続・続・続・メール作法あれこれ

このサイトに最初に『メール作法あれこれ』というタイトルで文章を書いたのが2005年9月でした。その後2006年6月に『続・メール作法あれこれ』というタイトルで続編を書き、さらに2007年10月にここではなくブログのほうに『続・続・メール作法あれこれ』という文章を書いているのですが、今回はさらにその続編です。

何故こんなに続編が書ける(続編を書こうという気になる)かと言えば、それは、前にも述べたとおり、マナーというものが少しずつ変わっていっているからだと思います。特にまだ歴史の浅い電子メールというものについて言えば、そのマナーはまだ一度も確立したことがなくて、いまだに漸くマナーが形成されつつある段階であると言えるのではないでしょうか。

さて、今回は一番最初に書いた、(当時の表現で言うと)所謂「引用メール」について(詳しくはここをもう一度お読みください)の続編です。

相手のメールの一部分を引いて、その後に自分のレスを交互に書いて行くという形式が失礼なのか失礼でないのか、かつて私のサイトにメールを下さった女性と私との間で何回もメールのやりとりをしました。私にはどうしてそれが失礼なのか、感覚として全く同意できなかったんですね。

そして、あれから3年以上の月日が流れて、少しマナーが固まってきたような気がします。

相手の文章を引用しては自分の返答を書くという方法は、結局のところ「失礼」とまで言うべきかどうかはともかくとして、あまり丁寧な表現ではない、目上の人や仕事の相手などに対してむやみに使うことは奨励されない──そんな評価が固まってきたように思います。私自身の意識もそういう風に変わってきました。

つまり、あの時私にメールを下さった女性は当時としては進んだ意識を持っておられた、あるいは、逆に言うと、私の意識が遅れていたということになります。

そういうこともあって、今ああいう書き方をする場合はこんな風に書いてあることが多くなりました。

山川です。
早速のご返信ありがとうございます。さて、いくつかお問い合わせの件に関して、以下インラインで回答させていただきます。

あるいは、もっと簡略化した場合は、

山川です。以下インラインにて失礼いたします。

そう、名前も変わりました、当時あまりちゃんとした言い方もなくて、一部で「引用メール」などと言われていた形式に今ではインラインというちゃんとした呼び名が定着しました。

そして、この形式を選ぶ場合は上記のように一旦お断りをしてから書くのが一般的になってきたようです。つまり、断りもせずにいきなりインラインで書き始めるのは褒めたことではない、逆に言うと、最初に断りさえすれば使っても構わない表現であるということになります。

私の意識も結局そこに追いつきました。

こういう風にマナーが固まって行くのを観察するのは大変感慨深いと思います。そして、そういう流れの中に自分の意識もちゃんと乗っているあたりが面白いなあと思います。

もっとも、全てのことが単一の「あるべき形式」に収斂してしまうことが良いことだとも思ってはいません。各人の自由の幅が残されているのも大事なことだと思います。

その兼ね合いが重要であり面白いところであると思います。

何度も書いているように、基本は「感情を抑えて丁寧にそして真摯に書くこと」だと思います。

そういう意味ではブログに書いた『続・続・メール作法あれこれ』は、今読み返してみると少し感情が抑え切れていない感があります。こりゃいけませんね。

でも、「宛先に『様』をつけない」ということだけは、もう少し個人の裁量の幅の中だと頑張ってみようと思います。さて、もう何年か経った時に、私自身の意識も含めて世間の意識はどうなっているのでしょうか。とても楽しみです。

Copyright©yama-a Dec.2008mark


【追記】

あれから1年半が過ぎ、「宛先には『様』をつけない」という私の主張を後押ししてくれる文章に出会いました。以下にリンクを張っておきます。

メールの宛先欄に“様”がついていないのは失礼か?
目次へ 次号へ 前号へ