濁りのルール、ルールの濁り

このエッセイでは今まで言葉のいろんなルールや傾向について書いてきました。それを読み返してみて、今まで取り上げていない法則がひとつあるのに気づきました。

今回は年頭の記事ということもあって、なんとなく大原則を掲げるのに相応しい気もしますので、そのムードに便乗して(笑)それを取り上げておきます。

2つの単語を繋ぎ合せた時に、後ろの単語の頭が濁る場合と濁らない場合がありますよね(もちろん後ろの単語の頭がカ行・サ行・タ行・ハ行など濁ることができる場合だけですが)。

例えば「流れ」+「星」は「ながれぼし」となって「ほし」が「ぼし」に変わるのに、「流れ」+「作業」は「ながれざぎょう」にはなりません。この違いはどこから来るのでしょう?

これには緩い原則ですが、ちゃんとしたルールがあります。私もごく最近(と言っても10年くらい前のことですが)までこのルールを知りませんでした。

【法則1】後ろの単語が濁音を含まない場合は語頭が濁音化するが、後ろの単語が濁音を含む場合は濁音化しない。

例えば

なお、「したつづみ」のことを「したづつみ」と言う人がいますが本来それは間違いです。

「鼓」のことを「つつみ」だと思い込んでいる人がいますが、そもそもそこが間違っているのであって、もし「つつみ」であれば確かに「舌」+「つつみ」→「舌づつみ」になります(「風呂敷包み」と同じです)が、「鼓」は「つづみ」で既に濁音を含んでいるので頭は濁らないし、仮に濁ったとしても「づづみ」になってしまうはずです。

ただし、この間違いは必ずしも「鼓」を「つつみ」だと思っていることが原因ではなく、例えば「お騒がせ」が「おさがわせ」になってしまうのと同じメカニズムであると説明する人もいます(これを「音位転換(Metathesis)」と言うそうです)。

さて、少し逸れてしまいましたので、話を元に戻してもう少し例を挙げてみましょうか。

ただし、上で書いたようにこのルールはとても緩い原則なのです。例外を探そうとすればいくらでも出てきます。

例えば「使い捨て」は「つかいすて」であって「つかいずて」ではありません(「捨て」は濁らないのかと言えばそうでもなくて「聞き捨てならない」の場合は濁っています。この違いは説明できません)。

また、相撲の技で「上手」+「ひねり」は「うわてびねり」ではなく「うわてひねり」です。「恋愛結婚」は「れんあいげっこん」ではなく「れんあいけっこん」だし、「商業高校」は「しょうぎょうごうこう」ではなく「しょうぎょうこうこう」です。

後ろが漢語の場合は当てはまらないことが多いような気もしますが、しかし「小田原提灯(おだわらぢょうちん)」とか「裏なり瓢箪(うらなりびょうたん)」、「歌合戦(うたがっせん)」、「丁稚奉公(でっちぼうこう)」など、どれも見事に濁音化しています。

どうも古い言葉の(例えば江戸時代から使われていたような)場合はこの原則が当てはまる確率が高いのに対して、新しい言葉では当てはまらないことも多いように思います。

なんて書いておきながら「交替交替」は「こうたいごうたい」ですが「参勤交代」は「さんきんごうたい」ではありません。こりゃダメですね。

ただし、これは言えそうです。

【法則2】前が漢語の場合は濁音化しない。

だから「恋愛結婚」や「商業高校」、「参勤交代」は当たらないのです(「交替交替」は同じ単語の反復なのでちょっと違うケースに分類しておきましょう)。でも、最初の例「高野豆腐」は濁ってるんですけど、まいっか。

ただし、こういう風にケースバイケースでバラバラで、こういう場合は例外とはっきり言えないのかと言うと、まあ大体はそうなのですが、でも、こういう場合は当てはまらないとはっきり言える例外もあって、例えば

【法則3】後の単語が外来語の場合は濁音化しない

のは確かです。

例えば「お試し」+「セット」は「お試しゼット」にはなりません。「賃金」+「カット」は「賃金ガット」にはなりません。「老人」+「ホーム」は「老人ボーム」にはなりません。「鉄筋コンクリート」も同じです。

そんなことをすると元の単語が何であったか分からなくなってしまいます。

ただし、「雨」+「合羽(かっぱ)」は「あまがっぱ」です。え、何のことか解らないって? カッパは外来語です。元はポルトガル語です。でも、これなんかはそれこそ江戸時代に入ってきて、漢字まで充てられていて、もはや誰も外来語だなんて思っていないほど純日本語化しています。だからカッパがガッパに濁ってしまったんですね。

って、例外の説明しておきながら、最後になって例外の例外なんか出してくるなよ、ややこしい、って思われたかもしれません。

【法則0】言葉なんてそんなもんですよ。

結局みんながどう話しているかによって標準が決まってきます。厳格に適用できる文法やルールなんて多分あり得なくて必ず例外があり、その例外にまた例外があり、なんだかなあ、でも、そこが面白いのだと私は思っています。

今年も一事が万事こんな調子で書いて行こうと思います。嫌悪感を覚えずに読める方は時々おつきあいいただければ嬉しいです。

[arrow このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Jan.2009mark

目次へindex 次号へnext 前号へprev