Suica から KITACA まで

JR四国を除くJR各社の、Felica 技術を応用したICカードが出揃いました。先行した Suica に概ね倣っているとは言え、それぞれに趣向を凝らしたネーミングです。

それぞれのアクロニムの由来は、

です。

これらをじっくり眺めていると県民特性とか地方の気質といったものが見えてくるような気がしませんか?

最初に出たのはJR東日本の Suica でした。Wikipedia によると「果物の西瓜(すいか)と語呂合わせをして親しみやすくしている」とのことですが、では何故「西瓜」なのかという説明がつかず、そういう意味では語呂合わせになっていないと言えます。キツイ見方かもしれませんが、関西育ちの遊び感覚からすればちょっと物足りない気がするんですよね。

一方で「『スイスイ行けるICカード』の意味合いも持たせている」ともあり、この辺りは如何にも東京らしい(ったって関東一円から東北まで含む会社なんですけど)スマートな感じを受けます。

これに追随したのがJR西日本の ICOCA でした。こっちは如何にも大阪らしい(ったって北陸から中国地方まで含む会社ではありますが)遊びです。東日本のように、何故「西瓜」なのかという必然性に欠けることなく、しっかり大阪弁の「行こか」(=「行こうか」)に掛けてあります。そして「行く」という動詞が旅客鉄道と縁語関係にあります。

Suica のスマートさと比べて、もっちゃりとした、いなたい感じがなんとも関西らしく、非常によくできた言葉遊びだと思います。

その後に出たのがJR東海の TOICA で、驚くなかれ、これは言葉遊びにも何にもなっていないのです。最初は「遠いか?」と掛けてあるのかと思ったのですが、調べてみるとそんなことは全くないようです。

5社の中で唯一意味のない言葉になっており、東海地区の方ってそんな言葉遊びなんてどうでも良いのかいな、と首を傾げてしまいます。東海の人は「できるもんなら洒落にしたれ」とは思わないのでしょうか?

そして、その後がJR九州の SUGOCA なんですが、これは如何にも西日本と地続きな感じ。

まず博多弁の「凄か」だし、西日本のような交通関係の縁語ではないけど、一方で根拠もなく「凄いカードだ」という自己主張があって、この単純明快さが如何にも九州ノリという感じがします。「凄か」にするためにはどうしてもGが必要で、そのために持ってきた GOing が如何にも強引かつ豪放な感じがするのも九州っぽいです。

で、最後に(いや、まだ四国が残ってはいますが)来たのが(漸く北海道まで来たかっちゅう感じです)、JR北海道の KITACA。

どうやら北海道の人たちも中部・東海人と同じように語呂合わせにあまり重きを置く気はないみたいです。しかも、5社の中で唯一英語のアクロニムになっておらず、「北のカード」で KITACA とはなんと手抜きなネーミングか!

Kita-nihon Ic Train Access CArd とか何とか、後付けで良いからなんか考えろよな!と言いたくなります。

まあ、でもちゃんと「来たか」との掛詞にはなっているし、JR西日本の「行こか」に呼応するネーミングであるところもチャーミングではあります。無理やりに英語のアクロニムにしようとするこだわりがないところが、却って大らかな印象さえ与えてくれます。

こういう風に、なーんか土地ごとの特性がぼんやりと浮かび上がってくるところが良いなあと思うのです。決してどの土地のものが優れていてどの土地のものが劣っていると言いたくて書いているのではありません。そもそも県民投票で選ばれた名前でも何でもないわけで、問われているのは県民性ではなく、実はこれを書いている私や、これを読んでくれているあなたの「言葉遊び感覚」なんです。

どうです? 面白いですか? どうでも良いですか?

それぞれ似通ったネーミングでありながら、作法が微妙に違っているところが素敵だなあと私は思うのです。それが個性というものの楽しさだと私は思うわけです。

ところで、これらのカードで相互に乗り入れ利用が可能なんでしたっけ? まず、考えるべきはそういう利便性であって、名前が洒落になってるかどうかなんてどうでも良いんですよね。はい、おっしゃる通りです。

でも、ついついそういうところに意識が向いてしまうのが私の個性であり、特性なんでしょうね。今年も1年しょーむないことで随分遊んでしまいました。ではまた来年。

Copyright©yama-a Dec.2008mark

目次へ 次号へ 前号へ