまた、私には何の意味だかよく解らない歌詞でした。

しかし、レコードを買ってきて歌詞カードを見ると、こういう対訳が振ってあったのです。

革命の申し子

なるほど! 翻訳って、そういう風にしてやるんだ! と私はまさに目から鱗の気分でした。

「革命の子供たち」ではなんだか間抜けで意味不明なキャッチフレーズだったのが、「子供」を「申し子」に変えるだけで意味は明確になり、言葉がベクトルに変わってくる感じ!

音楽が、私にとっては語学の秘密のドアを開くきっかけにもなりました。

映画『アクロス・ザ・ユニバース』を見ながら、そんな遥か三十数年前のことを思い出したのでした。BDが届いたら、もう一度ゆっくり噛みしめてみたいと思います。

Copyright©yama-a Nov.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ